ここから本文です
雨男ながって!
Twitter フォローしてやってね 【@HTRkk460]】

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

シコイチのナナ

みなさん!
 
 
ようやく最終回ですよぉ
 
 
 
我ながらよく引っ張った!
 
 
とゆーか、こんなんまとめて短くも出来んわ 

 
皆さんのブログ更新率の下がる梅雨時としてはちょうどいい読み物だったのではないでしょうか(笑)
 
 
 

睡魔ふたたび

 
通勤通学ラッシュの徳島市内を通過すると、
 
国道55号は小松島市の郊外を通るバイパスになる。
 
 
 
そう、この前から言い続けてる自転車向けでないバイパス
 
 
 
小松島に坂があるわけじゃない
 
 
綺麗で、真っ直ぐで、走りやすい道。
 
 
うわぁ、高知には無い、広くて真っ直ぐな道や〜
 
 
信号も少ないし
 
 
カーブも無いし
 

景色も変わらん〜
 
 
飽きた〜
 
 
 
 
眠い〜 
 
 
RAIZIN効いてないよぉ
 
 
 
目は開いてるのに意識がどっか逝っちゃってる感じね
 
 
ぼけ〜〜っっとペダルを回し続ける
 
 
追い越す車が減ってくるとスピード感もなくなる
 
 
歩道をいくママチャリに追い抜かれたような気が
 
 
 
徳島最初の道の駅、公方の郷なかがわまで20kmくらいあったと思うが、
 
 
記憶量としては3km分くらい(笑)
 
 
居眠り運転はしてない(はず)やけど
 
信号停止と出発の前後くらいしか覚醒してなかったかも
 
 
それでも走り続けられる
 
不思議なこともあるもんだ
 
 
9時半過ぎにやっと公方の郷なかがわ到着
 
イメージ 1

ナカちゃん?
 
覚えてる人いるんかいな(笑) 
 
 
その昔、那賀川に現れたアザラシだよ〜 
 
ググってみたら、事故死してた 
 
 
道の駅で徳島最初のスタンプをゲットして残り1カ所
 
注)1000kmチャレンジでのスタンプは各県3カ所以上なんですが、徳島だけ2カ所に変更されております 
 
 
次は美波町ですが、
 
どーしても睡魔が去ってくれないので直射日光当たるベンチで爆睡しました
 
 
どうも、この1時間でむちゃくちゃ日焼けした模様
 
 
今日は朝から薄曇りだったんで、アームカバーをせずに走ってたんだけど、
 
帰宅後、ジャージの袖から先がツートーンになっております(笑)
 脚の方はレッグカバーしてたので焼けてない!
 
 
顔は仕方ないとして、くっきり焼けたのここだけですよっ!
 
薄い生地でもUVカットは効果あるんやねぇ
 
 
 
阿南市を過ぎたらだんだん田舎感増加
 
イメージ 2

室戸まで100kmキター 
 
 
100kmなんて20km/hで5時間やん!という距離感の壊れ具合
 
室戸からも100kmあることは忘れている。
 
 
ちょっと雲が増えてきたけど、涼しくていいくらい。
 
 
美波町まで小さな峠を越えるが、何も無い。
 
 
途中から日和佐道路が開通してるが、こちらは自動車専用道なので騙されることはない。
 
 
むしろ、日和佐道路の部分は国道の車が激減してありがたいよ。
 
時折お遍路さんを追い越しながら、静かに山を上る。
 
 
あぁ、今夜には現実に戻るのか
 
と少し寂しく思う反面
 
風呂にも入りたい。
 
 
途中で温泉に入りたいなと思ってたけど、
 
やっぱり進むことに集中してしまう。
 ぜったい臭いがやろうなぁ(^◇^;)
 
 
12時40分 道の駅日和佐に到着
 
イメージ 3
二つ目のスタンプゲット。
 
とりあえず徳島はこれでクリアですな
 
 
 
今にも降り出しそうな雲行き。
 
この後、雨になることも考え、
 
ここからコンビニが無くなることも考え、
 
ファミマでしっかり補給しておく。
 
 
そうそう!
 
徳島から国道を走ってて気になったんだけど、
 
ここまでセブンローソンしか無かった
 
 
徳島ってファミマ劣勢なが?
 
