さりーの鬼嫁日記

次はアクアラインマラソンです。
オグナほたかスキー場を17時10分にスタート。
残りおよそ30K。
うへー。
ここからはストックが使えるので、これで少しでもラクになるといいけど…

すぐにトレイルに入り少し登り、そこから下り。

イメージ 1


そしてロードで3〜4Kほど下ります。

イメージ 2


ここら辺で120Kのクラスの女子の招待選手が追いついて来て。
この選手、先ほどのオグナほたかスキー場のエイドですぐ近くにいて。
モリモリ食べてて、ちゃっちゃと再スタートの準備してて。
お知り合いも沢山いるようであちこちに挨拶しては

「えー?うんうん。大丈夫!がははは。」

みたいな感じ。
やっぱりオーラが違う。
走りも物凄く安定してて、まだまだビュンビュン飛ばせますよ
ってな具合ですぐに見えなくなりました。。。

夫も調子よく走って先に行ってしまい、下りなこともあり、ここは走らねば…
と私も頑張って走りました。


イメージ 3

そして再びトレイルに入り…
あっという間に暗闇に包まれました。


イメージ 4

18時41分、A6赤倉林道分岐に到着。

気持ちわりぃ
気持ちわりぃよー

走れるところはそこそこ頑張って走ってきたせいか、気持ち悪さが悪化。

それでもゴールまで残り19キロ。
ようやく先が見えてきた。

ゲレンデからずっと前後していた女性ランナーさんもほぼ同じに到着し、補給中。
思わず
「なんとかゴールが見えてきましたね!」
と話しかける。


イメージ 5

ここでは飲み物とパンなどの食べ物も。
コーラとアクエリアス…
本当に贅沢は言えないのですが、もうぬるいスポーツドリンクが余計に吐き気を誘発する感じで…
でも喉は乾いていて。

辛い…

今ブログを書くのに写真をよくよく見ていたら爽健美茶があった。
気づかなかったなぁ。
お茶…飲みたかったなぁ…

トイレを済ませて再スタート。

前半の
これトレランレースじゃないでしょ?
というハードな登山区間に比べ、後半は元気であれば割と走れるトレイルが続きます。
結局不調は訪れず、終始快調に見えた夫の足を完全に引っ張る展開。

あーぁ…
なんだかなぁ。

気持ち悪さに心がすさみます。
それでも先に進まなければゴールは近づかない。


イメージ 6

120Kの選手との分岐。
(あー。むりむりむりむり。
ほんと70Kで良かった…)
とものすごーく思いました。



そしてこの後から写真がほとんど無く…



わたくしの気持ち悪さがピークになり、マーライオンと化しておりました。
今までも長時間のレースでは気持ち悪くなる事はしょっちゅうありましたが、実際吐くまでってのは初めて。
一度吐き出したなんか止まらなくなった:(;゙゚'ω゚'):

気持ち悪いと散々聞かされてきた夫ですが、流石に本当に吐き出した私を見て
(おぉ…そんななのか…)
と思ったのか

「ちょっと…休むか?」
と。
「いい。大丈夫。」
と半ギレ気味の私。

走るとやっぱり気持ち悪くなるので
「休まなくていいけど、走れない。
ペース上げて頑張って歩くから。」
と伝えます。

そうこうしてると、ガスが立ち込めてきて。
一気に視界が狭くなります。
夜の上にガス。
案内はしっかりしてるので、しっかりと確認すれば迷うことはないのですが、それでも女性1人のランナーさんなんかはさぞや怖かったのではなかろうか…
と思いました。

ヘッデンのほかに腰ライトも点灯。
2つしっかりとしたライトを持ってきて良かった…
とつくづく思いました。
(予備ライトの方はPETZLでもいいかなぁ…
なんて考えていて。あの霧じゃ全く役に立たなかったな。)

そしてラスト10キロの看板がよーやく。

イメージ 7

ほんとーによーやく。


そしてラス5キロのウォーターステーション。

イメージ 8

時刻は22時10分。
ここまでも長かったなぁ。
走れてないから5キロが果てしなく感じた。
雨乞山からの夜景は綺麗だったな。

イメージ 9



この辺りで夫は23時は余裕で切れるだろうと予想したみたいだけど、この先もまだまだ上りがあって。
上れば下りがある。
それもまた結構な傾斜で。
その上ガスは一向に取れる様子がなく。
気持ち悪さはマックス。
結局この先ゴールまでの4.4キロに70分もかかってしまった。
情けない。
走れてれば確実に23時は切れていただろうな。


そしてようやく。
残り1キロの看板が見えて。

イメージ 10


「最後くらいは走ろう!」
と思ったけど、走れたのは本当に最後の最後の500メートル位だった(^^;;

そしてラストの栄光の架橋!

