ここから本文です
雨男ながって!
Twitter フォローしてやってね 【@HTRkk460]】

書庫自転車

サイクリングのことなど
記事検索
検索

今年も自走のパシフィックライド


恒例になりつつある年末行事ですよw

師走だってゆーのに、自転車で走ってていいのでしょうか(笑)

まぁ、北の方だと寒くて楽しむどころじゃないから12月の高知県で開催することに大きな意味があるかもね


で、準備完了をツイートして出発します

イメージ 1

時刻は3時半

当然真っ暗ですな。


12月の明け方なんで凍え死ぬかと思いきや、全然寒くないのですよ


この気温に服装をどーするか悩んだねぇ


第一回目のときは冬用ジャケットにウィンブレ、ネックウォーマーにイヤーウォマーと完全防寒だったのに、

今回はファイントラックのインナー+モンベルのジオライン+第一回のパシフィックライドで貰った東部博のポロシャツ+モンベルのレインウェア(ウィンブレ代わり)という出で立ち。

東部博のポロシャツなんてもう仮装に近いな
 こんな機会でしか着れないから(笑)


走り出して10分後、ネックウォーマーとイヤーウォマーを忘れたことに気付く
 そんだけ暖かかったんよ

ちゅーかね、秋用グローブですら暑いわ



県庁前通過〜

イメージ 2

何もなくって気持ちいいっすね〜



5:50
定点撮影的矢流のプチ峠に到着
イメージ 3

夜明けの気配なんて全くなし


11月は乗れてなかったから、片道50kmはしんどいなぁ

と、言いながら自分でもあれれ?と思う速さで走ってきちゃったよ
 生理現象には逆らえずコンビニで1回休み(‐∀‐;;



スタートに到着

6時過ぎには安芸ドームに到着でーす

イメージ 4


早く着きすぎると待ち時間が寒いので、6時半に受け付けに。
(受付は6時半までらしいけど、受付自体は20秒で終わるのでほぼ問題なし)


今年はちょっとスタートの並びが変わってたね

championsjpさんからの情報で参加者が400名以上いると聞いてはいたけど、今回は本当に多そうだわ

ゼッケンを貰ってメットと自転車にペッタンしたら列に並びます。



さーて、チーム銀子はどこかなぁ???



見っ〜け
イメージ 5

あらら、ワタクシより5列くらい前の方でしたよ

追いつくのに一苦労やなぁ


んで、チーム銀子に合流してお話してたら見知らぬ男性に声を掛けられまして。

なんとchampionsjpさんでした

輪行で帰るために、早くゴールしようと前の列でスタートするそうです。
 速そうなのでそこまでは追いつけんな

あと、今年もふぇざーさんに捕捉されご挨拶

他にもお声を掛けられなかったのですが、昨年も参加していた方とか見かけました。少しずつ知った顔が増えてきましたね。
 

7:00
先頭がスタートしましたよ
イメージ 6


チーム銀子のスタートから遅れること8分

イメージ 7

やっとスタート。

今年も天気が良さそうでなにより


さぁ、第1エイドまでにはチーム銀子に追いつくど


イメージ 8

開くトラックバック(0)

