立花裕人のFREEWAY

フリーキャスターで、作詞家としても活動する立花裕人のブログです!

全体表示

[ リスト ]

 6月7日、東京国際フォーラムにシンヘソンさん(以下、敬称略)のコンサートを見に行きました。
私が作詞をさせていただいた縁から、私も急速にヘソンファン・神話(シナ)ファンになりました。「コトバにできない」がオープニングに使われ、「GONE TODAY」がラストに使われたのは、作詞者としては本当に光栄です。
ヘソンが2曲をとても大切にしてくれていることを実感しました。
 さて、今回のライブは一言で表すならば「素晴らしい!」です。まるで、音楽好きのヘソンのおもちゃ箱のようなライブでした。もっとマニアックに聴かせようとか、通を唸らせようという欲が出てくると、アーティストは難解で暗い方向に音楽のベクトルを向けがちですが、ヘソンは「自分が好きな歌を歌いたい!純粋に音楽を楽しみたい!」という気持ちを素直に表した気がします。子供は自分のお気に入りのおもちゃを箱に宝物のように保管します。その中にはプラモデルもあれば、怪獣のおもちゃもあれば、けん玉も入っていて、好きな人には自慢しながら見せたがります。そして、おもちゃは雑然と箱に入っています。
 今回のライブでは日本語アルバム「Find voice in song」からも、韓国語のオリジナルからも、シナの曲や嵐の曲、さらにはアメリカのポップスナンバーも披露されました。雑然としているという印象を受けた人もいるかもしれませんが、私は逆に「本当にヘソンは音楽が好きで、自分の好きな曲をのびやかに歌っているな」という印象を受けました。そのリラックス加減は彼の歌声と表情に素直に表れていたと思うのです。私が「おもちゃ箱」と表現したのは、そのような意味合いです。
 では、ヘソンはなぜ、ここまで吹っ切れたように歌える心境になったのでしょうか?その答えはライブの途中に流されたVTRの中にある気がします。彼はVTRの中で、それも日本語でかなり重いメッセージも発していました。「自分の本当の姿はどこにあるのか?どの自分が本当の自分なのか?」このような重い問いに対し、彼は悩んだ挙句、自分が好きな音楽はどのような音楽かを考えていくことで、結論を出そうとしたのではないでしょうか。
 バラードが好き、シナが好き、アメリカのポップスも好き、というのはヘソンが自然体になって導き出した答なのではないか。今回、シナの曲や当時のダンスも披露し、ヘソンペンにとっては最高のコーナーが誕生しました。このことも、自分を育ててくれたシナ、今はグループとしては活動出来ないものの、メンバーへの熱い想いが自然にこのコーナーへと向かわせたのでしょう。
 ある意味で、自分のエゴやプライドを拭い去り、本当に素直なミュージックラバーとして取り組んだのが今回のライブだったのではないでしょうか。「長いトンネルを抜けると、そこには青い海と白い砂浜が広がっていた」
ヘソンの良い意味での達観が今回のライブの根底にあり、だからこそ、人を良い気持ちにさせたのだと思っています。
 彼に再び詞を提供出来る保証はありませんが、再びチャンスがめぐってきたら、そのような彼の心の葛藤やたどり着いた境地も優しい詞にしてみたいと思います。
 
 私のツイッターは「立花裕人」もしくは「touchy61」でチェックしてくださいね。
 
 

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

こんばんわ^^
朝早くからのお仕事でお疲れの所、ブログのアップを有難うございます♪

「おもちゃ箱」という表現は、とても彼に似合っていると思います。
ヘソンさんは、良い意味で『子供みたい』な人だと思っているからです。
ちょっとやんちゃな部分も有りますが・・・
好きな事(音楽)に一途で、自分が信頼している人からの愛情を素直に受け取り、アーティストとしてスクスク育つ・・・
そんな人だと、私は思っています。

秋には、韓国でのアルバムも発売されるそうですね。
とはいえ、韓国では発売日が遅れる事がしばしばあるので・・・
年末頃でしょうか?
今の彼ならバッシングも跳ね除ける位に、素敵なアーティストとして、K-POP界にカムバックを果たしてくれると信じています!

