ここから本文です

その時 あるあるが動いた

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

RGあるあるバスツアーレポート

 

                     ケイダッシュステージ 佐藤満春

 

事務所から妙なメールがきた。

「RGさんのバスツアーに参加してレポートを提出してほしい」とのこと。

大きな疑問符を抱えたまま「了解しました」とだけ返信をした。

 

元々僕はRGさんの大ファンで、以前あるあるバスツアーに参加させていただいたこともあるくらいだ。

担当しているラジオ番組にゲストでお越しいただいたこともあるし、あの人柄とバカバカしさは僕の憧れの芸人像そのものである。

所謂「あるある原理主義者」の僕はこのバスツアーに参加できることを手放しで喜んだ。

しかし、数秒後、僕は愕然としたのだ。数秒、確かに数秒後だった。

依頼の連絡メールをよく見ると、「レポートを書いてください」と書いてある。

確かに、そう書いてある。

 

遊びではない。今回はレポートを書かないといけないのだ。

行ってない人にその模様を伝えないといけないのだ。

 

あるあるバスツアーに対して一参加者ではなく、少し俯瞰からあのバスを見ないといけないのだ。

時には冷静に、時にはツッコミを入れながらも、そこにいないといけないのだ。

僕は途端に息苦しくなった。

 

「RGのあるあるバスツアーは夢の国。」

これが、以前僕が参加したバスツアーの感想である。

これ以上でもこれ以下でもない。レポートを書く以上、僕は覚悟をした。

 

「時にはツッコミの脳を使わないといけないかもな・・・」

 

ぼそっと実際言葉を口に出して言った僕は、怪訝な顔をする嫁を前に適当に咳払いをして寝室へ向かった。もう、やるしかないのだ。

 

 

 

誰が千葉の舞浜で「おい!なんかかわいいきぐるみがいるぞ!」と言えるだろうか?

目の前に立ちはだかったこの難関に、僕は立ち向かうことにした。

いやいや、とにかく楽しめばいいのでは?

しかし一回レポートを書かないといけないものを純粋に楽しめるだろうか?

純粋に楽しんで、その上で書けるところまでレポートを書こう。

俯瞰で見るのは終わってからでいいじゃないか。とにかく純粋に楽しもう!

僕は無理矢理そう結論付けた。

そんなことで朝を迎え、地元町田の森を抜け新幹線で名古屋を目指す。

 

「僕らのお父さんお母さんの若い時の格好をして観光地を回ってみるあるあるミステリー バスツアー」

 

これが今回のツアーの正式名。

長い!その一言を飲み込んで名古屋駅集合場所へ。

RGさんはまもなくポロシャツ姿で現れた。

なるほど、お父さん世代だからポロシャツなのか。さすがだなあ!と思っていたら急に着替えだし、こんな格好に。

 イメージ 1

(RGさんと僕の最初の出会いシーン)

 

先ほどのポロシャツはただの私服だったことが判明し、何も言わなかった数分前の自分を褒め称え、バスの中へ。

バスに乗るとそこはもう夢の国!

あるあるという名のパレードが早速はじまった。

とにかくRGさんの大ファンである僕はもう楽しくて仕方がなかった。

 イメージ 2

(バスに到着した、バスの中写真)

 

「今日の日付は1974年です」

そう宣言したRGさん。そうだ!ここは1974年なのだ!

すぐさま僕は持っているiphoneにメモを書いた

 

「今日は1974年」

 

このiphoneはたまたま何かしらの力で時空を超えて僕の手元にある。

そういうことにしよう!

 

そしてこの時点でRGさんの格好が70年代フォークシンガーだったことが判明。

軽快にツイストの「燃えろいい女」にのせて「名古屋あるある」を歌い上げたRGさん。

名古屋あるあるは「道広い」だ!

