ここから本文です
雨男ながって!
Twitter フォローしてやってね 【@HTRkk460]】

書庫自転車

サイクリングのことなど
記事検索
検索

シコイチのヨン

最近は車中泊ってのが流行ってますけど、
 
 
自転車なので常に車外泊
 
 
 
道の駅伊方きらら館では軒下にサイクルラックがあったのでどちらかとゆーと
 
  
 
車下泊
 
 
ですがなにか?(笑)
 愛車眺めながら野宿するって幸せ
 
 
 
とは言ってるけど、時間が押してるので0時過ぎには出発ですわ。
 
 
 
そのまま寝袋袋(シュラフカバー)に入ろうと思ったけど、
 
ちょっと汗がべたつく
 
 
ので、 
 
トイレの個室で着替えて、身体を拭いて
 
レーパン以外は軽く洗った。
 
これも想定のうちで、洗濯用ジップロック持参
 
 
それだけでさわやかさが違う
  
 

愛媛県の道は自転車が走りやすい 

 
仮眠時間は3時間と決めてアラームセット
 
0時過ぎに寝床から這い出す
 
たった3時間でも頭はすっきりした。
 
洗濯したジャージやアームカバーは当然まだ乾いていない。
 
走りながら乾かそう。
 
 
MORETHANのレッグカバーは乾いていないのに不思議と冷たく感じないが、
 
ジャージは流石に寒い。
 
ウィンブレ代わりのモンベルのレインウェアを着た上に濡れたジャージを着る。
 
走り出すとすぐ、東の海を照らす月が見えた。
 
イメージ 1

国道378号「夕やけこやけライン」に入ると月は山側になるので、
 
伊方きらら館で休んだのは正解だったかもね。
 
 
 
道の駅から保内町までもやはり上ったり下ったり
 
下りでは濡れたジャージが体温を奪い、
 
上りでは濡れたジャージが身体を冷却してくれる。
 
そして保内町のコンビニについた時にはすっかり乾いていた
 
 
1時20分
コンビニで朝食
 
朝というには早すぎるか。
 
また地べたりあん。
 
この旅で、朝食だけは日に3回くらい摂ってた気がするな(笑)
 
 
 
保内町から長いトンネルを抜けると瀬戸内海
 
机上の計画ではここで夕焼けを見るはずだったんやけどな。
 
時速20km計算は、やっぱり無謀やったか
 
 
 
宇和島でも、佐田岬でもそうやったが
 
愛媛県に入ってからずっとブルーラインが引かれていて、
 
どこに向かってて、道の駅まで何キロあるかが分かりやすい。
 
いつか、四国全域にブルーラインが引かれるといいな。
 
 
 
 
2時45分 長浜町に到着
 
イメージ 2

ちょっと国道から逸れて、長浜大橋を渡る
 
日本最古の可動橋らしい。
 
とーぜん、夜中に動くはずがないが、記念に渡っとこう。
 
 
 
 
4時を過ぎたころ東の空が明るくなり始める
 
イメージ 3
 
後ろから明るくなった昨日とは違い、
 
夜明けに向かって走る。
 
四国の反対側に回り込んだことを実感
 
  

ちょうど「下灘駅」の近くだけど、
 
夜明けまでは待てないので青春18切符ごっこはやめとこう。
 
 
標高100mほどの峠を越えたところで、睡魔に襲われた。
 
峠の自動販売機前にベンチがあったので補給がてら休憩。
 
20分ほど横になったろうか?
 
記憶なかったな(笑)
 
5時半リスタート
 
 イメージ 4
 
霊峰石鎚を望み峠を下ると伊予市に入る。
 
なんか凄く久しぶりの 
 
そして、久しぶりにがいる 
 
 
電車だ!電車だ〜!
イメージ 5

高知で「電車」といえば路面電車やきねぇ
 長い電車は珍しいのだ(笑)
 
伊予市のコンビニでイートイン 
 
本日二回目の朝食
 
まだ早朝だけど、4時間走ってるからお腹空くよね〜
 
眠気防止にレッドブルをドーピングして出発。
 
 
 
7時前に松山城下を通過
 
イメージ 6

山の上過ぎてお城がどこにあるのかわからない。
 
 
県庁前の一番中心街を走り抜けたけど、とても走りやすかったな。
 徳島県庁前は走れたもんじゃなかったよ
 
 
走りやす過ぎて、松山市内をあっとゆー間に通過。
 
 
古いバイク仲間が連絡くれた時には北条の手前だった。
 
 
そして本日三回目の朝食。
 
ちょっと食べ過ぎかも
 
どうしても小腹が空いてたのと、ボトルへの水補給。
 
 
海沿いに出ると瀬戸内らしい風景にテンションあがってスピードもアップ
 
イメージ 7

海が青ーーーい!
 