そして・・・
再び、日本語での曲も披露して欲しいです♪
その時には、立花さんの歌詞で聴ける事を願っています^^
みんなも同じ気持ちだと思いますが・・・
日本では、立花さんが一番!
ヘソンさんをわかってくれている方なので・・・^^ 削除

2010/6/9(水) 午前 0:27 [ みちこ♪ ] 返信する

顔アイコン

みちこさん、心温まるコメントをありがとうございます。
今回のコンサートを見て、最初に頭に浮かんできたワードが「おもちゃ箱」でした。もちろん、ブログにも書いたように悪い意味ではありません。彼ならではの童心、無邪気さから出てくるもので、それが彼の大きな魅力でもあります。
私の大きな夢はシナ日本復活の際に詞を提供することです。その日のためにも、しっかりと私の心も鍛錬しようと思っています。
多くのメンバーは兵役で鍛練中ですからね。
これからも応援をよろしくお願いします!

2010/6/9(水) 午前 0:43 [ 立花裕人 ] 返信する

顔アイコン

立花さま、あんにょん♪
記事アップありがとうございます。
今回のコンサートは勝手に日本アルバムとベスト中心で、と想像していたのですが、それが見事に裏切られ(笑)いろいろなヘソンが出てきてホントに楽しかったです。
おもちゃ箱。ですか。自分の大事なものを誇らしげに見せてみる。
そんな感じでしょうか。まだまだ見せたいものがあると思うので
今後にますます期待しちゃいます。

シナの復活を約束してくれたヘソン。
ヘソンとvimk ssiとまた一緒にお仕事ができるよう祈ってます(笑)

2010/6/9(水) 午前 3:05 ひろ 返信する

顔アイコン

おはようございます。

以前一度コメント残したsori27と申します
コンサート参戦されたのですね!私は両日参加しました。
オープニングの「コトバにできない」素敵でした。
揺らぐような歌い方が儚げな歌詞とぴったりで素敵でした。

これまで幾度もヘソンのライブに足を運びましたが
今ライブのヘソンは特別だったように思います。
どう特別だったのか考えながらこちらへ来て

> 自分のエゴやプライドを拭い去り

これです!
私は素の彼を知る由もなく舞台から想像するだけですが
これまで余計な殻や鎧を脱ぎ棄てきれないところがあるように映り
ある点で成長を邪魔してるように思えてなりませんでした。
今ライブでそれらを打破したかのような姿に感動しました。

それと「素直」に音楽を楽しむこどものような姿。
あんなに無邪気になれるほど好きになるものがあるなんてうらやましい。

歌詞だけでなくこちらの言葉にも救われました。ありがとうございました。
シナが復帰した暁には立花さんの作詞された歌を歌う彼らを見たいです。 削除

2010/6/9(水) 午前 9:06 [ sori27 ] 返信する

顔アイコン

ひろさん、sori27さん、コメントありがとうございます。
今回のライブについて「おもちゃ箱」という表現を使いましたが、
もう一つ例えると、仲の良い友人がヘソンにCDを渡し、「好きな
曲を録音してきて」と頼んだら出来たCDという感じでもあります。
仲の良い友人とは今回でいえば間違いなく「日本のヘソペン」です。
みなさんの深い愛情がこのライブを誕生させたとだと思いますよ!

2010/6/9(水) 午前 9:38 [ 立花裕人 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは^^umiumi3です。blog upありがとうございます。
「おもちゃ箱」という言葉、本当にぴったりですね!!
1日目は「次の曲は何だろう?」
2日目は「今日はあれがどんな姿になるんだろう?」とわくわく、ドキドキする2時間でした。
そして終わった後も「次はどんなヘソンさんに会えるんだろう?」という素敵な余韻を残してくれてます^^

今回、立花さんから「オープニング予想」を投げかけていただいたおかげで、
いつもと別の楽しみ方をすることができました。
ただひたすら楽しみに参加してた今までとは違って
行く前から色々考えて、想像して、自分の中で盛り上がっていきましたし
オープニング曲のイントロで若干「外した!」感があり(笑)
余計なこと考えすぎました…次は当てたいなぁと思っています。

「コトバにできない」、本当に今回のアルバムで一番好きな曲で
今度はこれをアカペラやピアノのみのverで聞いてみたいです。
またヘソンさんの声と立花様の素敵な歌詞のコラボが実現するのを楽しみにしております。

2010/6/9(水) 午前 11:59 [ aot*moi*e ] 返信する

顔アイコン

「おもちゃ箱」〜、まさしくそんな感じでしたね。
その中から、1曲1曲、大事そうに嬉しそうに取り出すヘソンさんの姿が、文字通り私たちの「幸せな瞬間」でした。
自らが原因とは言え辛い時間を過ごし、自分を見つめ直し、メンバーと歌の大切さを改めて心に感じたヘソンさんだからできたステージだったと思います。
「コトバにできない」に託されたヘソンさんの思いを確かに受け取りました。
秋の4集が楽しみですね。
そして、それに続くコンサートも。

