ここから本文です
カルティエ番長
カルティエのパンテールのジュエリーやヴィトンのトランク集めてます。売却のご相談はゲストブックまでお気軽に!

書庫物欲日記

記事検索
検索

全36ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

プッチンからの挑戦状

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

という訳で女神様にそそのかされて買ってしまいました。
す、すっごく大きい…。
写真を見てもらうとわかりますが、直径・高さともに1パシャくらいあります。
パッケージによると容量は380gらしいので、ざっと大きめのマグカップくらいあります。

商品名はよく分かりませんな。Happy プッチンプリンかな?
たぶん今日のおやつに食べます。忘れてなければ。…忘れちゃいそうだな。

それにしても漫画とかで「バケツサイズのプリン」とか「自重で壊れるプリンの限界サイズ」とかあったけど、実際に商品で出るとはねえ。

買ったカルティエ番長がバカなの?
それとも作ったグリコが偉いの?馬鹿なの(誉め言葉)?

ちなみにうちの子供たちは幼いころにキャラメルが苦めの「大人なプリン」を食べさせられて、それですっかりプリンが苦手になってしまいました。
だからたぶんこのプリンにも興味ないんじゃないかな?

家庭の平和も大丈夫そうです〜。
あとぜひB師匠にも試してもらいたいです。プッチンの方ね(笑)。

追記:
ちゃんと美味しく食べさせていただきました。
カップから出して上を向いてもあまり「へにゃん」と自重でつぶれたりせず、山を保っていたのはさすがだと思いました(何が?)

コメ兵 新宿店時計館

イメージ 1

なんか4月13日にオープンしたらしい。招待状来てたな。
http://www.komehyo.co.jp/s_pages/open/shinjyuku-tokeikan/

カルティエ番長、今日は仕事を定時で上がりたい気分になって、新宿にお出かけしてきました。まずは十割蕎麦 さ竹 新宿店に行って180円の生ビールでのどを潤してから、盛り蕎麦をすすりコメ兵新宿店時計館へゴー。

建物は3階建てだけど、3階はまだ品物半分くらいしかなかったな。
1階は入り口にカルティエ、2階はロレックス、3階はパテックという感じ。
特に3階はパテックのグラコンや、色んなメーカーのグルグルビヨンが4本並んでました。
カルティエ番長にはちょっと心配になる方向性でしたが…。
リシャールは無し。

ところでなぜ看板がルノワールなんだろう?
時計館なのに、パチモンっぽいバッグ持ってるし。
ちょっと心配〜。株価も低調だね。

曜変天目茶碗

イメージ 1

イメージ 2

ブルータス(雑誌)が頭おかしい。←ほめ言葉。
なんと曜変天目の特集してる。

カルティエ番長も欲しいなー。キレイだから。
でもヤフオクで売ってないんだよねー。
似ても似つかないものばかり。
曜変天目茶碗買ったら、抹茶ラテ飲んだり焼酎ロックで飲んだり日本酒飲んだりして楽しむと思います。本物でなくていいから、美しいのが売ってないかなあ?

ちなみに曜変天目茶碗は中国で作られたけど、世界に3つしかなくて日本に3個ともあるんだって。
日本人は「ふーん」って感じだけど、中国ではものすごい人気で本気出して再現に取り組んでる中国人陶芸家も多いんだって。
でも第一人者ですら、1年に2個しか焼けないらしい。

画像2枚目は2009年末に中国の工事現場で見つかった陶片。重機で掘り出した時に見つかったらしい。
ひょっとしたら4個目の曜変天目茶碗になったかも?

あと欲しい空き瓶

イメージ 1

イメージ 2

あと欲しい空き瓶が一つあるのです。
なんか溶けかけた普通のガラス瓶を90度捩じったような変な形のボトルです。

これはPBさんという、定期的に記録に残っていない古い樽が湧いて出てくる不思議な酒蔵のコニャックで、限定品と称してヘンテコなボトルに詰めて定期的に売られています。

お酒の説明によると、
「(中略)その原酒は記録さえも定かでなく、とにかく相当古いことだけしか氏にもわからないというなんともロマン溢れる古酒。さらにこの原酒の状態が非常に良く、またフレッシュで鮮烈なアロマを放っていたため、発見以来いつかこの樽を詰めることを夢に見ながら大事に保管されてきたものです。(攻略)」
とのこと。

…どっかから樽買いしてきた新しい酒を適当に毎年倉庫に置いて、「記録にない古い樽が発見されました!」と称して売ってるんじゃないよね?ね?
まあこういう流通量を増やすこと目的とした獺祭ビジネスは分からなくもないです。
酒は高い値段で買う気になりませんが、ボトルはいいデザインですねー。

もっとあくどく沢山稼いで、いいデザインのボトルを毎年作り続けて欲しいです〜。
空き瓶だけ買うから。

あ、でもこれは高いな。7千円くらいにならないかなあ?

イメージ 1

ヤフオクに出てました。
メカゴジラの飛行形態はモデルアップされているのがあんまりないんだよねー(たぶん)。

商品説明によるよ
「ゴジラ特撮大百科DELUXEの通販特典「メカゴジラ1974飛行形態」。外箱付き中古品です。15年近く前の古い作品ですので、経年のヤケや塗装のハゲなどはあるものとご了解いただける方のみご入札ください。ポリストーン製です。本体の破損はないように見えます。」とのこと。

けっこう高い値段になりました。
あ、サイズ書いてないなー。きっと小さいんだろうなあ。
「特撮のDNA」展でご神体を見てしまったので、ちょっとだけメカゴジラ物欲が湧いております(笑)。でもきっと何も買わないけどね。邪魔になるから!

全36ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事