イメージ 8
 
調子乗って走ってたら8時前に北条の道の駅 風早の郷風和里に到着
 

開店してないのでスタンプゲット成らず (・Д・`)ヤッテモタ
 
 
 
 

 
イメージ 9
 
気をつけて走ってますよー(≧▽≦) 

天気も良いし、とにかく気持ちいい。
 
今治が近付くと対向してくるサイクリストも増えた。
 
外国人カップルが多いな
 
 
 
ゾーセンショ ガ イッパイ ダヨ
 
イメージ 10
 
なに持ってんですか?
 
オヤツ ノ カキピー
 
ダンボーさんってお金で動くのではなかったっけ???
 
ドウリョク ハ オカネ ダガ オヤツ ハ クウ
 
 
 
とゆー一人遊びをしている後ろをローディが追い越して行く(〃艸〃)ハズイ
 
 
 
 

500km通過!

 
今治市に入ったら目標は糸山公園
 
サイクリング四国の一周コースに糸山は入っていない。
 
しかし、ここまで来たら寄るしかないっしょ
 
糸山に行くには波方方向に
 
と思いながらなぜか迷子
 
どっかで案内を見落としたか
 
国道196号を突っ走ってしまい、途中から余計な峠越えを強いられた
 
朝ご飯エネルギーの浪費でしかない。
 
イメージ 11
 
疲れ果てた姿を自撮り、、、実は余裕なのか(笑)
 
 
10時15分 糸山公園に到着
 
イメージ 12

ルート外なので当然スタンプなし

 
いっそのこと橋を渡りたいよーーー!
 
 
 
けど、まだ四国の半分しか回ってないきね。
 
しまなみはまた今度。
 
イメージ 13
 
ジャア コンド ジェラート クイニ イコウ ゼ !
 
 
そうですね
 
なんだか今は自走でもジェラート食べに行けそうな気がしてます
 
 
ここまで走って1000km中565km
 
やっと半分なのにゴールの方が近い気がしてるから不思議
 
 

イメージ 14

開くトラックバック(0)

いやぁ、自転車もブログも
 
進まない、進まない(笑)
 
 
前回の日記で出発からほぼ24時間、
 
353km走って八幡浜港まで来ました。 
 
 
ここからがおそらく、今回の一番の難所と思われます(`・ω・´)キリッ
 
 
 

苦行の佐田岬灯台行き

 
八幡浜の道の駅みなっとでスタンプを押して40km先の佐田岬灯台を目指す
 
イメージ 1
 
国道を走ると山越えになるので、海沿いから保内町に回り込むのだ
 
そーすると、 
 
和菓子の城が見えてくる
 
イメージ 2

工場見学出来るらしいよ。 
 しかし今日は日曜日なのだ 
 
国道197号に戻るとすぐさま上り坂 
 
佐田岬に行ったことのある人なら分かると思うが、
 
とにかく上がったり下がったりなんだよ。
 

しかも、決して緩くない
 
 
なんでこげに上げたり下げたりすんねん
 
今回、綺麗な道を自転車で走ってて思った。
 

 
綺麗な道は、自動車のための道
 
 
歩行者や自転車が通るべきじゃないね
 
 
尾根筋を通る道は眺め良くて気持ちいいけど、
 
上からみて真っ直ぐな道は、横から見るとノコギリの歯のよう。
 
 
坂を下ったと思えばまた上り、
 
上ったと思えばまた下る。
 
昼過ぎから佐田岬を目指そうなんて、
 
帰りは確実に日が暮れてる。
 
 
 
苦行でしかない。 
 
 
 
 
17時前に三崎港に到着。
 
イメージ 3
 
最後にここへ来たのはもう20年近く前か?
 
綺麗になってるな
 

 
ここまで35kmほどしかないはずなのに、所要時間2時間半
 
ここから灯台まではさらに14kmほどあったはず。
 
 
お腹減ったのでコンビニでしっかり弁当食っとくよ。
 
イートインスペースあるけど、地べたりあん。
 
とにかく座り込んで身体を伸ばしたい
 
 
夜に備えて夜食も買った!
 