2010/6/9(水) 午後 3:48 [ ぬな ] 返信する

顔アイコン

umiumi3さん、tamaenunaさん、コメントありがとうございます。
オープニング予想は私がとても気になって、みなさんの意見を求めてしまいました。ショーケースと同じく、「コトバにできない」から始まるのかな?いや、今回は違うかな?と。
結局は再びオープニングに使っていただき、うれしい限りです。
さて、ヘソンさんは秋にアルバムをリリースするとのこと。
どのようなテイストになるのか、とても気になります。
VINKとのコラボもあるのでしょうか?楽しみです!

2010/6/10(木) 午前 9:19 [ 立花裕人 ] 返信する

顔アイコン

ブログアップありがとうございました。
「おもちゃ箱」、本当にそうですね。
終わってみるとビックリ箱でもあるように思えます。
想像以上、期待してた以上の内容のライブでしたから。

今回はライブ前にへソンさんの姿をみる機会がなく
自分の中ではいつもより盛り上がりに欠けてるようにも
思っていました。
見事にそれは当日吹っ飛んでいきましたが・・・笑

後日見た記者会見の記事。
まさかあのような内容だったとは思ってもなくて
何も知らずキャーキャー言ってた自分を考えると少し凹みました。

今回、日本アルバムが出て初のコンサートという事だけではなく
もろもろの事情を抱えて舞台に立っていたんですね。
プレッシャーや負担の方が
喜びより大きかったのではないでしょうか。

これで本当の意味で前を向いて進めるようになったのかな?
今まで以上に応援していきたいと思います^^

「コトバにできない」のオープニングはいつも感動しますね。
立花さんにもご挨拶できて良かったです^^ 削除

2010/6/10(木) 午後 0:37 [ youchan ] 返信する

顔アイコン

こんにちは
6日にはじめてヘソコンに参加しました。
今までJ−POPデビューしたほかの韓国歌手のコンサートに行っていたのですが、これだけリリースしたアルバムにとらわれない自由な表現力のあるステージを見たのははじめてでした。
本当に参加してよかったし、アルバムの中から選ばれている日本語の楽曲も素敵でした。
立花さんが他の方のコメントに答えている文章の中で
「私の大きな夢はシナ日本復活の際に詞を提供することです」
という言葉がありますね。
この文章を読んで鳥肌が立ちました。
いつの日か・・・是非、その曲が披露される場所に自分も同席したいです。 削除

2010/6/10(木) 午後 1:46 [ nao ] 返信する

顔アイコン

youchanさん、naoさん、コメントありがとうございます。
コンサートの合間にあのような会見が開かれていたとは驚きでしたね。しかし、自分の心をしっかりと整理して、ライブに臨んでいるヘソンさんの姿はとてもプロフェッショナルだと思いました。

ヘソンさんは英語も上手ですし、表現力も豊かなシンガーだと思います。正直なところ、ヘソンさんに楽曲を提供するまではシナやヘソンさんのことも詳しいわけではなかったのですが、ここ数カ月で理解や愛情がとても強まったと感じています。

2010/6/10(木) 午後 3:07 [ 立花裕人 ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。記事ありがとうございました

オープニングとオーラスの曲は予想通りでした。ファンの人気も高かったし本人も気に入っているのがわかっていたので。でも本当にこの2曲だったとき、立花さんのことを考えていました、感謝をこめて
これからも是非ヘソンさんをご贔屓にお願いします

「子供」「おもちゃ箱」というワードに、思わずふふっとなってしまいました。ある意味彼の本質でもあるかもしれません。真面目でナイーブな面もありつつ、やんちゃなところや天然なところもあってそれが魅力です。またそんなギャップが音楽にも表れているのかもしれません。

今回のライブでいろんな面を見せてくれたヘソンですが、私は成長してたくましくなったヘソンを感じました(上から目線ですが)
いろいろあったことも無駄ではなかったのでしょうか
それが嬉しかったです

2010/6/11(金) 午前 3:03 racco 返信する

raccoさん、コメントありがとうございます!オープニングとオーラスを私の曲と予想してくださっていたとは、うれしい限りです。成長したヘソンさんが、この2曲を選んでくれて光栄です!

2010/6/12(土) 午後 4:57 [ 立花裕人 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事