先日のお休みは、すっごく良い天気だったのです。

あぁ、空が青いなぁ

そろそろ山も紅葉してるかなぁ


そう思うと行ってみたくなる、よね



1時間ちょい車を走らせ山の方へ。

道の駅などで駐車場所を探すけど、山間部なのでどこも敷地が狭い
 利用者じゃないので長時間駐車は気が引けるよねぇ



仕方なく、山を上り始めたとこにあった広場に駐車
 いちおう駐車禁止でないことは確認したよ


そして出発
イメージ 1

激坂から始まる。

まだ身体も温まってねーよぉ


さてどこでしょう?
イメージ 2

山、ですね。

山、しかないですね。


これなら分かるかな
イメージ 3

上り始めて既に30分たってますけど、目的地はあの上


既に、終わりかけてます


上るにつれ、紅葉が色づいてます

イメージ 4

ゆっくり見たいが、止まると再スタート出来そうにない



この写真でピンとくるかな

イメージ 5

今は無き、美川スキー場もみの木コースのスタート地点ですね〜


ここまで来るのに1時間ちょいかかってますよ
 もぅ帰りたい


しかし、そこは頑張った甲斐があるってもので

イメージ 6

上った分だけ景色が素晴らしくなってくるのだ
 まだ後ろは見せない


もうすぐ頂上〜〜

イメージ 7





と見せかけてのもうすぐそこ詐欺

イメージ 8

げんなり
 登坂開始から1時間40分地点







さらに10分かかって山頂に到着しました〜

イメージ 9

前は石鎚山

後ろは四国カルスト

イメージ 10


そしてここは大川嶺笠取山(標高約1490m)の駐車場です

イメージ 11

ほんとの山頂まで行きたかったけど、ビンディングシューズでは不可能ですな
 やっぱりウロウロしたい人にSLは不向きじゃ



ゆっくりお弁当にしようかと思ったけど、寒すぎて退散


ちょっと高度を下げて撮影会ですよ

イメージ 12
パノラマ撮影

下の方に紅葉してる山が見えてます

上ってるときは雲に隠れてた石鎚山もくっきり

イメージ 13

空に近付いた感じがしますねぇ


などと吞気に書いてますが、クッソ寒いのよ
 14時半にもなると日が西に傾いて東斜面は日陰


ウィンドブレーカーを着込んで坂を下っていきますが、寒すぎて手の感覚がなくなったよ


オッサン! アソコデ ボウソーゾグ ガ アソンデル ゾ

イメージ 14

こんな山の中でバイクの音が響いてたので、暇な人がジムカーナでもして遊んでるのかと思ったら

鬼が養成されてたっ


イメージ 15

愛媛の白バイ隊はこんなとこまで練習にくるのですね


最後はブルブル震えながら車に戻って、思いっきり暖房かけて帰りました

それでも寒かったので、久しぶりに引地橋で山菜そば

イメージ 16

ズルズルといけない極太ブチブチそばが懐かしい
 四国の蕎麦はこんな感じですからね


走行距離36kmで獲得標高1212m
所要時間は3時間くらいでした。

あと1枚ギアが欲しい〜っ


イメージ 17



開くトラックバック(0)

先月「エスエルで走る。」でポタリングしたときに動画も撮ってたの。

よぅよぅ(やっと)編集終わって公開したら、それで安心しちゃってて、日記でお知らせするのを忘れてたっす
 まぁおもしろみはないけど




そしてお休みな本日も絶好のサイクリング日和だったわけで

今日はどこへ行ってたのでしょうねぇ


それは、また後日公開で
 あぁ室戸の動画も編集しなきゃ

今日は出発から折り返しまでほぼインナーローの旅


イメージ 1

開くトラックバック(0)

ぐるっと高知サイクリングロード走破めざして

室戸世界ジオパークコースの後編です。

ここからは山ですよ!


国道55号線を離れ、国道493号を北へ


すると、あっちゅうー間に北川村

イメージ 1

こちら『モネの庭マルモッタン』はフランスにあるモネの庭を再現した庭園ですが、

見学してる時間がないのでパスっ



さらに進むと、高速道路の入り口が現れます

え?こんな田舎に

どこまで行くの

と思うことでしょう


行き先は・・・入るんじゃ無かったと思うくらい、さらに山の中。

美味しい話にのこのこ着いて行ったら身ぐるみ剥がされて山に捨てられたような気分を味わえます


最終的に、いつかは徳島県側に抜けるようですが、これから走る道のりを考えると、私が生きてる間に繋がることはなさそうです


奈半利川を渡る手前に突如現れた公衆トイレ

イメージ 2

この先、北川温泉までトイレが無いので、ピンチになる前にどうぞ


その奈半利川を渡ったところから安芸室戸パシフィックライドのコースと重なります。

イメージ 3

12月には、あそこを左から走ってくるのですね


この辺りから道はゆるゆる上り始めますよ

すると、川からすごい水の音が

イメージ 4

長山発電所からの放水でした

直径50cmくらいの穴から水が出てるんだけど、凄い勢いでっせ

着水点なんかこんなの
イメージ 5

この迫力!何か楽しいことに使えんかいな


山を上るよ

ときどき集落がありますが、基本、あるのは山と川と、柚子の畑

イメージ 6

赤い鉄橋が見えたら安芸室戸パシフィックライドの第1エイドステーションになる北川村小島


北川温泉がリニューアルされてむちゃくちゃ綺麗になってますね

イメージ 7

バイクで来てたら入ってみたいとこですが、今日はパス


小島地区を過ぎると最初の難所が待ってます

イメージ 8

これがまた、崩落した国道の迂回路として作られてるもんだから、無神経に激坂(笑)

パシフィックライドではお腹いっぱいの休憩直後だからウップ

ってことになる斜度10%超なのです


意地でも出すなよ


この後もしばらく上りが続き、平鍋ダムを越えると下って少し平坦

イメージ 9

狭い道なのに、ダンプカーがたくさん走ってて怖かったんですが、あちこち復旧工事をしてくれてるからなのですね

ダンプの運ちゃんは自転車に気付きにくいので、山道ではフロントライト点灯で走りましょう


まもなく眼鏡橋が見えてきますが、渡っちゃうと馬路村にいくので真っ直ぐね

イメージ 10


この橋から上流はダムが無いので、川がさらに綺麗になります。

イメージ 11

この先、道は山の北側になってしまって、ずっと日陰


でも斜度2〜3%でゆるーく上ってるから身体は温まりっぱなし


安倉とゆー地区を過ぎるまで、国道らしく2車線だったり、急に1車線になったりしますが、この先からは本格的ヒルクライム区間ですよ


うりゃぁ〜

上れ〜
イメージ 12

キツイのはヘアピンカーブを越えるまで!

