如月双子日記

発達に凸凹のある双子の育児日記。ジミ〜にコツコツ書いとります。。。(最近ちょっと、滞り気味)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

もう夏休み…

双子たちの小学校は、
16日(実質的には13日)から夏休みに突入いたしました。

理由は、我が市の公立小中学校にはエアコンが設置されていないため、
熱中症対策で、例年より夏休みを1週間早めることにしたから…だそうです。

(現在、エアコンの設置工事を推進中とのことですが、
市内すべての公立小中学校に行き渡らせるためには、1年では足りないそうで、
来年度の夏休みも、同様のスケジュールになる予定だそうです。ひえぇぇ〜)

1週間早くはじまるからその分、早く終わる…というわけではなく、
ちゃんと8月31日までお休みなので、

今年の夏休み、なんと51日間だそうです。

51日間て…

(絶句)

で、せっかく熱中症対策とったのに、

曇りや雨の日ばかりで、気温もさして高くはなく…

ママ友たちと、

「これ、1週間、普通に授業できたんじゃない?」

「休みにする必要なかったよね?」

と、愚痴りあっております。

わたしにとって毎年、子供の夏休みは憂鬱のタネなのですが、
(宿題の監督やらお昼ごはんの手配やら…めんどくさい)

ここまで長くなると、「もう、どうしようもないよな…」と諦めの境地に達しまして、
今年に関しては「どうとでもなれ!」と、半ば開き直っております。

でも、子供たち、
今のところ毎日早起きして、朝7時から宿題やってるんですよね。

偉いですよね。

実はこれにはウラがありまして、
双子たち、ゲームのやりすぎでオットにニンテンドー3DS(ゲーム機)を取り上げられてしまい、

「7月中、毎日欠かさず朝いちばんに宿題をやったら、ゲーム機を返してあげる」と言われたので、
必死になっているのです。

結局、ゲームかよ…

って話なのですが、

でもまあ、そのために頑張れるのであれば、ゲームも悪くないのかな…?
と。
(なんかもう、どうでもよくなってる)

ちなみに今年、学校からは「夏休みのドリル」的な宿題が出されなくて、
「ドリルは各自で準備して、やってください」との指示があったので、

いわゆる「夏休みの復習ドリル」的なものを本屋で見繕ってきて、
それをやらせているのですが、

うっかり、Z会が出してるドリルをチョイスしてしまいまして、これがほんのりと高度な内容でして、
「お母さん、これ、難しいよ!(怒)」と、子供たちからははなはだ不評でございます。

ごめんよ、
お母さん、キミたちのレベルを考えずに買ってきてしまったよ…

話には聞いてたんですが、
Z会ってやっぱり、レベル高いんですね。
(ただ単に、うちの子たちのレベルが低いだけなのかもしれませんが…)

開く コメント(7)

開く トラックバック(0)

哀しき運動会

前記事をアップした翌々日(5月23日の夜)、ジロが37度8分の熱を出しました。

解熱剤を飲ませたら一旦、下がったものの、翌日また上がってきたので、
なんともイヤ〜な予感を抱きながら小児科に連れて行きましたら、

「タロくんが熱を出してからちょうど2週間後ですよね?

マイコプラズマ肺炎の潜伏期間は2〜3週間と言われているので、
ジロくんもマイコプラズマ肺炎の可能性が高いですね」

と、医師から言われまして、

確定はしていなかったものの(←前記事にも書いたように、検査結果が出るまでに1週間ほどかかる)、
マイコプラズマ肺炎の薬を処方されました。

これが普通の週末であれば、土日休みだからゆっくりできてよかったね!って話だったのですが、
運の悪いことに、この週の土曜日(25日)は小学校の運動会…

まだ、マイコプラズマ肺炎と決まったわけではないし、

熱が下がってくれれば、運動会に出られるかもしれない。

天気予報では気温がかなり上がるとのことだったので、朝から通しで出るのはキツイとしても、

午後だけ、せめて、午後の組体操だけでも出られれば…

と、かすかな望みをつないでいたのですが、
(本人も「明日は運動会行く!」と何度も言っていたし)

