ここから本文です
リッジサイクルの作業風景などなど (^^)
イメージ 10

先日の冷え込みもほとんどない日の朝、なんとなく春っぽいツーリングしたいな...と思ってカブでふらりと出かけました。とりあえず冬のあいだは行かない西へ。秩父か奥多摩か・・・走りながら進む方向を考えようと。檜原村から奥多摩湖へ抜けようかな、、と思いながら進んでると、上野原方面へ抜ける道の案内板を見てそちらへ進路変更。国道20号へ出てから西へちょっと進むも、カブで国道を延々走るのはあまり楽しくないんで、旧甲州街道の県道へ。中央高速と並走しながら談合坂サービスエリアでちょっと休憩、よく来るところだけど...なんか新鮮な気分(^^)
イメージ 1

時折、富士山がその美しい姿を見せてくれました。その富士山に魅せられるように次は河口湖方面へ進むことに。富士山はとても綺麗に見えたんですが、残念ながら湖畔桜の開花はまだ(--;)春までは一歩手前でした。。
イメージ 2

こうなったらスゴイ桜が見たいっ!と、次は甲府方面へ。富士山を背後に正面には南アルプスの山々が見える気持ちのいい道を通りながら、日本三大桜のひとつ・神代桜を見に行くことに。こちらはちょうど満開でした(^^)それから近くの桜並木にも行ったんですが、開花はまだでした... 
イメージ 3

イメージ 4

釜無川の川沿いの小道を走りながらの楽しいツーリング・・・いや、お散歩な気分。途中、壁面にトンネルらしき穴を発見!こちら側と壁面のあいだは深い谷…以前は橋がかかってたのか?トンネルの向こう側はどこに抜けるのかな?と探索するも発見できず(T T) 原付バイクでないとなかなか味わえない世界観です。
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

まだ陽も高いし、まだ帰る気分でもない…けど、もうこれより西へ進むとさすがに帰りがなぁ…と思いながら、本日の最終目的地を野辺山と決めました。そういえばほぼ一年前(去年のブログ:https://blogs.yahoo.co.jp/ridge_cycle/34993629.html)にもここへCRF250ラリーで来てましたね(^^;)
イメージ 8

帰りは富士山を眺めつつ甲府市街地を抜け、柳沢峠から奥多摩へ抜けて帰宅しました。
イメージ 9

本日の総走行距離: 415km
 消費ガソリン量: 8リッター!!!

さすが、スーパーカブです。

本日のカブ(C90)のエンジンは完全ノーマルの3速ミッションです。
今回はこのカブに乗りながら、いろんな道や速度でじっくり対話しながらツーリングしました。やっぱりカブなんで、遠心クラッチ&ロータリーシフトは変えたくないところ。ただ2速と3速のギア比が離れててその間が欲しいなぁ...とは思うものの、ニューロータリー式のまま4速ミッションで組むと4速からニュートラルへ入れるのが面倒な場面がある…だからといって完全ロータリー式で組むと幻の5速(ニュートラル)はまだしも、まさかの6速(1速)は非常にコワいし… 当然といえば当然ですが50㏄と85㏄では全然エンジンのフィーリングが違うし、ただ速い遅いだけでは片づけられない問題もあるし... 最初は短所だと思ってたところが実はすごく役に立つ!とか、こうしたい!と思ってたところが、そうするとこういう状況ではどうなの?とか...いろんな発見や新たな疑問・課題がありました。これまではマニュアルクラッチのモンキー・ゴリラ系が中心でしたが、遠心クラッチのカブの良さ&難しさも知ったので、これからは更にいろんなパターンのエンジンで遊べそうです(^^)

開くトラックバック(0)


   *** 太字部分が追加情報です! ( 4 / 14 ) ***


★4月の店休日のお知らせ
 
(基本的には火曜日、祝祭日&イベント日が店休日になります!)

3日、5日 7日(出張作業)、9日、10日(出張作業)、

16日、18日(出張作業&納品)、23日、

(GW期間中の店休日は近日中にお知らせします)

を予定しております。よろしくお願いします。
 
*上記予定に変更がある場合には、その都度こちらでお知らせいたします。
 
 
営業時間のお知らせ
 
平日の営業時間は、これまで通り13:0019:00ですが、
 
イベント等のない週末(土・日)10:0019:00になります!