ヘアピン!

ヘアピン!

呪文を唱えてペダルまわせ


ア! アケビ ダ

イメージ 13

あなた、よく見つけましたね


クイモノ レーダー トウサイ ダ


ちょっと旬を過ぎてるようなので、これは鳥さんに残しておきましょうか。


とゆーのがヘアピンカーブの一番キツイ場所(笑)
 休んでたわけじゃないからね


ブドウみたいな木の実もなってたよ

イメージ 14

ヘアピンのキツイとこが斜度10%ないくらいで、ここを越えると3〜4%に落ち着きますよ

あとは息を整えながら四郎ヶ野峠へ

イメージ 15

北川温泉から50分ほどでした


ここからはヒャッホーだよ〜

ヒャッホーし過ぎてあの世まで飛んで行かないように

イメージ 16



廃校へ行こう

1時間もかけて上ったのに、下りは10分


下りたところがパシフィックライドの第2エイドですが、今日は何もないので通過。

するとあっとゆー間に海に出ます

イメージ 17

海と山がむっちゃ近いね


そして、ゴールの室戸岬は果てしなく遠い

イメージ 18

今日は海が青いのに、綺麗なうねりが入って、ずっと見てても飽きない波だったよ


ミサキノ ヒガシハ ヒガ クレテル ネ
イメージ 19

波だけに日が当たってるようで、海がますます綺麗に輝いてました


マジ、これは悟り開くまで飽きずに見てられるぞ


とくに面白いものもなくたんたんとペダル回して室戸市佐喜浜へ

イメージ 20

あの山の向こう側を走って来たがやなぁ


日が西に傾くと、ちょっと黄昏れるよね


夫婦岩まで来ると、ゴールも近い

ジオパークセンターまで10kmないからね

イメージ 21

小腹が空いたので補給休憩ちう

なんとか、明るいうちにゴール出来そうです







がっ!



寄り道。

イメージ 22

どうしても行きたかった廃校水族館

イメージ 23

到着は16時だったので、下校時間17時になんとか間に合いました


入館券がステッカーになってるよ
イメージ 30

嬉しいことに、検印には「出席」と押印してくれます



イメージ 24

オォ コレガ レイノ キケンナ プール カ

一緒に泳ぐと噛まれるかな?


イメージ 25

コイツ ネテルノ カ?

 亀さんは寝るとき、岩とかに手を引っかけて寝るそうですよ

マダ エイギョウチュウ ダロ! シゴト シロヨ!!

 そっちかぃ



イメージ 26

コノ サカナ カワイイ デスネ

 猛毒ですけどね



廃校水族館は大きな水族館ではないですが、ほのぼのと過ごせる施設なのでぜひ立ち寄っていただきたい


30分程で見て回って出てみるとすっかり夕暮れが迫っておりました

イメージ 27

廃校水族館から室戸世界ジオパークセンターまではほんの3kmほど。

夕暮れの余韻を楽しみながら17時にゴール到着です
イメージ 28

10時にスタートして17時到着なので、設定通りの7時間で回ってこれました。

走行距離は106km

獲得標高も715m

と、上級コースとしては走りやすくて、

海、川、山と変化に富んだいいコースではないでしょうか


とゆーわけで、星5つ



で、室戸からの帰り道
亀のバス停のとこでだるま夕日が見られました
イメージ 29

なんて偶然

でもコンデジではコレが限界


開くトラックバック(0)

ぐるっと高知サイクリングロードを走ってみるコーナー


久しぶりにこの企画でございます

あれ?コンプリートしたんじゃなかったの?


いつだか全部走ったって言ったような気がするけど、コースマップ見てて肝心なとこ忘れているのに気付きました


とゆーわけで仕事休んで走って来ました

(上級)室戸世界ジオパークコース


まずは室戸岬まで車で移動

高知県東部も高速が延びて、室戸岬がずいぶん近くなりましたね

ぐーぐるさんに聞いたら2時間半やって


7時前に出たら楽勝じゃ



と思って東部自動車道乗ったら、出口の芸西村から安芸市までクソ渋滞しとるわ


チャリ並の速度。信号待ちを考えたらチャリのが速い

通勤ラッシュってこんなに混むんやね
 あと1時間早く出りゃよかったよ


計画から30分遅れでデポ&スタート地点の


に到着

身支度整え、さぁ出発


イメージ 1

10時スタートで105kmのコースを走りますよ〜
 設定時間が7時間やけど、日暮れまでに帰れるのか!?