イメージ 11

ずっと前後していた女性ランナーさんが、ここで追いついて来て。
写真撮ってる間に抜かされた(笑)
夫は
写真撮ってる場合か!
と思ったみたいだけど、もう順位なんてどーでもよかった。


23時22分。
上州武尊スカイビュートレイル 70 。
17時間22分の旅が終了!

イメージ 13


17時間は切れなかったけど、目標だった18時間は余裕で切ることが出来た。
満足の結果。
でも終盤の吐き気が本当に辛くて。
あれさえなければ…
今回もそこが大きな課題として残りました。

ゴールにはどんぐり公園さんが待っていてくれて。
終盤予想以上に時間がかかってしまったので、ずいぶんとお待たせしちゃった(^◇^;)
待っててくれてありがとうございました!

イメージ 12



上州武尊スカイビュートレイル。
とても素敵な大会でした。
景色も良かったし、これでもかこれでもか!
と変化に満ちて現れるコース。
亀さんも言っていたけど、こんなに山のピークを踏ませてくれる大会はなかなかないそうです。
でも、本当にキツイですっ!


スパトレイルに続き、スカイビュートレイルも完走できて。
ミドルクラスのトレイルは少しは自信ついて来たかも。
来年はスカイビュー120?
なんて既に辛かった記憶が美化されていて危ない危ない…
暫くは大人しーくするつもりです。


といいつつ、次に迫るレースはアクアラインマラソン。
フルマラソンもキツイんだよなぁ(^_^;)
でも沢山のお仲間も出るし、ファンランで楽しみたいです。


以上長々とお付き合いありがとうございました^ ^
おわり!

この記事に

開く コメント(20)

開く トラックバック(0)

10時40分。
武尊牧場を再スタート。
まずはこんな感じの林道を5キロ弱進みます。

イメージ 1

こういう林道って間違いなく稼げる区間。

あーぁ。あー疲れた。

とブーたれながらもそこそこのペースで走っていたと思います。

イメージ 2

こんな風に気を紛らわせてみたり。

このあたりになると前後するランナーさんによく見る顔ぶれが増えてきます。
ひとりの女性ランナー。
(最終的にこの人とはゴールまで一緒になりました)
しっかりと平地は走る人で。
ずんずんと走ってて本当に凄い。

そして…

イメージ 3

あ…あれだね。

前方に本日2個目のゲレンデ。
尾瀬岩鞍のスキー場。
すんごい急じゃん。
前を登って行くランナーがアリンコみたいにちーっちゃく見えます。

うわー。

イメージ 4

4つのゲレンデの中でこの2つ目が1番キツかった。
アキレス腱が伸びっぱなしで後ろ向きで登ってみたりした(笑)

そして後ろ向きになるとその先にこんな景色が広がっていて。

イメージ 5

景色を見て少し癒される。
ゲレンデを登る距離はだいたい1キロくらいなのですが、物凄く長く感じた。
先見ると嫌になるので、足元を見て黙々と一歩づつ進んでいました。

そして登り切るとこの景色。

イメージ 6

おー!綺麗ー!!

そして下る…

イメージ 7

ひたすら下る…

下るために登るゲレンデ…

そして下りきって少ししたところにスタッフさん。
「ここから次の片品高原スキー場のゲレンデです。
さっきのに比べたらぜーんぜん楽勝です^ ^」
と。
その言葉を信じて…
3つ目のゲレンデ。

イメージ 8

楽勝…でもない…
ゲレンデゲレンデゲレンデ…
夢に出るわっ!
って感じでした。

この辺りで話したランナーさん。
3回目の出走とのことで。
「昨年初めて完走して、0時前にゴール出来たんです。この時間にこの辺だったらこの後特別トラブルなければ今日中にゴールできますよ。」
と言われて嬉しくなる。