*上記営業時間内でも急用にて不在となる場合もございますm(_ _)m
 
また時間外でもご連絡いただければ対応させていただきますので、
042-455-5473 または ridgecycle@outlook.jp までお気軽にお問い合わせください。
 
203-0032
東京都 東久留米市 前沢 4−3−7
リッジサイクル

開くトラックバック(0)


昨年末にCRF250ラリーで行った房総ツーリングでちょっと気になったこと・・・
それは走行時の消費電力です。アイドリング時の充電電圧はテスターで確認済みなんですが、走行時に作動することもあるもの…電動ファンがあります。
渋滞路でファンが回りだしたときに、今の消費電力って具体的にどのくらいだろ?って思って。。 まぁ、ずっと回ってるものじゃないし、そんなに気にする必要もないだろうとは思いますが・・・

イメージ 1

ということで、空燃比計と同じデザインのメーターで、電圧・時計・外気温が表示できるものがあるので装着してみました。ステーを作り直して空燃比計と並べて設置。

試しにアイドリング回転で、グリップヒーター(最強)、ハザード点滅、ブレーキランプ点灯、スマホ電源とGPS電源もONにしたところ、電圧計の数値は14.1Vより下がることはなく、バッテリー端子部でも十分な充電電圧を確認しました。外気温が低いこともあり、電動ファンが回ることはなかったですが(^^;)
とりあえず今のところ後付け電装品の消費電力は許容範囲のようです。

イメージ 2

ホントは外気温より吸気温度が知りたいんですが・・・温度センサー延長して、、なども考えましたが、その数値を知ったところで純正のECUではどうしようもないんでそのまま外気温計として使うことにします(--;)

開くトラックバック(0)


イメージ 2

ただ海で砂浜に座ってボーっとしたいなぁ〜っと思ってて、ようやくこの日が来ました! 晴天で風の穏やかな日(^^) 

イメージ 1

12月になってからずっと行きたいなぁ〜と思ってたんですけど、なかなか天気と風のいい日に合わなくて... この日は前日の疲れもあってツーリングに行くにはちょっと遅い朝で外環道はもう15km以上の渋滞だと… でも行く!っと決めてまずは利根川沿いを目指して出発しました。途中、あまりの交通量の多さに心折れそうになりながらも利根川に到着したときには やっぱり来てよかった(^^)  この解放感 !! 

途中、空を飛ぶ飛行機を眺めつつ、川沿いの道に沿って海へ。

イメージ 3

日差しも暖かく、吹く風も心地よく。 寄せては返す波をただ見ながらボーっと出来ました(^^)

心もスッキリしたことだし、のどかな海辺に来たかっただけだったので、また川沿いの来た道を帰るつもりでしたけど、今度は断崖絶壁が見たくなってきて…

イメージ 4

定番ですが、やっぱりここはいつ来てもその迫力に圧倒されます! ここでもしばらくボーっとしてたんですが、気がつくと波が高くなってきたので、急いで退散しました。

もうお昼も過ぎたし日が暮れるのも早いので、そろそろ帰ろうかな...成田空港経由で飛行機でも見ながら…と思って走り出すと、ちょっと思い出したことがありました。そう、房総といえば、素掘りのトンネルですよ! 昼間の明るいときには行ったことがあるトンネル群・・・夜の真っ暗闇ではどう見えるのか… ちょっと見に行きたくなってしまいました。 まぁ、西日に向かって延々と走って帰るのもツライなぁ〜ってのが正直なところでしたけど。。

有名な素掘りトンネルには灯りが点いてるところも多いので、今回は外灯の無いトンネルを目指して...  結果は・・・
イメージ 5

ただの真っ暗闇でした(^^;)

外灯の無い峠道や狭い林道を抜けて思ったことは、ヘッドライトの照射範囲がちょっと…光量不足ということはないんですが。見たい場所が見えない... (あとハイビームのインジケーターが眩しい… 今回初めてハイビームにしたかも...)この状態であちこち山中を走るのは時間もかかるし危険と判断しました。

ということで、他の真っ暗トンネルに行くのをやめて、照明のある定番の素掘りトンネルへと向かいました。
イメージ 6
イメージ 7

照明付きとはいえ、夜通るとまた昼間とは違う感じですね。

すっかり房総半島に長居してしまって、もう20時も過ぎたところ。。そろそろ帰らないと! こういう時に アクアライン ってありがたいです。

イメージ 8

ただ海が見たい・・・最初はそれだけでしたけど、とても楽しいツーリングになりました(^^)

