One Love / People Get Ready

安中を元気に!安中で元気に!

全体表示

[ リスト ]

いじめ

“いじめ” これは当事者にしかわからない、あるいは当事者(被害者)さえ気づかない、しかしあとになってから痛みが滲んでくる、そういった類のものもある。
ほとんどのいじめは、いじめているとされている側に“いじめている”意識がはっきりとはない。だからこそ回りにはわからないし理解もされない。ましてや御身大切な管理する側にその実態のすべてを把握することなんてできっこない。そしてこれは子どもや学校だけではなく、大人の世界はもっと陰湿。
中川さんの意見に同調することの危険性を理解した上でいえるのは、いじめている側と傍観者にとっては、自分がいじめられる側になって初めていじめの痛みと本質を理解できる、ということ。いじめられて泣いたことのあるひとたちなら一度は必ず思うこと、それが「同じ目にあってみろ!」
そしていじめられたことのある人だから言える言葉、「絶対に死んじゃ駄目。それは敗北、自分といじめていた奴らに負けること」
がんばらなくてもいいし、勝たなくてもいい、ただ生きていて欲しい。それが親心。
 
これはタレント・中川翔子(27)の、魂の叫びである。彼女は学生時代、自分がいじめにあっていた事を自伝でも明らかにしている。売名でもブログのアクセス数稼ぎのためではなく、辛い過去のいじめを乗り越えてきた経験者として、大津市のいじめ問題は黙っていられなかったのであろう。

昨年10月に大津市の中2男子(当時13歳)がいじめを苦に自殺したとされる問題に関し、若い世代を代表するタレントが公に声をあげたのは、中川が初めてではないだろうか。

7月17日付の『しょこたん・ぶろぐ』では冒頭、「いじめは卑劣」とテレビ番組で再発防止を呼び掛けた野田佳彦首相についてふれている。そして“腐れきった隠蔽、言い訳”がどんどん無くなっていく世の中になるように−と、大津市のいじめの問題をもっと追及して欲しいと、ブログに書いている。

“生徒の声を聞かずにいじめは無かっただの、遊びだっただの、恥を知ってほしい”。ここから大津市の学校側といじめの加害者といわれる生徒への怒りを、中川は怒濤のごとくブログに綴っている。

彼女はとにかく隠されているであろう沢山の問題を徹底的に追及し、ありのままの真実を明らかにして欲しい−と述べている。「加害児童たちの、遊びのつもりだった、そんなことがまかりとおるなら暴行恐喝など世の中の犯罪も遊びですまされることになる」と厳しいコメントを載せている。そして「遊びだったというなら同じ目にあってみろ」と中川は一蹴。

そしてブログの最後には今現在いじめの被害者として悩み苦しみ、絶望している人に向けて中川は呼びかけている。

「そんなやつら(いじめの加害者)のせいで、死ぬという選択だけはしないでほしい」。
いじめられた辛い過去がある中川からの、渾身のメッセージである。絶対に生きる価値がいっぱいいっぱい未来にはある−どうかこの彼女の言葉を、いじめに苦しんでいる全ての人に届けたいと強く記者は思う。

“命を追い詰めた重さ”という言葉で、中川はブログを終えている。ブログに綴られた彼女の思いが、大津市の学校関係者やいじめの加害者といわれる生徒の心に届く日はくるのだろうか。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

閉じる コメント(2)

顔アイコン

私は、1970年2月生まれで、大阪府池田市在住です。

私も、 池田市立細河中学校に通っていた時、 小柄だというだけで 、担任の江藤ますみと、複数の部落民である北古江(地名)の奴らに、いじめられていました。

江藤ますみからのいじめは、毎月、席替えがあったのですが、私だけが、教卓の前の席と、決められていて、席替えに、参加させてもらえませんでした。

部落民の奴らからは、毎日、「 小児麻痺 」と言われ続け、筆箱を、何回も壊されました。

私は、小柄ですが、勿論、小児麻痺ではなく、身体にも知的にもなんの障害もありませんし、私の母も、障害児を産む様な、卑劣で冷酷な女性ではありません。

江藤ますみも、 部落民の奴らに 遠慮し、「 小柄なあんたが 悪い 」と言い、全く 、注意もしてくれませんでした。

部落差別とかいうけど、池田市は、全く逆です。

2012/7/26(木) 午前 0:37 [ 大阪府池田市在住の女性 ]

顔アイコン

続きです。

今思えば、私の筆箱を壊した部落民の奴らを、器物破損罪で、刑事告訴して、少年院にぶち込んでいればよかったと、後悔しています。

私を、いじめた部落民の奴らと、席替え差別をして 私を、いじめた部落民の奴らを、全く注意をしなかった、江藤ますみを、一生許せない。

私は、部落民の奴らにいじめられた為、埼玉県狭山市で、女子高生を誘拐して殺した、人殺しの部落民の石川一雄を、真犯人だと、中学生時代から信じ続けています。

私は、一生、日本全国の部落民を嫌うことで、復讐します。

2012/7/26(木) 午前 0:38 [ 大阪府池田市在住の女性 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事