がんばろ。

3つ目のゲレンデも登り切るとこの景色。

イメージ 9



そして下る下る。
下った先のエイドから凄い元気なアナウンスが聞こえてきて。
(え?ゴール?)
と錯覚するほど。

到着するとなるほど納得
ここはFunTrailが運営しているエイドでした。
そして元気なアナウンスは


イメージ 10

奥宮さんでした!!
バッチリ写真も撮ってもらいました。

イメージ 11

時刻は12時40分。
ようやく30K。
まだ半分行ってないのか…
と思うと結構凹んだけど、でも前半のキツ目のところはやっつけたのかな?
と。


奥宮さんが
「次のオグナほたかスキー場のエイドまで18キロありますから!
しっかり補給してくださいね!」

イメージ 12

ここのエイドも充実のラインナップ。
でも…今考えるとこの辺りからもう結構胃が疲れていたような…
そんな中、コーラと漬物が美味しかったなぁ。

トイレも済ませてエイドスタート。
フラットな林道が4〜5キロ続きます。

イメージ 14


そして13時40分ごろ。
後ろからただならぬオーラを感じ振り向くと、

キター

イメージ 13

120Kの招待選手。
ここで追いつかれました。

スゴイ…

結構な傾斜の林道ですが、サクサクと走っていてあっという間に見えなくなりました…

そしてゲレンデではないけど、結構な急登がまだかまだかと続きます。

イメージ 15

キツイ…



そして川を渡る丸太橋に到着。

イメージ 16

前日のブリーフィングで、
「この大会の為に補強してありますから!
そこから少しするとウォーターステーションです。」
と説明していたのを思い出す。

渡りきって少しすると…

イメージ 17

あった!
ウォーターステーション十二様。

時刻は14時半。38.9K地点。
やっと半分きたね…
お水が美味しかったなぁ。

イメージ 18

しばらくこんな感じのトレイルを進み…

やってきました!
最後のゲレンデ。

イメージ 19


時刻は15時45分。
この時間くらいから空がどんよりして来て。
空気も冷たくなってきて、だんだんと日が暮れてくるのを感じます。
4つ目のゲレンデも変わらずヒーヒー登っていると後ろの2人組のランナーさんの会話が聞こえてきて。

「いやいや。ほんとこのレースキツイですよ。120KのコースはMFよりキツイって話もありますし。走れないもんねぇ〜。」
「ですよねー。この先ゲレンデ頂上からの下りも凄いですよ。斜めに下りないと無理なくらい急ですから!(^^;;」
と。

えー。そうなのぉ。

イメージ 20

そして、やってきた噂の下り。
本当に凄かった…
気を抜くとズルーっと尻もち付きそうな位の傾斜。
幸いまだ日が暮れてなかったので、良かったけど…
ここ…夜になって下るって言ったら相当怖いわ…
とゾーっとしました。

「まもなくエイドでーす!」

のスタッフさんの声に誘導され…

A5オグナほたかスキー場に到着。

イメージ 21

イメージ 22

時刻は16時半。
ちょうどエイドアウトするどんぐり公園さんと遭遇!

イメージ 23


めちゃめちゃ元気そう。
さすがです。
お互いエール交換。

そして、
「だいぶ貯金出来たからここで、30分しっかり休もう。」
と夫。

うんうんうんうん

激しく頷く。
ここでも沢山の食べ物が。
カレーにチキンラーメンにうどん。
カステラや羊羹などなど。

イメージ 24

イメージ 25

夫は早速両手に沢山食べ物持ってきてご満悦。
私は足の指の付け根が擦れて痛くなって来ていたので、靴下を脱いでテーピングで補強。
ふと見るとマッサージブースがあって。

「すぐ出来ますよ!」

とのことで、すぐ横になり。
首の付け根と太腿が辛いことを伝えると、汗と泥でびっちょんこなのに、しっかりとマッサージしてくれました。
ここでやって貰って本当に良かったと思います。
有り難かった〜

そしてようやく私も補給。
カレーは半分くらい。
ベビースターラーメンは汁が美味しくてそこそこ食べられた。
でも完食とは行かず、夫に横流し。
何でもかんでももりもり食べてる夫。
その姿が腹立たしくもあり、とてつもなく羨ましい。

「カレーおかわりお願いします!」

ともりもり食べてるランナーさんもたくさん。
やっぱり胃腸が強いランナーは最強だ…
と改めて感じました。

ここから夜間に入るので、ヘッデンと腰デンも装着。
気合い。

イメージ 26


17時10分。
40分も休んじゃった(^_^;)
エイドを再スタート。
元気出していこー!

イメージ 27


いよいよ夜間走に突入です。

続くー♪

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

AM6時定刻通りスタート。
「いってらっしゃーい!」
の声援を受けて勢いよく走り出す!
そしてその10秒後には歩いてましたw
今まで出たレースでおそらく1番早く歩き出したでしょう〜
だって!走れないよ!!
周りのランナーもみんな歩いてます。

70Kのコースは全部で4つのゲレンデが出てきます。
まずは1つ目。
1キロ少し登って下ります。

朝のキリッとした空気に包まれていい気持ち。

イメージ 1



そしてロードと林道を進み…

イメージ 2


武尊山登山口に入ります。

イメージ 3




武尊神社で完走祈願。

イメージ 4


そしてトレイルへ突入。

イメージ 5

イメージ 6


木漏れ日が綺麗なのですが…

イメージ 7



足元はかなり滑る感じで…
このゾーンは大会のために切り開かれたトレイルで。
前日のブリーフィングでも言っていましたが、滑るのなんのって。
笹が横滑りして縦にも横にもズルズルと。

イメージ 8

そしてこんなハシゴが出てきちゃったり…
(写真では分かりづらいですが、これはハシゴを降りてる図です。)


こんな急登を登ったり…

イメージ 9



こんなグッチャグチャのところを進んだり。

イメージ 10

かなり脚を使いました。
精神的にも疲れたなぁ。

でも武尊山の頂上からの眺めを励みに懸命に進む!