次はなぜかオードリーあるある。

以前、オードリーのオールナイトニッポンに来ていただいたときもオードリーあるあるをお願いした。

その時は

「深夜のテレ朝によく出がち」

 

だった。

さて、今回のオードリーあるあるは

 

「深夜よくみる」

 

だった。

しかも「深夜と言っても2時以降は見ない、ある意味深夜のゴールデンタイムによく見る」

と付け加えていた。

局の指定が無くなったのはオードリーの露出が多局に渡ったということなのだろうか?

 

RGさんをバラエティ番組で見るときはだいたいあるある言いたいと歌うRGさんに対し、

「早く言えよ」とツッコミが入る。RGさんも「団体芸だから」とおっしゃっていた。

しかし、このあるあるバスツアーでそれは全くない。

お客さんはRGさんのあるあると歌とトークを全て楽しみに参加しているからだ。

スターに向かって口が裂けても「早く言えよ」なんて言えない。

この国では、ツッコミは厳禁。再度僕は自分にも言い聞かせた。

レポートを書かないといけない意識から、ツッコミ目線を持とうという感情が出てきてしまう自分と戦った。

 

イベント開始早々、喉の調子が悪かったRGさん。

「歌いながら治します」と笑いながら言った彼は、数曲後本当に歌いながらガラガラの声を治していた。本当の神様なんじゃないかとすら思った瞬間である。

 

その後、はまぐりあるあるで

 

「海に打ち上げられている、よく落ちている」

 

と歌ったりカツラを取ってハウス加賀谷さんみたいになったり、お客さんの出身地あるあるをリクエストに答えて歌ったり、大盛り上がり。

僕も、昨夜の葛藤が嘘かのように楽しんだ。そうだ、これでいいのだ、と。

そして伊勢神宮に到着。

最初にみんなで伊勢うどんを食べる

 

 イメージ 3

(看板を持っているRGさん)

 

 

ツアータイトルが長すぎて看板に入りきっていない!!

美味しく伊勢うどんをいただく。

うどんをいただいた後、

 

「なんでトイレが好きなんですか?」

 

と参加者の大学生男性から質問攻めにあう。青年、それはまた後日、だ!

今日はそれどころではない!

 

 

伊勢神宮の本宮に向かう途中、RGさんは幾度となく写真撮影会を開催。

神社をバックに、池をバックに。

お客さんはそのたびにカメラでRGさんを撮る。

RGさんはみんなのカメラを覗き込み、満足気に数十メートル歩いた。

そしてまた撮影。みんな楽しそうだ!僕はひたすら撮影をするお客さんにカメラを向けた。

 

 イメージ 4

(写真をとるお客さん)

 

 

伊勢神宮で何をお願いしたか聞いたらRGさんは

「今日来てくれたお客さんの前で、面白いあるあるがいえますようにってお願いしたよ」

どこまでも素敵な人である。

 

 

伊勢神宮から離れようと集合していた時、事件は起こった。

RGさんが近寄ってきて僕にこう言うのだ。

「サトミツくん、どうやら米倉涼子がいるみたいなんだよ」

 

 

別に米倉涼子さんに何の思い入れもないが、これはツアー的に何かが巻き起こるチャンスなのでは?

そう察した僕は「探しましょう」と伝えた。

2歩くらい歩いたところでRGさんが止まる。

 

 

「あ・・・いた。」

 

 

目線の先には間違いなく米倉涼子がいたのだ。

なんだこれは!東京ではなく伊勢神宮で、米倉涼子がいる。

なかなか近寄らないRGさんの手をとり

 

「声、かけましょう!!!」

 

 

と煽った。しかしRGさんは

 

 

「いや、無理無理!!会ったことないから!無理!」

 

こういうところ、本当にちゃんとしているのだ。確かに常識で考えたら絶対に声なんてかけない方がいいし、むこうもプライベートだろうから急に声かけても失礼になるだろうと思う。しかし、何かツアー的には事件がおこったほうがいいのでは?

