ツーリングログ

最近行ったツーリングネタを、また、ネタ切れの時は過去の思い出などをつらつらと書き連ねます。

全体表示

[ リスト ]

ホンダ エイプ50

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ホンダ エイプ50である。

紅のあきさんの日本一周の旅日誌(ホームページ)に影響を受け、浪人−大学時代で終わっていたバイクライフに復活を遂げた記憶に残るバイク。

今では実家でひっそりと主人の帰りを待ちつづけている、そんな状態だけど、このバイクには色んな思い出もあり、なかなか手放せない。

そんな存在。

北は佐渡島-山形辺り、南は四国-しまなみ街道辺りまでほんと、色んな場所につれてってもらった。

特にしまなみ街道は原付でしか走れない専用道があるので、関東からだと簡単には行ける距離ではないので、貴重な思い出となっている。

自動二輪免許取得後、ツーリングの主体は別のバイクになったが、近場のチョイ乗りや、今では、実家に車で帰った時の近場ツーリング用として、これからも大切にしていきたい。そう思っている。

ホンダにはモンキーやゴリラという初心者からマニアまでを虜にするようなバイクがあって、このエイプはその仲間(進化形)という存在でデビューした。

小さいながらもちゃんとギヤも5段あるし、ニーグリップも必要な、いわゆるスクーターとは違う”バイク”であり、操る楽しさは大型バイクとそんなに変わらない。

ただ、買ってそのままの状態だとかなり非力。

環境対策とかいろいろな理由で、メーカーも出力を出す方向からなるべくクリーンな排気を目指す過程でどんどん出力が削られる。
この傾向は他のどんなバイクも同じみたいで、ある意味時代の流れかもしれない。

平地で頑張って60キロ、山道とかになると30キロすら厳しくなる。
なので、常にフルスロットル!!

エンジン音が”私、全力で頑張ってます!!”って言ってるようで、それも可愛い。

今では75CCにボアアップしていて(なんと1.5倍!!)、ナンバーも黄色になり30キロ規制からは開放されたが、相変わらず非力。フルスロットルには変わりない。

でも、限られた出力内でいかに効率よく、そして気持ちよく加速するか、そのために何速を使い、ギヤを変える回転数をどの位にするかとか、いろいろ考えなければいけないのでそれもまた楽しい。

また、大きなバイクだと運転技術と制限速度の問題もあり、なかなかフルスロットルする機会はないので、そんな意味でも貴重。


これからも大切に乗っていきたい。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ランダムからです、こんにちは!
いろんなバイクをお持ちですね。楽しそう

私は20年以上のブランクからリターンです。
バイクが楽しくて仕方ありません。
またきます。

2009/7/21(火) 午前 9:38 よっさん 返信する

顔アイコン

よっさん さん、コメントありがとうございます。
リターン組ですね。よくぞお戻りで。
自分は遅咲き組ですが、バイクを楽しむ思いは同じですね。

また、いつでも遊びにきてください。

2009/7/21(火) 午後 7:23 [ らいち ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事