さぁ行くぞ。
 
 
 
 
いきなり斜度7%の上り坂
 
三崎を過ぎたからといって状況が変わるわけでもなく、
 
上ったり下ったりの尾根筋ライドが続く。
 
 
いくつか分岐点があったが、そこは愛媛県。
 
しっかりブルーラインが引かれてるので迷うことはない!

 

佐田岬灯台へ!
 
迷わず、すす・・・め? 
 
  
何で下らなあかんのよ〜 
 

 
イメージ 6

 

真っ直ぐ行きたい
 
 
昔来た時はこんな坂なかったど。
 
 
もっと狭くてくねくねした道やったと思うけどな。
 
 
 
やっぱり、
 
新しく綺麗な道は、自転車向きではない 
 
 
 
でも、これ上ったらきっと灯台まで下りだよね
 
 
と信じてペダルを回す。
 
 
ゆーーーくり下り基調。
 
 
 
そしてカーブを曲がって見えたのは
 
 
 
 
 
 
10%の激坂上り
 
 
 
 
 
ふざけんなーーーーー 
 
 
マジで吠えた。
 
 
自転車投げたろかと思うたわ、
 
 
 
 
 
 
18時 そんな苦労をしてようやく
 
イメージ 7


佐田岬灯台駐車場に到着。
 もちろん灯台まで歩く気はない
 
 
向こうは九州佐賀関ですよー (」・∀・)」 オーイ
 
 
風が強くてむっちゃ寒いわ
 

 
あ、こらっ!
なに隠れてンだ
イメージ 8

 
ダッテ サムイシ カゼデ トバサレ チャウンダ モン
 
 
駐車場からは灯台の頭がちょびっと見えるだけですが、もう十分です。
 
九州見えたしね
 
さぁ戻ろう。
 
 
そう、3時間半かけて来た道をまた戻る。
 
 
いっぱい上ったからって下れるわけじゃーねーのだ
 
 
帰り道は旧道っぽい道を選んだら坂が優しかった
  
イメージ 9

 
バイパスなんて言葉に惹かれてはいけないと思った。
 
 

オバケとか不安になるのは余裕があるからだろう

 
いつの間にか辺りはすっかり暗くなる。
 
三崎港に戻って来たのが19時半。
 
灯台から見えていたであろう船が入港準備をしている。
 
八幡浜に戻れるのが22時過ぎか。
 
夜の山道になるとぐっとペースが落ちるだろうな。
 
おやつは持ってるので、行きしのコンビニには寄らなかった。
 
 
標高3mほどから230mまで、10kmほどの長い坂を上る。
 
尾根筋に立ち並ぶ風車の轟音が響く。
 
時折、フクロウの声や、何かの気配がするが
 
振り向く余裕などない。
 
 
フェリーから下船したであろうトラックが猛スピードで走り抜けた後には
 
静寂のみが広がる。
 
 
辺りは真っ暗。
 
そこに何かいたとしても、今は怖いと思う余裕などない。
 
どーにでもしてくれ。 

 
 
ペダルを回さないと進まない。
  
それでもスピードは10kmくらいだろうか。 

ヘッドライトが照らし出す前方に意識を集中していないと平行感覚がなくなる。
 
疲れと、眠気もあり、
 
まるで宇宙空間にでも居るような、ふわふわとした不思議な感覚。
 
 

 
未知との遭遇か!
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
だーれも居らんとこで展望台だけがミョーに賑やか
 フェリーから見ても目立つろうね
 
 
 

21時半、伊方町の道の駅きらら館に着く。
 
 
 
仮眠しよう。
 
 
 
もう、目標から遅れた時間は取り戻せそうにない。
 
仕切り直しだ。
 
 
 

ここまで1000km中の447km
 
スタートから32時間30分経過


7時間経ってもまだ佐田岬半島脱出できんがで
 
 
イメージ 5

 
 

開くトラックバック(0)

シコイチのイチ

おまたせしました!
 