子供な僕はそう考えてしまったのだ。

 

RGさん「いやいや、失礼でしょ、なんて声かけたらいいの?」

佐藤「あるあるだ!あるあるだ!でいいじゃないですか!」

 

 

そんなやり取りをしていたら米倉涼子は去っていった。

米倉さんを乗せたタクシーとRGさんを撮影。

 

イメージ 5

(米倉タクシー)

 

 

米倉涼子とAB蔵が接近!これは非常にわくわくした。

タクシーが去った後、RGさんは

 

 

「いや、よくわからないグラビアアイドルだったら行ったよ?

 米倉涼子は難しいって!」

 

「サトミツくん、あるあるだ!って言わせようとしていたけど、あるあるだ!って何?」

 

 

逆にRGさんからツッコミを受けてしまう始末。

何か事件を起こそうとしてしまった自分を反省。しかし、こんなことがあるっていうのもRGさんの魅力なのかもしれない。

 

 

そしてバスに乗り、米倉涼子あるある「告知でアメトーークに出がち」を浜省のMONEYに乗せて歌い上げた。

 

 

赤福の本社に立ち寄った頃、別件でやり取りをしていた、同じRGさんファンであるオードリー春日から

 

「アイスコーヒーあるあるを聞いておいて」

 

と連絡が入る。

ご本人に伝えると早速アイスコーヒーあるある

「飲み終わる頃、テーブルびしゃびしゃ」をいただき春日にすぐメール。

春日からは

 

 

「たまきん。ご堪能」(ありがとう、堪能しました、という意味の春日語)と返信が来る。

その場では言えなかったが

 

「おまんじゅう。無の事故お祈り男」(了解です、無事故をお祈りしています)と再度返信があった。

僕が春日語のメールを読み上げたバスは、なんとも言えないざわつきだった。

 

 

その後、あるあるスーパースターとあるある大好きっこちゃんを乗せたバスはミキモト真珠島を経由し、夫婦岩へ。

そこでまた事件はおきた。

 

「サトミツ君、本当に“あるある”があったよ」

 

RGさんが浜辺から僕に声をかけてくれた

 

 

「浜辺に はまぐり、打ち上げられてた!」

 

彼の手に握られているはまぐりの貝を見て自然と大声を上げてしまった。

僕らのあるあるは、実証されたのだ!

 

イメージ 6

(はまぐり 浜辺)

 

 

テンションがあがった僕らはその後も移動中にあるあるを堪能。

そしてまた事件。

 

「サトミツ君、なんか後ろの席の誰かがどうせこの“あるある”はないだろって。

 なめられたもんだな。あるあるでディスられたらあるあるでやり返すしかない」

 

とのこと。

 

被害妄想では?とも思ったが本人はただならぬ雰囲気。

どうやら急に「あるある鬱」になってしまったようだ。

 

取り付かれたようにあるあるを歌い、歌っては

 

「サトミツ君、また誰かこの“あるある”はどうせないだろって言ってる」

と繰り返した。

「シあるある」「シリリンあるある」「神輿あるある」など様々なお題に挑戦。

神輿あるあるでは

「シャッター付きの小屋にしまわれがち」と見事なあるあるを出したにも関わらず、あるある鬱状態は続いた。

 

「このあるあるを諦めたら、次回からお客さんが来ない」

「こいつら、SNSで好き放題書くから」

「味方だと思っていたお客さんからケンカを売られた」

 

など状況は悪化する一方。

僕は励ましに励ますものの、全く耳をかさないスター。

 

 

最終的に“別にあるある”というテーマが出された時

イエローモンキーのJAMに乗せて

 

「ニュースキャスターはうれしそうに

 RGは“別にあるある”が言えませんでした。言えませんでした。言えませんでした」

 

と自ら歌い、自分で勝手に苦悩をはじめた。

僕も真剣な眼差しで

 

「いや、そんなことないと思いますけどね誰もお客さん悪口なんて言ってませんよ?