海洋深層水の工場(?)を左に見ながら室戸岬を目指します
イメージ 2

実はこの辺りの右手の山にちっちゃな神社があるのですが、

イメージ 3

2月頃にはこの周りの畑に菜の花が咲いて、神社側から輝く海が見えて、とても綺麗だったんです。昔は。

今は海側に工場が出来たので非常に残念なのです。

こんなちっちゃな景色だけを保存してくれるわけないもんね
 


幾つかある「室戸岬」のうちで一番好きな岬に到着
イメージ 4

ここはいつ来ても海がキラキラしてて気持ちよいのよ

今日は台風のうねりが入ってて、荒々しい海ですね


ここにある観光案内所のおじさんと自転車談義に花を咲かせて再び先を急ぎます。
 
わざわざ高知市内からボランティアの自転車ガイドとして来られてるそうですよ。

徳島からここまでほとんど何も無いから、自転車旅の人にはありがたいですね



上りたくもない室戸スカイラインの坂を横目に。
イメージ 5

いつもこの下を走る時には向かい風


本日もなかなかの強風で、前に進みませぬ


室戸市街地を抜けると気になるモノが目に飛び込んできますよ。

気付くなっ!と言われても見てしまう

奈良師かめたろう」って名前のついたバス停待合所

イメージ 6

前の綺麗な砂浜に亀が上陸してるのでしょうね



ずいぶん走ってきた気がしますが

イメージ 7

室戸岬からまだ10kmでこんな感じですよ




スタートから約18kmで道の駅キラメッセ室戸に着きました

ホッ
イメージ 8

ここまでずっと向かい風で疲れ果てました。

ちと休・・・憩・・


んがっ!



安定の定休日でした



仕方ない、先を急ごう。

吉良川のまちまみ

室戸市の吉良川町は明治から昭和初期にかけ、土佐備長炭の問屋街で栄えたそうです。

なので、古い町並みには立派な家も多く、中でも見て欲しいのは「いしぐろ」と呼ばれる綺麗に積まれた石垣なのです。


イメージ 9


海の石を並べているので、丸い石で構成されてます。

イメージ 10

見事な積み方

あ、お気づきになられたかな?

あまりに堂々と書いてるので誤字なのか本気なのか分からないのですが・・・
 

イメージ 13

こちらは町の西側に展示してあります



吉良川の町を抜けて西へ進むと羽根岬へ


この岬を回ると、風向きが変わることがよくありますね

イメージ 11


その岬の海側に弘法大師にちなむ祠があるのですが、見事に破壊されてましたよ
イメージ 12

先日の台風のせいだと思いますが、この場所で建物自体が残ってるのは逆に凄いのかも



奈半利町で捕まらないために。

コースは奈半利町で国道493号で山へと入っていくのですが、その交差点付近に大変な情報が書かれております


イメージ 14

これは素通りしたら逮捕されちゃうのかぃ

罰金とられると堪らんので、八条を守っておこうか。

【1条うまいものあるぜよ】
ちょうどお昼だし、”奈半利のおかって”とかゆーのに行ってみるか・・・お休みでした

【2条古い町並み見ていきや】
通り沿いは昭和チックな古い町並みでした。もっと古い町並みはどこにあるのでしょ(^^;)

【3条こじゃんと澄んぢゅう海】
中まで覗いてはいませんが、羽根岬からここまでの海は綺麗でした

【4条ふといあいがおるで奈半利川】
ふとい愛が!?違った。土佐弁の鮎ですな。もうシーズンオフなのでお目にかかれませんでした。

【5条べっぴんさんもどっさり】
異論ございません。好みは人それぞれですから

【6条びちびちのいおがおる港】
どこの港かな?びちびち=新鮮、いお=魚ですね。3条にもあるように、魚がいないわけのない海です。

【7条ぎっちりであい博】
土佐であい博って何年前だっけ?高知県民はお節介が多いので困った顔してるとメンドクサイくらいに人が寄って来ますな(笑)

【8条脱藩もんもかまんぜよ】
他県を脱藩される方、どんどんおいでください。私も脱藩者なんで、8条もクリア、と。


1条をクリアするため奈半利駅に行ってみました

イメージ 15

ちょうどごめんなはり線の展望車が走ってったよ。

ここまで汽車で来れるので、輪行してスタートもOKだね


この周辺には物産館やスーパー、コンビニもあるし、美味しいとんかつ屋さんもあるので、食べることには困りませんよ〜


でもここから先は何も無い!

水と補給食を忘れずに


つづく。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事