シコイチ報告日記です
 
 
シコイチ・・・
 
 
それはアワイチとかビワイチとか、カスイチとか
 
 
 
全国的に有名になってる○○イチに比べて何故か人気のない一周モノ
 
 
 
そりゃそうだ。だって一周
 
 
 
 

 
1000kmあるんだから(爆)
 
 
 
なんで1000kmも自転車で走っちゃおうと思ったかというと
 
 
 
これが原因
 
 
  
 
 
 
 
 
四国4県を回って道の駅でスタンプ押してくると、認定証が発行されるというイベントです。
 チャレンジキットへの申し込みが必要となります
 
 
どうせならスタンプで認定受けるより、完全一周で認定されたいよね 
 GPS記録での認定は総走行距離500km以上で4県通過している必要があります
 
 
 
 
STRAVAの最長距離を更新出来るし、
 
四国を縁取り出来るんよ
 
 
ほらっ(笑)
  

 
イメージ 1
 ※途中で内陸部を走ってるのは推奨コースの四万十川を走ったからです
 
 

気軽な気持ちで6月2日13時スタート

 
イメージ 2
 
梅雨入りしたばかりだとゆーのに、むっちゃえぃ天気です
 
梅雨入り発表後の1週間は良い天気が続くと読んでの計画なので予定どおり。
 
 
仁淀川河口大橋をスタートとゴールにして、時計回りに走ります。
 
 
完全一周とは言ってますけど、アホみたいなしんどさはヤなので横浪とか
 
やたら細い県道なんかは走らない方向で(^_^;
 
 
先は長いので25km/h巡航を目標に
 
 
普段は余裕の速さやのにな
 
 
一生懸命踏まないと25km出ないんすけど
 ちょっとだけ向かい風ではあったけど
 
どうも、前日の寝不足と昼飯抜きが祟ってる 
 いやきっと荷物と装備が重いからだ
 

第1PC 道の駅あぐり窪川


余裕なはずの浦ノ内コースで須崎市まで。
 
1時間も掛ってしもうて、はやから疲れてる
 
まだ30kmも走ってないのに、須崎市で補給休憩とっちゃいました
 ここからすでに休みすぎの予感が 
 
イメージ 3

最初の難関、久礼坂はのんびり登坂
 
 
今日はお遍路さんも
 
自転車旅の人も
 
だーれも居なかった。さびしい。
 

土曜日だからサイクリストの一人くらいいるかと思ったけど

だーれも居なかった。
 
梅雨入りってだけで走る気なくなっちゃうのかな?
 


計画では15時44分に到着して30分休めるはずが
 
イメージ 4

到着は16時
 
うーん、坂がきつかったからねぇ
 
ここから下り基調で挽回出来るはず。
 
 
 

第2PC 土佐くろしお鉄道中村駅

 
西日に輝く四万十川
イメージ 5

 
三島沈下橋と鉄橋
イメージ 6
 
 
18時20分 道の駅四万十とおわ到着
イメージ 8
 
日が暮れそうなので夜間走行の準備
 
今回は夜間走行が流そうなので、Volt800,を筆頭に自転車にライト3灯とヘルメットにも1灯装備。
尾灯も3つ装備してますよ。
 
  
 
19時24分 増水で流されてしまった岩間沈下橋横を通過
イメージ 7
 
分かります?橋の左側が繋がってないんですよ
 
早く復旧されるといいな
 
 
 
写真では明るく写ってるけど、もう辺りは真っ暗
 
 
ここから中村までは
 
狭ーい
 
暗ーい
 
誰も居なーい
 
田舎の一本道
 
 
蛍出てる頃なんだけどなぁ
 
 
ライト消してみたら真っ暗過ぎて平衡感覚なくなった
  
 
カエルの声が凄かったな
 
 
中村に入る直前くらいでチラホラ蛍が飛んでました
 全行程で蛍に逢えたのはここだけだったよ
 
 
中村駅に着いたのが20時50分
イメージ 9

予定より20分遅れてる 
 写真休憩が多すぎやってね
 
この先は食堂なんか開いてなさそうなので、しっかり補給

イメージ 10
 
ラーメンの塩分が身体に染み渡りますわぁ 
 
さらにコンビニで補給食を購入して足摺岬を目指します
 
 

第3PC 佐田岬

 
お腹いっぱいになって元気回復かと思いきや、
 
今度は睡魔に襲われ脚が回らない。
 
 
いやいや、
 
回らないんじゃなくって踏ん張りがきかない
 
GW明けから踏ん張りがきかず、自転車乗る気も無かったやん
 
シコイチはゆっくりやから踏ん張れんでもえぃかと出発したけど
 
やっぱり乗れてる気がせんことに、150km走ってやっと気がついた。
 
 
 
