趣味・興味・旨味

まずはガイドからお試しを!東京砂漠・RHYTHM & BLUES (ファン限定)、南部振興委員会のコーナーあります!

全体表示

[ リスト ]

 議論、討論、話し合い、・・・、どんな言葉を使ってもそれぞれニュアンスを含みます。 論争、口論、言い争い、・・・ どんな言葉を使ってもそのあり様には幅があります。 言論、反論、会議、・・・ 参加する人数も様々です。
 議論という言葉は、かなりあいまいなものです。 そこで、「議論とは何なのか?」 を考えることから始めます。
 


 
○ 言論 と 批判 と 反論
 英語の argument は 「議論」 と訳されることが多いですが、本来は 「主張と根拠 (のセット)」 という意味です。 私は英語ネイティブじゃないので細かいニュアンスはよく分からないのですが、辞書で引くとそういうことのようです。 つまり一人でやるにせよ複数人でやるにせよ、自分の主張を支える根拠をきちんと示すのが argument だということです。 その発想に立てば、議論は 「主張し合う」 ことではなくて、「根拠を評価し合う」 ことだといえるでしょう。 そうやって 「論を組み立てる」 ことが 「argument =議論」 だということになるのでしょう。
 ここでは、議論をそのようにとらえたいと思います。 そして、その考え方に沿って、「言論」 と 「批判」 と 「反論」 を次のように定めたいと思います。
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  ◇ 言論 とは、
       ある主張 (意見) とその根拠 (理由) が セット で掲示されたもの
  ◇ 批判 とは、
       言論の 根拠の妥当性 をチェックすること
  ◇ 反論 とは、
       相手の 根拠の不備 を指摘すること
└―――――――――――――――――――――――――――――――――┘
 ところで、批判や反論のターゲットは、主張 (意見) ではなくて、根拠 (理由) です。 そのわけは、また後で話します。
 
○ 意見←理由 、 説得←理由
 主張 (意見) には必ず根拠 (理由) を添えてください。 理由が言えて、はじめて自分の 「意見」 となります。 理由がなかったら、単なる 「感想」 あるいは 「思いつき」 にしかなりません。
 主張に説得力を与えるものも 「理由」 だけです。 それ以外の方法は、すべて反則技 (泣き・脅し・・・) です。
 「アイドルの○○ちゃんが好きだ」 という主張でもいいんです。 主張 (意見) というものは、多かれ少なかれ主観を含みますから。 ところで、それを言論として成り立たせるためには、ちゃんと理由を示してください。 でも、「○○ちゃん、かわいいから」 というのは理由になりません。 客観性がありませんから。 それでは、2つの主張を並べたのと同じことです。
┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
  ◇ 理由 が言えて、はじめて自分の 「意見
       理由がなかったら、単なる 「感想」 あるいは 「思いつき」
  ◇ 説得納得) 材料は、理由 だけ
       他の方法は、すべて反則技 (泣き・脅し・・・)
  ◇ 意見 (主張) は、主観 であってかまわない
       でも、理由 (根拠) には、客観性 が無きゃいけない
└―――――――――――――――――――――――――――――┘
 ところで、「説得力」 と言いましたが、人を説得することは実はできなくて、人が納得してくれることを期待するのが精々です。 人を説得しようとすると語調や語感に頼ることになりがちですが、それよりも人が納得してくれるような理由を挙げましょう。
 
○ 反論 と 異論 と 言いがかり
 反論 と 異論 と 言いがかり は似て非なるものです。 まずターゲットが異なります。 そして、それを受けた後の展開が違ったものになります。
┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
   「Aである」 という論に対して、
  ◇ その根拠 を批判して 「Aでない」 (Aであるとは限らない) と言うなら 反論
  ◇ 別の根拠 を持ち出して 「Aでない」 と言うのは 異論
  ◇ 批判もせず、根拠も示さず に 「Aでない」 と言うのは 言いがかり
 
  反論であれば 議論 になるが、異論であれば 平行線 。 言いがかりは 消耗 です。
└―――――――――――――――――――――――――――――――――――┘
 反論のターゲットは、相手が挙げた 「根拠」 です。 相手の主張 (意見) に直接向けた方が手っ取り早いと思うかもしれませんが、それでは建設的な議論に発展しないでしょう。
 相手が挙げた根拠 を批判して 「Aでない」 (Aであるとは限らない) と言うなら 「反論」 になりますが、別の根拠を持ち出して 「Aでない」 と言ったのではせいぜい 「異論」 (相手の意見とは異なる別の意見) にしかならなくて、批判もせず根拠も示さずに 「Aでない」 と言ったら 「言いがかり」 になってしまいます。
 反論であれば 「議論」 になりますが、異論であれば 「平行線」 にしかならなくて、言いがかりは 「消耗」 するだけです。
 