 

 イメージ 7

(あるある鬱をはげますミニコント写真)

 

と伝えるものの何も届かなかった。

バスは休憩でSAへ。

そこで焼き鳥を食べたことをきっかけにあるある鬱から見事脱出したのだった。

なんだ、焼き鳥を食べれば復活するのか?ただおなかすいてただけなのでは?

様々な憶測がバス内を包んだ。

 

 

そしてバスは鈴鹿サーキット前でTRUTHを熱唱、工場をバックに

写真撮影という楽しい楽しいツアーが再開したのだった。

最後はお客さんのリクエストのひたすら答えてあるあるツアー終了。

 

ツッコミ所を探しすぎて純粋に楽しめなかったらどうしようという

ある意味「あるある鬱」状態を心配した僕も、ただただRGさんと人柄とお客さんのあるある熱に触れ、楽しむことができたのだ。

 

以上、これでRGあるあるバスツアーレポート終了。

この記事に関するツッコミは受け付けない。

なぜなら僕はまだ“あるあるの夢の国”にいるからだ。

 

 

追伸 RG様

 

今回はこのような機会をくださり、ありがとうございました。

ただただ、楽しかったです。言えなかった謝罪を一つ、させてください。

各地でRGさんの写真撮影をしている際、毎回一般人のおばさんたちが

 

「あの人は芸能人かね??」

 

と僕に聞いてくることが多かったのですがその全員に

 

「僕はよく知らないんですけど、なんかマジシャンの人みたいです。

 LGっていう名前で活動してるみたいですけど・・有名なんですかね?」

と嘘を伝えてしまったことをお詫びさせてください。

大変失礼いたしました。

また、ツアー誘ってください!



アメリカ人観光客になりきって関西をめぐるあるあるミステリーバスツアー

レポートというか僕なりの感想

 

作家たぐちプラス

 

まず初めに僕が言いたいのは、幸せってこういう事なんだろうなって事だ。

レイザーラモンRGさんの参加者に行き先を教えないこのミステリーバスツアーは

毎回即完する程の人気バスツアーなのだが、

僕はイザーラモン座付き作家でありながら、恥ずかしながら今回が初参戦。

関西在住の参加者がほとんどのお客さんに対し、関西を案内する事自体すでにカオスなツアーなのだが、それに加え今回は参加者全員でアメリカ人の観光客になりきって行うというなんとも不可思議な内容。

お客さんは一体どう思ているのだろう?という不安の中バスに乗り込んだのだが、

乗り込んだ瞬間その不安は見事にふっとんだ。

イメージ 1

お客さんに暖かく迎えられたRGさん事レニー・クラビッツ(今回はこれで通すらしい)

そして目の前には各々が考えて来たアメリカ人観光客の格好をしてきているお客さん達。

こんな光景が他にあるのだろうか?