薬を飲んでも熱は下がらず、むしろどんどん上がってゆき、

夜には39度を超え…

翌日(25日)の朝4時半、お弁当を作るために起きた際に検温してみると、

37度7分…

あー、これはもう、終わった…

わたしの中で張りつめていたものがぷつっと切れました…

うちの子たちは運動音痴なので、運動会で輝けるようなタイプではないのですが、
(別に、リレーの選手に選ばれてるわけでもないし)

でも、ジロが組体操の練習を物凄く頑張っていたことは、本人の話から伝わってきていたし、

ジロ、今回、クラスタワーでてっぺん(いちばん上)に立つことになっていたんです。

だからせめて、組体操だけは出させてあげたかった…

もう、ホント切なくて切なくて、哀しくてやりきれない気持ちでしたが、

いちばんガッカリしているのはジロ自身で、
ここで母親のわたしが落ち込んだ様子を見せてしまったら、ジロの傷口に塩塗りこむようなものだと思ったので、

「今日、真夏並みの暑さだって言うからさ、涼しい部屋でのんびりできてよかったんだよ!
お母さんもちょっと疲れてるから、家で休めてよかったわ!」
と、努めて明るく振る舞いました。
(顔で笑って心で泣くとはこのことだよ…と思った)

ジロは欠席でもタロは出席ですから、運動会にはダンナに行ってもらい、

わたしはジロと家でお留守番。

ジロの熱はその後もなかなか下がらず、昼過ぎには38度になっていましたが、

タロの時同様、高熱の割には元気で、
運動会のお弁当用に作った赤飯の残りを食べたり、ゲームしたりして、昼寝もせずに過ごしていました。

(わたしの方が、度重なる高熱騒動に疲労困憊していたのか、ぐーすか寝てしまった…)

こうして、ジロの小学校最後の運動会は終わったのでした。

こういうこと(6年生の運動会を欠席)って、ホントにあるのね…

と、なんだかしんみりしてしまいました。

ちなみにわたし、ダンナに(タロの様子を)動画に撮ってきてくれと頼んでおいたのですが、

帰宅したダンナが見せてくれたのは、ボケ気味の写真数枚でした…

いや、写真はプロが撮ってくれたやつを買うから、別になくてもいいんだよ。

わたしは、動いているタロを見たかったんだよ。

なんなんだよ、ホントにもー

まあ、運動会に行ってくれただけ感謝なんだけどさ。

ちょっとガッカリしたよ。

(それもこれも全部ひっくるめて、我が家で語り継がれる運動会になった気がします。

なお、その後、学校で運動会の作文を書かされたらしいのですが、ジロの作文のタイトルは、

「出られなかった運動会」だそうです。

そのまんまだな…)


追伸:先週の金曜に検査結果聞きに行ったら、ジロもやっぱりマイコプラズマ肺炎でした。
まー、あれだけ四六時中、ぴったりくっついて遊んでたらうつるよね…と思いました。
マイコプラズマ肺炎は家庭感染が主らしいので、皆さまもお気をつけください。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

前記事で、タロが学校で熱を出して早退になったが、
割と元気で、熱もすぐ下がってしまった…と書きましたが、

この話、意外な展開を見せまして…

翌日(5月10日)の朝も、熱は36度台前半だったので、
普通に学校に行かせて、

自分はパートで、大量の「母の日」の花の仕分けに悪戦苦闘しておりましたら、
学校から「38度超の熱があります」と電話が…

10連休が明けてからパートが激務で、
(立ちっぱなしの仕事のため)足が痛くて痛くて仕方なかったので、なんかもう泣きたい気持ちでしたが、
痛む足を引きずりながら、迎えに行きました。

保健室に着いてみると、
やっぱりタロは結構、元気で、
(ベッドには寝てなくて、イスに座って絵本を読んでいた…
養護の先生、苦笑してました)