 
 

ついに雨男

 
日和佐から、本当なら南阿波サンラインを走りたかった。
 
でも残り時間がないので国道を行く。
 またいずれ走りに行こう
 
  
お昼ご飯をいっぱい食べたらまた睡魔が。
 
 
今、目の前に布団を敷かれたら滑り込むなぁ
 
 
 
 
え?幻覚 
 
 
 
 
イメージ 4

 
 
 
 
 
いや、罠かもしんない
 
 
滑り込むときっと振り出しに戻されるんだ
 
 
 
さすがに疲れてたので、寝っ転がってブログネタを撮影する気力はございませんでした
 
 
 
 
激坂はないけど上ったり下ったりな四国の右下
 
走ってるとしんどいと思うけど、
 
四国の左下よりはずっとマシだったかな
 
 
 
 
15時過ぎ、道の駅宍喰温泉に到着
  
せっかくなのでここでもスタンプはゲット
 
イメージ 5
 
写真では分かりづらいが、雨が降り出した。
 
おそらく、もう止むことはない。
 
 
宍喰温泉だけど・・・このあとはどうせずぶ濡れなので、
 
今さら風呂に入る必要もないか。
 
 
道の駅を出てすぐ高知県に入る。
 
県境の町、東洋町 
 
イメージ 6
 
高知県なのに全く土佐な感じはない
 
どこか関西の雰囲気すら感じるのはサーファーが多いせいかな。
 
 
三脚を立てて自撮りしようと思ったら、三脚壊れた。
 
百均品質はネジがプラスティック。
 
ポッキリと折れた
 
 
 
東洋町から本格的に降り出したのでついに合羽着用
  
イメージ 7
 
時刻は16時30分
 
野根を過ぎると、パシフィックライドで何度も走ったルートになる。
 
 
でも室戸岬までの果てしない道
 
 
雨の中、何も無い道を走ってると妙に派手な色が視界の右に飛び込んできた
  
イメージ 8
 
気になって、Uターン
 
お、最近話題の廃校水族館だ
 
こんなところにあったとは
 
 
でも残念ながら時間外
 
 
今年のパシフィックライドでエイドにならないかな?
 
 
 
 
18時室戸岬到着
 
イメージ 9
 
もうネタがない。
 
 
雨風強くなってきて、岬の西側に出ると前に進まない。
 
 
海の駅とろむの東屋に避難して、補給。
 
 
暗くなってきてペースも上がらない。
 
 
雨が降るとよんで装着してきた泥よけが活躍してくれる。
 
前からの跳ね上げが非常に少なくって走りやすい。
 
 
上から降ってくるのはいいが、
 
下からの跳ね上げは砂混じりなので非常に不快なのだ。
 
 
室戸からはもう写真がない。
 
 
田野町、芸西村で休憩するが、淡々と走る。
 
 
雨でなければ はりまや橋経由でゴールしたかったが、
 
どうせ写真も撮れないので浦戸大橋を渡る。
 
ガーミンさまの記録では、
 
浦戸大橋を渡ってからゴールまでの約10kmを1時間かかっている。
 
 
ここまでペースが落ちるとは予想してなかった。
 
 
花海道がひたすら長く感じる1時間。
 
最後の最後で、向かい風と闘う。
 
仁淀川河口大橋が激坂に感じた。
 
進まない。
 
本当に進まない。
 
 
 
そしてようやくスタート地点に戻る。 
 
 
イメージ 10
 
23時45分
 
四国一周完了。
 
誰もいない、お一人さま一周旅。 
 
計画より10時間オーバーの81時間かかった。
 
走行距離は1034km
 
 
 
疲れたけど、疲労困憊ではなかった。
 
 
ここで撤収し、着替えて帰るなら心地よい終了だったのだが、
 
 
 
 
強風向かい風を家まで10km自走
 歩こうかと思ったよ
 
 
なんて最後だっ
 
 
 
長らくのおつきあいありがとうございました
 
ブロ友さまの応援とご期待のおかげで走り切れたようなものですよ 
 
この後は、後日談でしばらく引っ張りたいと思います
 要するにネタ切れ
 
イメージ 11
 

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事