ここから本文です
活字は絵空事の足あと
♪愛を信じて生きてみようよ〜夢のなかで聴こえたこんな唄

書庫全体表示

どーでもいいと言いながら、決勝前のアペリチフ、3位決定戦を観たヨ。
ここまで、いろいろあったから、ちょいとめげていたんだけど、リハビリには
ちょうど良かったかな。
(天下の3決を何て事いうんだ!)

ドイツ 対 ポルトガル


この試合カーンのために用意されていたんですね。4年前とさほど変わっていない
男らしすぎるお顔。GKは30過ぎてからとか言いますが、いくつまで出来るんでしょうか。
前半は無得点でしたが、後半はいい試合でした。
時間内で終わったのもマル。
ポルトガルのオウンゴールだけが残念でした。自陣でやれば良かったんですが。
ドイツのあとの2得点は素晴らしいものでしたし、カーンには見せ場がたくさんあり、
ドイツの皆さんもドイツファンの皆さんも満足なさったことでしょう。

ポルトガルは疲れが残っていたのかな。C・ロナウドのフリーキックは良かったんですが、
男カーンのほうが1枚上でした。
「坊や、もっと勉強しておいで」って優しく言ってましたね〜?

ボールで会話する男たち...しびれますね〜


ところで、しびれない男が一人、解説の木村氏ですが....
「カーンはすごい反射神経」
「フィーゴはさすがですね」
とか、わたしでも言えることしかおっしゃらないじゃないですか。
極端に語彙が少ない方で、終盤になるとその少ない語彙も尽きてしまって
ほとんど話す事が苦痛になってくるようです。
しかし、中には「そこがいい」と言う方もいるんです。
NHKが使い続ける理由もそこにあり!
つまりこれは
「騒々しい民放の中継に対するアンチテーゼ」
じゃないかと思うんです。

でも、90分はきつい。ゲストにゴン中山を呼んだらどうでしょうか?

この記事に

  • 顔アイコン

    「騒々しい民放の中継に対するアンチテーゼ」・・・そうだったんですね。納得出来ました(笑)。確かにこの1ヶ月、NHKのとりあえず公平かなという放送に慣れてしまって、スカパーの三大リーグ偏重の放送に戻れるか、ちょっと不安になっている私です。このW杯で、「華麗さはなくても強いドイツ」ってのを、少しは見直して欲しいなあ。

    [ olli_my_love ]

    2006/7/9(日) 午後 1:36

    返信する
  • 顔アイコン

    inoueさん、木村氏はいじられキャラとして、やっていけるのではないかと...ドイツはゲルマン魂を充分に見せてくれました。3位はりっぱですね。

    rozie

    2006/7/9(日) 午後 8:33

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(15)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事