のんびりと古代史

自分なりに「削偽定実」を試みる。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全321ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


皆さま

決め手がないまま引っ越し先を決めずにいましたが、
決め手がないまま以下の引っ越し先に決めました。
一昨日から少しずつ記事を書き始めています。
もしよろしかったらお立ち寄りください。

今後ともよろしくお願い致します。

記・紀いっぱつ

開く コメント(1)

【「島めぐり」読法】
「至地名」の前に先行動詞があるかどうか。
魏使が実際に通った道順を解明する時のキーになることを古田は発見した。
ところが古田の主要行路では各国間の距離の合計が一万六百里となり、倭人伝が明記する一万二千里に千四百里不足してしまう。
陳寿の正確な記述から各個の距離の合計は総距離と等しくなるはずであると考えた古田は倭人伝の文章の中に不足した千四百里を求めた。
倭人伝を精査するうちに古田は対馬国と一大国に記された面積に注目する。
対馬国は「方四百里」、一大国は「方三百里」。対馬は一辺が四百里の方形の面積、一大国は一辺が三百里の方形の面積としてあらわされている。
実際には対馬は北島と南島があり、南北に細長い島だが、ここでは魏志の船が通る南島のことを言っているのであろう。
一大国はほぼ円形の島なので一辺が三百里の正方形に内接する円形ととらえたのであろう。
古田は魏使が対馬と一大国をそれぞれ半周した距離がプラスされていると考えた。つまり対馬では四百里×2=八百里、一大国では三百里×2=六百里、両島足すと千四百里となる。これを主要行路の距離に足すと総距離の一万二千里に一致する。
これが古田の言う「島めぐり」読法である。

開く コメント(6)

【榎一雄と古田武彦の傍線行程】
倭人伝の行路表示をこれまでの多くの研究者は文章通り「加上式」に読んできた。
帯方郡治→狗邪韓国→対馬国→一支国→末盧国→伊都国→奴国→不弥国→投馬国→邪馬壹国
これが「邪馬台国」への道順と考えた。連続式読法である。
これに対して榎一雄は伊都国から先を伊都国を中心とした傍線行程と理解した。
帯方郡治から伊都国までは加上式に直線行程とし、伊都国以降は伊都国→奴国、伊都国→不弥国、伊都国→投馬国、伊都国→邪馬壹国となっているという解釈である。榎は帯方郡から伊都国まで直線行程で来て「到伊都國」とあり、その後、「至奴国」「至不弥国」「至投馬国」「至邪馬壹国」と続いているので「到」と「至」の使用漢字の違いに注目した。
しかし古田は魏使の目的地である邪馬壹国が傍線行程に入っているのは不可解とした。また古田は三国志の「到」と「至」の全使用法を抜き出して調べたところそのような二字の使用法の違いがないとの結論に達し榎説を否定した。
古田は行程記事の構文に着目した。
「先行動詞+至or到」となっているものと先行動詞なしに「至or到」となっているものに明確な違いがあるとした。
先ず「先行動詞+至or到」は、
●循海岸水行 歴韓国 乍南乍東 其北岸狗邪韓國 七千餘里
●始一海 千餘里 對海國
●又南一海 千餘里 名日瀚海 一大國
●又一海 千餘里 末盧國
●東南陸行 五百里 伊都國
●東行至不彌國 百里 
 
次に先行動詞なしに「至or到」となっているものは、
〇東南至奴国 百里
〇南至投馬國 水行二十日
◎南至邪馬壹國 女王之所都

『三国志』内の文例から古田は以下のように解釈した。
「先行動詞+至or到」となっている六か所については魏使が実際に立ち寄った場所である。

次に先行動詞なしに「至or到」となっている三例の内、邪馬壹国以外の二つについては魏使は実際には訪れていない。奴国は二万余戸、投馬国は五万余戸有する大国なので倭人伝に記載したと推察している。

最後の「南至邪馬壹國」は表面上先行動詞がないが、ここに記された行程の目的地なので冒頭の「從郡至倭」と同様に、行程に出てくる全ての動詞を受けて邪馬壹国へ到着するととることができると古田は述べている。伊都国→奴国、不弥国→投馬国が古田の言う傍線行程で、総距離である一万二千余里には含まれない。
榎一雄の傍線行程論にヒントを得て古田武彦が倭人伝の行程文を解読した。ところが以上のように読んで記載されている各国間の距離を合計すると一万六百里となり、倭人伝に記された総距離一万二千余里に千四百里不足してしまう。最後に古田は不足した千四百里を倭人伝記事の中から発見することになる。

開く コメント(2)

【水行十日陸行一月】
倭人伝の行路記事は帯方郡を出発して韓半島の南岸を経て対馬、壱岐を通り末盧国に上陸し、邪馬壹国に至るまで詳細に記されている。
「南至邪馬壹國 女王之所都」と女王が都にしている邪馬壹国に達した後、「水行十日陸行一月」と記される。
古田はこれを帯方郡から邪馬壹国までの全日程であると主張している。
帯方郡から韓半島南西岸までが水行、南西岸で上陸し狗邪韓国までが陸行、狗邪韓国から対馬までが水行、対馬内は陸行、対馬から壱岐まで水行、壱岐内は陸行、壱岐から末盧国まで水行、末盧国から邪馬壹国まで陸行。
結論から言うと古田が主張する行路は以上のようなことである。
この行路で帯方郡から邪馬壹国まで来た時の全日程が「水行十日陸行一月」であるとするのが古田説のもっとも重要な点の一つである。

開く コメント(6)

【三国志に共通する里数値】
古田は、邪馬台国論争を主導した大家たち、白鳥庫吉・内藤湖南・橋本増吉・榎一雄らが「東洋史」を専門とする学者であったにもかかわらず、里程について倭人伝にとどまらず三国志全体を見なかったことに強い不満を述べている。
古田は倭人伝以外に、魏志「韓伝」、魏志一裴注、魏志三裴注「魏名臣奏」載「散騎常侍、何曾の表」、などにも倭人伝の里数値に一致する記述があらわれている。
古田は漢・唐時代に使われた里数値と明らかに異なる里数値が魏・晋朝で使われていた可能性を示唆している。
倭人伝の里数値が漢・唐代の里数値で換算すると約5倍の距離を表すことから三国志の記述は魏朝の侵略主義下で官吏たちの恩賞目当ての虚偽の報告に基づいた「誇大値」であると主張する従来学説に対して、古田は魏・晋朝独自の里程(短里)があったことを主張している。

開く コメント(2)

全321ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事