 
まぁ、走るの嫌になったらやめたらえぇか
 
 
 
イメージ 11

そんなこと考えながら走ってたら海から月が出た
 
海に映る月って、久しぶりに見たな 
 
 
 
国道321号で土佐清水の街に入る手前を県道の細ーい道へ
 
 
 
四万十足摺無限大チャレンジライドのロングコースになってた道。
 
 
むっちゃ細いし、暗いわ
 
 
お化けでるかもぉ〜
 
 
うわっ出たっ
 
 
体調1mくらいのイノシシが駆け抜けた
 
 
 
県道27号に入ると眠気も増してさらにペースダウン
 
お化けでも出た方が早く走れるのに。
 
 
イメージ 12
 
どこを走ってるのかもわからないまま足摺岬に到着
 
0時15分
 
予定から1時間遅れだけど、睡魔に勝てずベンチに転がる
 
30分くらい寝たかな?
 
寒さで寝てられず出発
 
なんとか1時間ほど頑張って道の駅めじかの里土佐清水で再びダウン
 
ここでは覚悟を決めて寝袋にIn
 
 
ここで一応、1日目の区切りをつけました
  
二日目に続くよ
 長くなるのは覚悟しろ
 

 
イメージ 13

開くトラックバック(0)

明日から(これ読んでる人には今日か
 
早々に夏休みをいただいて自転車乗ってきます
 
 
さていくつスタンプ押せるかな
 
時間と電池に余裕があればブログとツイッターで経過報告入れますね
 
 
まずは愛媛から

開くトラックバック(0)

ま、なんとか生きてます
 
 
なぜかモチベーションが上がらないので
 
 
良い季節なのに全然走っておりません。
 
 
自転車よりバイクの方が出動回数多いくらいで
 それでも通勤だけはチャリンコ漕いでます
 
 
ろくに更新もしてないのに、そこそこ覗いてくれてる方がいらっしゃるのは
 
ありがたいことです m(__)m
 

 
 
  
 
 
もうすぐ梅雨入りだねぇ
 
雨の中を走ることもあるので、泥よけ買ってみたよ
 
 
一昨年、雨のパシフィックライドを走ってみて
 
後ろに着くと泥はねしてヤダなぁと思ったからね
 
 
その装着感なんか確かめるためにちょっとお散歩してきたのです
 
 
 

お仕事忙しくて睡眠不足のまんま 
 
 
睡眠不足だと身体重いし、脚も回らないし、
 そーいや朝も昼もろくに食ってない(笑)
 
 
ぜーんぜん走りたくないんよねぇ(笑)
 
 
どこ行こう? 
 
迷った時の行き先は二択
 
仁淀川を上流に走るか、横浪一周
 
 
今日は装備確認なので、山有り谷有りな横浪に行くですよ
 
イメージ 1
 
紫陽花が良い感じに
 
 
 

仁淀川河口に近付くと 
 
イメージ 2
 
 
ムワーンとした川の香りに、潮の香りが混ざり、
 
そこに山の新緑の匂いが加わって、もうすっかり初夏に味付けされた風が吹いて来る
 
 
夏に自転車乗ってると、高校時代の思い出がよみがえってくるんよねぇ
 
 
 
おっさんず青春
 
 
 
 

ちょうど良いくらいの曇り空
 
そろそろ梅雨入りしそうだね
  
イメージ 3

山を上り始めてもやっぱり身体が重い

睡眠不足もあるけど、先週から異常に下半身に力が入らないので、なんか病気なのかな?
 
先日なんか会社の階段上るのに息切れしたよ
 
 
 
頑張る気力もわかないので、緑と初夏の空気をしっかり味わいながら坂上る
 
 
 
泥よけはゴムバンドで固定するだけの簡易的なものだけど
 
イメージ 4

横浪では問題なく走れましたよ
 
肝心の泥よけ機能は分かりませんけどね(^^;)
 
 
 
シートのバッグももうちょっと荷物入れて重たくなるかな
 
イメージ 5
自転車装備的には問題なさそう。
 
 
しかし、履いて行ったレーパンがよろしくなかったなぁ
 おまたが擦れた>_<

 
ちょっと考えねば
 
 
おっさんず青春は終わらない。
 
 
 
P.S.
土佐センチュリーライド受付始まってますよ
 
四年ぶりにがんばろう!と思い立ちました

  
イメージ 6


開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事