そこはまさにアメリカ人観光客が乗っているバスと化していた。

そしてレニーからの片言の日本語とも英語とも言えぬあいさつ。

そして今回の趣旨説明。

「キョウハ、アメリカジンカンコウキャクトイウコトナノデ、

イマカラキョクリョクエイゴデカイワシマショウ」

そして

「ミナサンニ、イマカラ、アメリカンネームをツケテイキマース。

キョウイチニチソノナマエデヨビアッテクダサイ」

と言って全員にアメリカンネームをつけていくレニー。

ヤコブ、ルーシー、ジェシカなど各自名前が決まった所で、早速あるあるを歌おうと思ったレニーに早速アクシデント。バスに搭載されているカラオケの曲数が少なすぎ

「オー、コンパクトソングブック」と嘆くレニー。

いきなりのつまずきに不安な空気が流れる車内。

しかしそこはレニー。

機転を利かせ大きなカバンから大量のCDを取出し、CDを流してそれに合わせてあるあるを歌う事に。

この卓越した楽曲センスが今後大いに盛り上げ、そして奇跡が起ころうとはその時はまだ誰も知る由は無かった。

そして最初のあるある「ヤコブあるある。TシャツSサイズ」を歌い上げた所で早くも最初の目的地である車折神社に到着。

イメージ 2

ここは芸能神社で前回のツアーで玉垣を奉納したそうで、それを皆で見に行く事に。

ここは多くの芸能人が奉納しているので中々名前が見つけられない。

そこで、レニーが一番早く見つけた人とツーショットを撮る事を発案。

「イチバンハヤクミツケタヒトトツーショットチャンス!レッツゴー!!」

という掛け声戸と共に一斉に走り出す参加者。

しかし開始直後に見つかり、40分を予定していた滞在時間が大幅に余るというアクシデント。

イメージ 3

そこはレニー。機転を利かせ、多くの有名芸能人の名前を見つけてはその前に立ち、あたかも本人がいるかのように名前とのツーショット撮影会へ。

イメージ 4

(ツアーのお客さんのセバスチャンと)

満足した参加者と共に、次の目的地へ向かう為、再びバスへ。

そこで再びアクシデント。

目的地へ向かう高速で事故渋滞。

この状況にRGさんが一言

「最悪このバスツアーが渋滞で終わっても、俺のあるあるがあるからいいよね?」

歓声が上がる車内。

そう目的地なんかどうでもいい。

RGがそこにいる。そして目の前であるあるを歌ってくれる。

それだけで十分。

それがこのバスツアーの醍醐味なんだ。

と言わんばかりの参加者たち。

それに答えるように次々にあるあるを歌い続けるレニー。

時折静まりかるが、それは決してスベっているわけではない。

曲の良さがあるあるを越えただけ。

曲とあるあるはいつもガチンコ勝負なのだ。

どちらが勝ってもお客さんは満足する。

RGさんのあるあるとはそういう物。

その証拠にお客さんは笑顔が絶えない。心地よい空気、そして笑えの絶えない車内。

しかし、そこでさらにアクシデント。

雨が降り出し、やがて土砂降りに。そこでもレニーの一言

「野外のステージで俺があるあるを歌ったら雨が止んだ。だからきっと止む」

その言葉通り、目的地へ着いたとたん小雨になり、皆が写真を撮り始めた頃、嘘のように雨は止んだ。

まさにあるあるマジック。

イメージ 5

そこはあの有名な鳥人間コンテストの立て込みが前方に見える公園。湖に浮かぶジャンプ台?は何か幻想的でもあり感動すら覚えた。

イメージ 6

毎回、このツアーでは目的地に行っても中へは入らない。遠くから眺めるだけ。それは話では聞いていた。話だけでは「何それ?」と思っていたが、いざこうやって眺めるだけでも十分な気持ちにさせてくれる。さすがRGセレクション。他の人ではこうはいかないだろう。

どこまでもセンスを感じるお方だと改めてすごさを知った。

次の目的地はそこからほど近い彦根城わきにある博物館。そこには、あのゆるキャラのはしりである元祖ゆるキャラ『ひこにゃん』が時間指定で出没するポイント。バスが着いた時まさにそれが出没する時間。急いでそのスポットに行くとそこはすでに人だかりが。

イメージ 7

そこでもしっかりとアメリカ人観光客を装う参加者達。その姿が板に付きもはやあまり違和感がなくなってきた。そして人混みをかき分けなんとか『ひこにゃん』の見える場所に到着した一同。始めはカツラとサングラスをかけレニーを装っていたRGさんだが、注目を集めたくなってしまったのか、カツラとサングラスを取ろうとし出す。

「パニックになるから取らない方がいいです」と参加者に制止されるも欲求が止められないレニーはひこにゃんが休憩を終え近づいてきたところで、カツラとサングラスと取ってしまう。

