ここから本文です
撮った写真を掲載

書庫全体表示

5/25(土)の夕方に、千葉県で最大震度5弱を観測。その影響で元々05Kだった3052編成が大幅遅延。その為、高砂始発アクセス特急羽田空港行の定代出庫が行われた。

イメージ 1

△1904K 3027編成
珍しくアクセス特急を運用する3027編成。前照灯がLEDに変わってからは2回目の充当。

イメージ 2

△青砥駅停車中
ひさびさに3027編成のアクセス特急幕を見れた。1、26、27は特にSA運用に充当しないので割と貴重?

イメージ 3

△504K 3041編成 5/26(日)
土曜日だけ3000形が2本SA運用でした。3041編成は停泊明けだったので車交はされず。

3051編成が復帰したのにも関わらず3000形のアクセス特急をよく目にしますね。3051編成は61K(1)→07K(2)と、営業復帰初日から三崎口に行ってしまったのでもしかしたら壊れてるのかもしれませんね。

それでは。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事