航跡舎

希少図書 絶版図書のコレクター ルームです。研究に必要な場合にはご連絡ください。営利目的のご投稿はご遠慮ください。

カフカの「審判」の攻略方法

フランツ・カフカの「審判」の攻略方法 高木敏克 1.ティトレリ カフカを読みはじめると、カフカの小説以外何も読む必要がなくなるような気がする時がある。気が付くとカフカが限りなく自由に書けば書くほど読者は不自由な空間に閉じ込められてゆき、その閉塞感が妙に気持ちよく感じるのはなぜなんだろう。 読書にはいろいろな方法があり、それは読み手の勝手であるが、カフカのような世界を比喩に置き換えながら描写してゆく作品を読み込む場合、ある種の作戦が必要であり、その比喩の元の姿はいったい何かを考えながら読む方法もあるのではないかとおもう。私にとって読書は航海であり、航海に航海術があるように読書には読書術があってもよいはずである。 まず審判の世界は人も建物も町もすべてが法律に置き換えられているような世界であり、置き換えられすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

カフカの「審判」への詩的アプローチ 高木敏克 カフカの審判に関しては様々な文学論的なアプローチがなされている。私が手に取ったものだけでも、ロジェ・ガロディー、モーリス・ブランショ、マルト・ロベール、グスタフ・ヤノーホ。 ...すべて表示すべて表示

 一方、割と気楽に、結構楽しく読めるのが、中編「KAP PA 」である。題名から分かる通り、川に棲むという、あの河童にまつわる物語である。おおまかなストーリーと言えば、ある不幸を経験した主人公が、気晴らしに色々な温泉を ...すべて表示すべて表示

禍々しくも鮮やかな暗箱の中で 高木敏克小説集「港の構造」を読む                    川岸則夫  高木敏克の「港の構造」は、十篇の小説が収められた、いわゆる短編集である。短編集と言っても各篇の長さはまちまち ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事