そして、今回のツーリングで気になったこと... それが次のカスタム内容となるのか⁉

開くトラックバック(0)

イメージ 1

スプロケット交換のブログ以降、ちょくちょく聞かれる燃費に関する質問なんですが。。。

正直なところ、こればかりは路面やライダーの乗り方次第なんで・・・としか言いようがないんでこれまでネタとして取り上げてこなかったんですが、ここ最近スプロケット交換や燃費に関するお問い合わせが増えていることもあり、あくまでも私的な感想ということをお断りしたうえで、今回はそんな話を少々してみたりしようかな...と。

先日、ちょこっとCRF250ラリーでショートツーリングへ...っというか、移動途中の寄り道なんですけどね(^^;)
走行距離238kmで8割がオンロード(渋滞ほぼ無し)、2割がオフロードな感じです。オフロードはフラットダートがほとんどでサンド走行も10分ほどしてきました。満タンで出発して帰宅後に給油、6.1L入ったので、だいたい39km/Lです(バイクの仕様はタイヤが純正装着タイヤ、吸排気はノーマル加工、スプロケットは14−44Tです)。

ちなみに以前、店舗から奥多摩湖畔まで日中に往復したときは、オンロード(市街地は混雑、あとは空いてる峠道)のみ、上記タイヤ&吸排気、スプロケット13−44Tの仕様で40km/Lでした。

普段それほど燃費は意識して乗っていないので、エコランすればもう少し燃費数値もあげられそうですが・・・(^^;)

イメージ 2

★スプロケットの設定に関する私的感想★

純正設定の14−40Tのときは一般道で1〜3速をメインに比較的高回転域までひっぱって、交通の流れがよければ4速まで使い、5・6速はほとんど出番なしという感じで乗ってました。

スプロケットを13−44Tにしてからは一般道では2速発進で4〜6速メインに低・中回転で乗ってます。走行中は加速時にもクラッチを併用することなくスロットルだけでキビキビを走ってくれます。純正設定と比較して、市街地では高めのギアでスムーズに走行できてエンジン回転数も抑えられるので実際の燃費は意外と良好です。ただ高速道路の長時間走行は快適とは言えずそこそこ苦痛ですね。実際に計算したわけじゃないですが、燃費も間違いなく悪いとおもいます...なので、高速道路を使わない近場のショートツーリングの時はいつもこの設定で、走行感覚としては一番のお気に入りです(^^)

最近出番の多い14−44Tですが、13−44Tと比較して同じ行程ならシフト回数が少なくて済むので楽です。シフトも1速から6速まで偏ることなく使います。峠道やオフロードだけならフロント側13Tのほうが楽しめるんですけど、移動区間も含めたトータルでの日帰りツーリング(400〜500km)で選択するならこっちかなぁ…という感じです。

傾向としては、オンロード(自分からはオフロードへ行かない)の方はリヤ42Tの固定でフロント側を13Tと14Tを目的(乗り方)に合わせて選択、オフロード(フラット林道基準)でも楽しみたい方は、リヤ44Tの固定でフロント側を13Tと14Tで選択されるケースが多いですね。

当店の試乗車CRFラリーでは、現在フロント側13Tと14T、リヤ側42Tと44Tの組み合わせの用意があります(事前予約なしでご来店の場合は13−44Tか14−44Tの場合が多いです)。

事前に試乗予約していただく場合には、ご希望の組み合わせを一組ご連絡ください。ご希望の設定でご試乗いただけます(無償)。

試乗車のご予約・お問い合わせ
042-455-5473 または ridgecycle@outlook.jp までお気軽に。
店舗不在の場合も多々ございますのでメールのほうがどちらかというと都合がよいかと... (^^;)

試乗当日に複数の組み合わせをご希望される場合、手間代として交換1回につきフロント側¥500-、リヤ側¥1000-を頂戴しておりますが、試乗後に交換作業をご依頼された場合には試乗時の手間代は返却いたします。

イメージ 3

            *** ご注意! ***
基本的にはスプロケットとチェーンは同時交換が原則です。消耗率の異なるチェーンとスプロケットを組み合わせると重大なトラブルの原因になります。当店のCRFラリーはその時々に合わせてスプロケットの歯数を変更していますが、チェーンやスプロケットの状態確認・素材や精度・組み合わせをこれまでの経験を基に選定・実施していますので、この商品の組み合わせならすべてOKというものではありません。

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事