でも、さすがに、2日つづけて学校で熱だして早退になったのに、放っておくわけにはいかないから、
近所の小児科に連れて行きました。

そこで、溶連菌とインフルエンザの検査を受けましたが、
共に陰性…

ただの風邪だろうということになり、
解熱剤だけ処方されました。
(医師から「もし月曜になっても熱があるようなら、問題です」と言われた。
この言葉、今にして思うと、かなり重要だったのだが…)

熱は、この日の夜には下がり、
翌11日は、土曜で学校も休みだったのでのんびり過ごさせ、
(註:昼くらいから咳をするようになっていた。
この時は、風邪の症状だと思っていたのだが…)

12日も同様にのんびり過ごさせ、
「月曜には学校に行けるだろう」と高をくくっていたのですが、

夜9時、熱を測ってみたら、
まさかの38度2分…!

あわてて解熱剤を飲ませました。

翌日(13日)の朝には、36度2分になっており、
咳をしている以外は、普通に元気でした。

でも「3日つづけて早退になったらまずいよな…(先生も迷惑だろう…)」と、
大事をとって、学校は休ませました。
(ちょうどわたしもパート休みだったし)

9日に早退してから常にそうだったのですが、
タロは、家にいる間はとにかく元気で、

日中は、ゲームをやったり本を読んだりして過ごしていて、
わたしやダンナがいくら寝ろと言っても「寝られない」と全然、寝ようとせず、
食事もちゃんと採るし、

この日も「学校、行かせりゃよかったよ…」と思うくらい、まったく病人ぽくなかったのですが、
昼過ぎに一度だけ、熱が37度ちょうどになってしまいまして、

一瞬、「病院に行った方がいいかな?」とも考えたのですが、
1時間後に測ったら36度台に戻っていたので、結局、受診しませんでした。

そして、翌14日…

朝、咳はしてたものの、やっぱり熱はなかったので、
学校に行かせました。
(わたしはパートへ)

そしたら…

昼頃、学校から電話が。

…はい、そうです。

お迎えの要請です。

(今度は熱、39度まで上がっちゃったとさ。高っ!!)

もうね、さすがに、絶句しましたよね。

養護の先生にも、電話で、
「…もう…これ…ホントに、どういうことなんでしょうね…」と返すしかなかったです。

(養護の先生が申し訳なさそうに、「今日も、朝は熱、なかったんですが…」とおっしゃって、
それがこちらにとっては更に申し訳なく…)

ただ、この期に及んでもタロは意外と元気でして…
(やはりよくしゃべり、帰宅後もまったく寝ようとしない)

でも、ただの風邪で熱が39度まで上がるものかなぁ?

こんなにだらだらと(熱が)上がったり、下がったりを繰り返すものかなぁ?

…などと思いながら小児科を再度、受診したところ、

医師から、

◎熱がなかなか下がりきらない

◎痰の絡まない乾いた咳をしている

◎鼻水はまったく出ない

◎喉の痛みもない

といった症状を鑑みると、
マイコプラズマ肺炎の可能性が高い

念のため、アデノウィルスの検査をしてそれが陰性だったら、
マイコプラズマ肺炎と見なして治療を開始しましょう

…と言われました。

で、アデノウィルスの検査をしたところ、
結果は陰性。

とりあえず、マイコプラズマ肺炎のための薬を処方してもらいました。
(同時に、マイコプラズマ肺炎の検査も受けたのですが、
結果が出るまでに1週間ほどかかるとのことで、この日は病名が確定しませんでした)

「ミノマイシン」いう薬を飲みはじめたら、症状はみるみる緩和し、
17日には学校に行けるように。

この日、お昼を過ぎても学校からお迎え要請の電話がかかってこなかった時には、
「なんでもないようなことが〜 幸せだったと思う〜♪」と、
声も高らかに歌いたくなりました。(何のこっちゃ…)

