ちゅるっとりえふぅ churutto rie fu

新しいブログはこちらから→www.riefu.com

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

★Rie fu tour 2005 final★

りえふツアー2005「りえ風」、昨日東京渋谷AXで無事最終日を迎えました!!
まさに風のようなあっという間なツアー。
もぉやだやだやだやだもっとライブやりたいーー(><)キー!!!
ツアー五箇所やって、それぞれの場所のお客さんの雰囲気がほんとにあったかかった。自分もツアー初日と最終日と比べたら色んな面で成長が見られたと思うし、それと同時にこれからの課題や目指すところがだんだん見えてきました。
昨日の東京ライブのお客さんが一番おとなしかったのはちょっと意外だった。それでも律儀にバラード曲でも手拍子してくれたり、気持ちが伝わってきた。

改めて来てくれた皆さん、素敵な空間を作ってくれてありがとう。
あと新曲の反応がものすごく良くて、どの箇所でも。常に新しいことをやりたい、作りたい、って思ってるりえふとしては、たとえば「デビュー曲が一番いい」って言われるよりも「新曲が一番いい」っていう言葉の方がすごく嬉しくて、もうさっそく明日から新曲レコーディングに入るんだけど、かなり気合が入ります!

バンドも最高だったし。。スタッフもあんなに色々やってくれて、りえふよりも全然早起きしてくれて、早起きってつらいのに。。
あぁーーもっとやりたいよぉ!!!
は〜。そういう思いはありつつも決して不完全燃焼ではなく、大きな夢に向かう階段を一歩、二歩、ぃゃ何十歩も駆け上ったというかんじであります。

お客さんはコレを求めてるんだ!とか、そういう立場で成り立つ音楽じゃなくて、今は自分が学生として、基本では人間として生活している中でできてくる音楽が、同じ目線で伝わったらいいなぁ、という思いが増してきていて、それが「素人っぽい」んじゃなくて「本物の」ライブだったり、イメージだったり、そんな風になりたいと改めて思えたツアーでした。
常に「本音」っていうか、普段の日常の中でも性格がストレートすぎて失礼なことを言ってしまったり相手を傷つけてしまったりすることも多々あるんだけども、まっすぐ言わなきゃいけない事は沢山あるんだな、とも思う。それに何かを変える力があるのなら。

開く トラックバック(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事