が、周りの観光客はひこにゃんに夢中でRGさんには見向きもしない。

イメージ 8

イメージ 9

吉本のマスコット的キャラクターのRGさんもひこにゃんには勝てないようだ。

ここで一旦短めの昼食を取り、次の目的地へ。

ミステリーバスツアーはピンポイントでスポットを狙う為、時間との勝負。

そして次の目的地に向かうバスの中で、あるあるの新たな扉を開くことになる。

前述で書いた通り、乗り込んだバスにはカラオケが充実しておらず、RGさんの自前のCDをかけてのあるあるだったのだが、それがこの奇跡を呼んだ。

これは、RGさんがTMNのセルフコントロールを歌ったときに起こった。

その時のお題は『センター試験』なんとRGさんが歌うあるあると宇都宮さんの歌うコーラスが見事にリンク。

CDの音源がまさかのあるあるを歌うという。信じられない出来事が起こったのだ。

偶然が起こした産物なのだが、ここまでリンクすると始めからこうなるように導かれたのではないだろうかと思ってしまう。まさにあるあるの神が降臨した瞬間だった。

バスの中がその心地よい余韻に浸りながら、最後の目的地大津港へ。

そこがまさにこのアメリカ人観光客になりきって…の最大の目的地。

外輪船ミシガンの止まる港。

イメージ 10

ミシガン船から下りてくる乗客から両親を探すが見つからないミニコントを参加者とともに繰り広げるレニー。結局、そこに家族の姿はなく悲しみに浸り涙をこらえるレニーに雨が降り注ぐ。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

目の前の光景はコントなのか現実なのか、はたまた夢なのか、それはもはやコントを越えた迫真の演技。

参加者もいつしか同じように悲しみに暮れていく…。

イメージ 15

さらにコントは進み、出発する船にアメリカに経つ恋人を見送り手をふるレニーと仲間達…。

イメージ 16

なんだこれ?

だけど参加者全ての人たちが本当楽しそうだったのが印象的だった。

こんな事するバスツアーが他にあるのか?

目的地についても入るわけでも、乗るわけでもなくただ遠くで眺めるだけ。

だけどこんなにも充実しみんなが楽しめるツアーは他にはないだろう。

港で参加じゃ全員とツーショットの記念撮影を終え、ツアーを締めくくるゴール地点に向かうバス。

イメージ 17

その帰りのバスまでも手を向かないRGさん。

そして終盤にまたも名曲を生み出した。

マイケルジャクソンのスリラーに乗せて「軽音楽部あるある、プロ志向の奴はすぐ辞めて外でバンド組みがち。だけど席は残してたまに練習で使う」という最後の一言まで完璧な構成のあるあるを披露する。

こんな終盤になっても名曲を生み出すRGさんはまさに神である。

最後は、RGのあるあるを世に広めた代名詞ともいえる「手羽あるある」の最新バージョン「手羽あるある2013、手羽食べてすぐティッシュを使うと指にくっつく」を披露大きな拍手に包まれながら、このツアーのゴール地点である京都駅八条口に到着した。

ここまで来る為の数々のアクシデントさえも全て演出なのでは?と錯覚するほど終わってみると全てが充実感で包まれた時間でした。

そして、彦根城が見える広場で撮った集合写真に一枚一枚サインし、一言ずつ声を掛け参加者を送り出すRGさん。目的地以外はノンストップであるあるを歌い続け、疲れているにも関わらず最後まで疲れた表情一つ見せず、ファンサービスを忘れないこの姿勢こそがRGさんがファンに愛され人気がある所以なのではないでしょうか。

世の中不景気で、災害やら事故など暗いニュースで溢れていますが、ここには確実に幸せな空気が流れていました。音楽と笑いは人を幸せな気持ちにさせる。それを併せ持つRGさん。さらにそれを間近で堪能できるRGのあるあるミステリーバスツアーにこれからも注目したい。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22



全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事