ここから本文です
リッジサイクルの作業風景などなど (^^)

*** 太字部分が追加情報です!( 8/20 )

★8月の店休日のお知らせ★

(基本的には火曜日、祝祭日&イベント日が店休日になります!)

4日(12時間エンデューロ in オフロードビレッジ)、7日、

13日〜17日(夏休み)、19日、21日、28日、

30日(出張作業)

を予定しております。よろしくお願いします。

*上記予定に変更がある場合には、その都度こちらでお知らせいたします。


★営業時間のお知らせ★

平日の営業時間は、これまで通り13:00〜19:00ですが、

イベント等のない週末(土・日)は10:00〜19:00になります。

*上記営業時間内でも急用にて不在となる場合もございますm(_ _)m

この記事に

開くトラックバック(0)


当店のCRF250ラリー、これまではスマートフォン充電用のUSB電源ソケットをメーター上に設置したりしてたんですが、接続時には防水ではないのでこれからの梅雨時期にはちょっと心配も... それにいろいろと後付けの電源等が増えてゴチャゴチャしてきたので、ここら辺でちょっとスッキリさせておこうかと。

増設してある電源は以下の通りです。

★スマートフォン充電用USB電源(独立スイッチで ON/OFF 可能に)&LEDインジケーター用電源(充電時のみ点灯
★GPS用のUSB電源(キーONで常時)
★ETC用の電源(キーONで常時)
★空燃比計の電源(キーONで常時)

視界に入る部分をスッキリさせる&雨対策でUSBケーブルの接続部はシート下に移設、増設用の電源はアクセサリー電源を引き直してあります。

イメージ 1

スマートフォンの充電は走行中でも任意のタイミングで ON/OFF したいこともあり、スイッチを追加して充電中にはLEDインジケーターが点灯するようにしてあります(ETCの下側にあるスイッチとオレンジのLEDインジケーター)。

GPSは乾電池でも稼働するんですけど、肝心な時に電池切れ・・・ということも多いので、今回車両側からの常時電源を確保しました。

それからついでに空燃比計も設置してみたり(スピードメーターの下側)。本来ならエキパイに取付ボスを溶接してワイドバンドのO2センサーを付けたいところですけど、純正O2センサーから簡易的に空燃比を読み取るメーターが手元にあったので試しにそちらを取り付けて様子をみることに。数値そのものの絶対性はないですけど、セッティング変更のときにはとりあえずの目安にはなりますね。エンジンはノーマルで吸排気の加工をしている現在の仕様での数値は走行時で13.5〜14.6くらいを表示している感じです。ちなみにマフラーをノーマルと同じにしても空燃比系の表示数値はほとんど同じくらいだったので、ある意味マフラー加工は上手くいったのではないかと(^^)   (マフラー加工は2017年12月のブログをご参照ください)

そして最後に大事な充電電圧の確認です! 特にインジェクション車両はバッテリーが命です!! これをちゃんとやってないと、バッテリーが上がってしまう可能性もありますので(^^;) 今回は増設電源フル稼働でもちゃんとアイドリングから充電電圧は確保されていました。ただ、今はグリップヒーターを外してしまっているので、冬になってまたグリップヒーターを取り付けたら充電電圧の確認をしないと!!です。


この記事に

開くトラックバック(0)


 冬の間は大活躍してくれたグリップヒーターですが、最近はすっかりそのスイッチを入れることはなくなってきましたね... 次の冬までこのままでもいい気もしますが、オフロード走行を楽しむにはグリップヒーターはちょっと硬いんです...あと高価な部品でもあるので、使わない時期に壊したくないというのも(^^;)

 ということで、グリップ交換です! 

CRF250ラリーの純正グリップはオフロード系のパターンではあるんですが、握った感じはかなり硬い... 薄手のグローブだとツーリングでちょっと手が疲れやすい気がします。社外品も含めればそれこそ星の数ほどあるグリップですが、今回はホンダ純正部品の中から、握った感じのちょっと柔らかいグリップへ交換しました。パッと見た感じは同じようですが握った感じは全然違います! モトクロス用の競技車両でも使用しているグリップなので操作性もバッチリです。

イメージ 1

*上側:今回装着したグリップ。
 下側:CRF250rallyの純正グリップ

あとはワイヤリングして作業完了です。

この記事に

開くトラックバック(0)

初整備!?


ようやく気分的にシーズン開幕って感じになってきました!

…って、次戦はもうJNCC 第3ラウンドなんですけどね(^^;)

諸事情あって今年のレース車両(JNCC #2 渡辺 学)の車体整備するのは今回が初めてだったりします...開幕前にリムをDID・LT-Xに交換にしただけ。

いつもは開幕前に新車整備してからシーズンが始まりますが、今回は工場出荷の新車状態から大阪&熊本の2戦を走ってることになります。しかもパワーのある450㏄! どんな状態になってるのか? 実は興味津々のワタクシ…

『 やっぱり納車前の整備は大事! 』& 『450㏄ のパワーは凄い!』

ということを再確認!です。

さて今回は車体の状態の確認もあるので、気になるところを順番にチェックしていきます。
イメージ 1

イメージ 2

もちろん、ステムやスイングアーム&リンク周りは念入りに。
イメージ 3

基本的には経験的に良品と判断した耐水系のグリスをメインに使いますが、銘柄でいろいろと特性も違います。ベアリング部とシール部でグリスを使い分けたりすることも。メカニックとしての”遊び”ですね。相性のよくないグリスを見つけるのも楽しみの一つです(実験的な使い分けなどはもちろん自分の車両のみです)。

それにしても450㏄ のパワーって... 250FXの時と比較したら駆動系の消耗具合がハンパない・・・ やっぱりパワーを使える人が乗ると違うなぁ〜さすがマナブさん(^^)

あとはブレーキ周りのチェックで完了です。

この記事に

開くトラックバック(0)

長野方面でプチツーリング。

浅間サンラインからの高峰高原でパノラマを堪能してから野辺山まで南下してきました。今のCRF250ラリーの仕様だと50〜70㎞/h辺りで楽しくイイ感じに走れるようにしてあるので、40〜60㎞/hで流して走る一般道でのストレスは皆無(^^) そこそこ楽しい気分で走っても周りの交通のペースの邪魔はしないし、周りの風景もしっかり楽しめますね! 

イメージ 1
チェリーパークラインにて。ここから正面に見える八ヶ岳を見て野辺山へ行くことにしました。

イメージ 2
(^^;)スキー場周辺にはまだしっかりと雪がありますけど... 2000mの標高にも外気温の変化にも走行にはまったく問題なし! 

イメージ 3
野辺山の気温は13度くらい。日差しも十分で心地よく気ままにウロウロ...オフシーズンの静かな雰囲気を満喫してました(^^) やっぱり車体が軽いので、ちょっと止まって写真撮る!とか、ちょっとこの小道に入ってみよう!→通り抜けれずUターン...とか気軽にできるのがいいですね。

イメージ 4
野辺山に来ました!ということで定番の撮影ポイントにて。

今回は通常の試乗車のまま、街乗り&近場のプチツーリング仕様で来たこともあり山岳路ではとても気持ちよくキビキビ走るものの、移動区間でのエンジン回転がちょっと高くなりがちに(^^;) 今度は違うセッティングで走りに来たいですね(^^)

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事