 ここで1つ、練習問題。
 誰かが 「明日は晴れる。下駄を投げたら、表だったもんね」 と言ったとします。 これは 「主張と根拠のセット」 になっているから、言論の形式を備えています。 形式的には立派 (?) な argument です。
 では、ここで 「問題」 です。 次の3つを反論と異論と言いがかりに分けてください。
A : 違うね。明日は雨だよ。
B : 天気予報によると、明日は雨だ。
C : 下駄と天気にどんな関係があるの?
 A と B は相手の示した根拠に触れていません。 A は自分の主張を述べているだけで、その根拠を示していません。 B は単体で見れば言論 (argument) といえますが、相手とかみ合っていません。
 この中で相手が示した根拠に触れているのは C だけです。 C は根拠と主張のつながり具合を質問しています。 たぶん 「下駄と天気は関係ない」 と思っているのでしょうけれど、しっかりと相手が挙げた根拠をチェックしています。
 というわけで正解は、C が反論、B が異論、A が言いがかり。 こんなところでしょうか。
 
※ ところで、本当は 「異論」 を必ずしも悪いと、私は思っていないんです。
  「異論」 と 「反論」 を厳密に区別できるとも思えませんし、
  「異論」 が議論にとって有益に働くことはいくらでもあるでしょうから。
  でも、基本的な考え方・姿勢として、「反論」 と 「異論」 を分けて考えるべきだと思いますし、
  まずは  「反論」 する練習をするべきだろうと思っています。
 
○ 議論の目的
 相手の論を覆したり勝ち負けをつけたりすることが議論だと思っている人がいるようですが、そういうものはここでは議論とみなしません。 最後にはどちらかに決めなければならないということもあるでしょうが、そこに行きつくずーっと手前のところでコケてる議論が多いのです。
 その前にやるべきことがいろいろあります。 あまり欲張らずに、現実的な目的を定めましょう。
┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
  ◇ 自分 (他人) の考えを くっきり させる
       視点 (立場) が異なれば、見え方 (景色) が異なる
  ◇ 自分と相手の考え方の 違い をくっきりさせる
       どこが同じで、どこが違うのか?
  ◇ いろんな見方・とらえ方・考え方を 取り込む
       「どっちが正しいか?」 を争う必要はない
└―――――――――――――――――――――――――――――┘
 まずやるべきは、お互いの考え方をくっきりさせることです。 視点 (立場) が異なれば、見え方 (景色) が異なります。 まずそこまでできれば、それが議論の成果です。
 そして、お互いの考え方の違いをくっきりさせること。 どこが同じで、どこが違うのかがくっきりすれば、議論した甲斐があったというものです。 大抵の場合は、ここまでやれば十分です。
 そして可能なら (相手の論になにがしかの見どころがあれば)、それを取り込めばいいのです。 そこまで出来れば大成功です。
 
○ まとめ
 ではここで、議論についてまとめましょう。
┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
  ◇ 意見 (主張) には必ず 理由 (根拠) を添える
       それが無ければ、単なる感想・思いつき
  ◇ 反論のターゲット は、相手が挙げた根拠 (理由)
       相手の主張 (意見) に直接向けてはならない
  ◇ 議論の目的は、ぼんやり → くっきり
       自分 (相手) の考え方、お互いの考え方の違い
└―――――――――――――――――――――――――――――┘
 まず、「意見 (主張) には必ず理由 (根拠) を添える」 こと。 これだけ言うと、みなさんは 「当たり前のことだ、簡単なことだ」 と思うでしょう。 でも、全然そうじゃないんです。 前にも例 (ファミレスの件とお巡りさんの件) を挙げましたね。
 次に、反論のターゲットは、相手が挙げた根拠 (理由) だということ。 矛先を相手の主張 (意見) に直接向けたら、反論になりません。 それでは、せいぜい異論にしかなりません。 そして、異論はどこまでいっても平行線なのです。
 そして、議論の目的は 「ぼんやりしたものを、くっきりさせる」 こと。 議論する際、当初はお互いの考えがぼんやりしているものです。 議論を進めるうちに、お互いの考えがちょっとずつくっきりしてきて、だんだんとお互いの考え方の違いが見えてくるでしょう。 当面の目標をそこにおきましょう。 場合によっては (相手の考えがくっきり見えてきて、それを 「取り込めない」 と判断したら)、そこで議論は終了です。

転載元転載元: 情報科が新しい授業のモデルになる


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事