そして今日(21日)、
病院に検査結果を聞きに行きましたら、

「マイコプラズマ肺炎:陽性」

でした。

やっぱり、マイコプラズマ肺炎だったんだね…

ただの風邪ではなかったんだね…

どうりで、カロナールだけじゃ熱が下がりきらなかったはずだよ…

しかし、わたし自身が(確か子供たちが3歳くらいの頃)マイコプラズマ肺炎に罹ったことあるけど、

その時は倦怠感がすごくて、体がだるくて仕方なかったけどな…

タロはなんであんなに元気だったんだろう…

子供のパワーってすごいな…

様々な思いが頭の中を駆け巡りました。

それにしても、
タロは昨年、インフルエンザA型と溶連菌に感染し、

今年の3月にはインフルエンザB型に罹患、

そして、今回はマイコプラズマ肺炎…と、
病気に罹ってばかりなのですが、

不思議なのは、
どれもジロにはうつってないんですよねぇ…

(ちなみに、わたしにはインフルエンザB型、うつったんですよ。
嘔吐が一晩中とまらなくて、体重が2日で3キロも減ったんだよ)←すぐに元に戻ったけど…

ジロなんて昨年度(5年生)、
無遅刻・無早退・無欠席(感染症による出席停止もナシ)の皆勤賞ですから。

双子なのに。

一卵性双生児なのに。

タロの遺伝子は、病気のスイッチが入りやすいのかな。
(川崎病にも2回なってるし…)

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

哀しきランチ

PTAでバザーの委員をやった時のメンバー4名で、ランチに行きました。

前回、このメンバーで集まったのは10月。

その時はわたしのパートが終わった後に待ち合わせたため、開始時刻が遅かった上に、

急遽、仕事が入って来られなくなってしまったかたがいたので、

あまりランチタイムを満喫できませんでした。

今回は食通のママさんが、
ジェノベーゼが美味しいと評判のイタリアン・レストランのコースランチを予約してくださり、

今度こそランチを堪能するぞ…と、
わたしは朝ごはんも控えめに、満を持して(?)臨んだのですが、

ちょうど前菜を食べ終わった時、
スマホに着信が…

…学校からでした。

恐る恐る出てみると、養護の先生が、

「タロくんが、38度の熱がありまして…」

まーじーかー!

朝は凄く元気だったのにー

なーんーでー!?

一瞬、言葉に詰まりましたが、
頭の中では、

おいおい、まだ、前菜しか食べてないぞ…

コースだから今更、注文とめられないよね…

せっかくの1,950円(註:わたしにとっては高い)のランチなのに…

と、ケチな思いがぐるぐる。

結局、

「あの〜

すみません…

今、出先なのですぐには迎えに行けないのですが…

1時頃には行けると思います…」

とお答えして、電話をきりました。
(註:この時、12時少し過ぎくらい)

その後は半ば上の空で、
バケットと2種類のパスタ、デザート盛り合わせとドリンク(ホットコーヒー)をいただきましたが、

なんか、あまり味わえず…
(当たり前だよね)

食べ終わるとメンバーに別れを告げ、学校に向かいました。
(学校の近くのお店だったことが、不幸中のさいわい)

そして保健室に行ってみると、

タロちゃん、熱はあるものの意外と元気でして…

帰る道すがら、まあ、よくしゃべるしゃべる。

家に着いてからも、寝ないでゲームしようとするので、
わたしに怒られる始末。

結局、1時間くらいウトウトして、
その後は熱も下がり、ケロッとしてしまいました。
(病院にも行かなかった)

まあ、元気なのは喜ばしいことなんですけどね。

でもね、
なんでよりによってわたしが友達とランチ行った日に、こういうことになるかな…
(註:このメンバーで集まるのは年に2、3回ほど)

複雑な心境であります。

1,950円のコースランチ、心置きなく味わえたのは前菜だけだったよ…(涙)


イメージ 1


次こそリベンジだ…!





開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

10連休の余波…

10連休も今日で終わり。

子供たち、明日から学校に行ってくれます。

やっとわたしに静かな時間が訪れる…

と、書きたいところですが、

10連休で食材の調達ができないので給食はナシ、
とのことで、

明日は、11時30分に下校だそうです…

なんだよー

子供たち、わたし(パート)より先に帰ってくるのかよー

ガッカリだよー

ああ、早く、独りだけの時間を持ちたいよ。

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事