そしてついに武尊山に到着!

時刻は8時55分。

あれ…?

イメージ 11

なんも見えねぇ…

山頂のお天気は気まぐれですね。
天気は良いはずなのにガスっていました。

「ほんとはここからの眺めは最高なんだけどねぇ!」
とハイカーさんもおっしゃってました。

そこで。
亀さんから頂いたもしガスがかかっていなければの写真を一枚!

イメージ 12

こ、こんなに綺麗だったのかぁ…泣


気を取り直して記念撮影をして先に進みます。

イメージ 13


噂には聞いておりましたが、この先もかなりウェッティなコンディション。

イメージ 15

イメージ 16

雨天じゃなくてもこの感じですから、雨だったら…と思うと…
ほんとにこの程度でよかったと心からお天気に感謝しました。

途中ガスが取れて一瞬景色が見えて。

イメージ 14


「良い景色ですねー!!」

と周りの人に話さずにはいられないのは、トレランあるある?
紅葉も始まってましたよ^ ^

イメージ 17



コロコロと景色も変わり、足元を見ればまだまだ続くこの感じ。
まぁーなんとも大変だったけど、変化に富んでて面白いっちゃ面白かったかな。
今思えばですが。

そしてすれ違うハイカーさんが
「頑張ってくださいねー!」
と道を譲ってくれて。
これには心苦しかったです。
とんだ日に登山に来ちゃったもんだ…
ですよねぇ。
すみません。。。

そしてようやく下りきって、こんな感じの気持ちの良いトレイル。

イメージ 18

ここは最高だったな。


今流行りのキノコの撮影をしたり…

イメージ 19

楽しんでおりました。


ところどころこんな風に板が整備されていました。

イメージ 20


そして
10時20分、A3武尊牧場に到着。

イメージ 21

イメージ 27

ここまでで18キロ。
スタートから4時間20分。
結構疲れたわ…
もうひとレース終えたような気分。

ここではテント張ってキャンプしてる人が沢山いて。

イメージ 22

なんてステキなキャンプ場なのー!
つくしも連れて家族でのんびりキャンプ…
一瞬妄想の世界に入りましたが、頭を振り切ってエイドへ。
ここでライト二個、きちんと点灯するかの確認。


エイドはとても充実していて。

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

まだまだ胃腸は元気なので椅子に座ってモリモリ頂きました。


足元はこんな。

イメージ 26

まだまだ序盤だけど、初めのガツンと武尊山はやっつけたぞ
と褌を締め直して再びスタートです。


続く〜

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

前日の土曜日。
家事その他諸々の下準備を済ませ、娘達へ留守の間の申し送り。
そして9時頃自宅を出発。
BGMは安室ちゃんのFinallyで群馬川場に向かいます。
道中、車中から武尊山も見えて
「明日はあそこを登るのかー♪」
とテンション上がる。

途中事故渋滞がありましたが、12時半頃に大会駐車場から10分ほど手前にある田園プラザ川場に到着。

イメージ 1

ここは昨年の夏につくしも連れて家族で遊びに来たところ。
とても良いお天気。
紅葉も始まっていて秋の気配を感じます。

イメージ 15


ここでお昼休憩。
ビアフェスをやっていたので、

おりゃー!恨みっこなし!!
じゃんけんポンっ!!

…負けた…T_T

イメージ 2

持ってきたおにぎりとウインナーのなんちゃらとチキンのランチ。
美味しかった♪

そして会場駐車場の川場村中学校に到着。
隊長と合流。
そこから少し歩いて川場村体育館へ。
ここが70K120K共通のゴール地点になります。
120Kの選手はこの川場村体育館からスタート。
70Kの選手はバスに乗ってスタート地点の宝台樹スキー場まで1時間ほど。
予約制の無料バスに乗れます。

バスの時間を待つ間にHaluさんご夫婦にお会いしました。
(120k完走おめでとうございます!!
素晴らしい!!)

バスで居眠りしてたらあっという間に到着。
ここが噂の宝台樹スキー場。

イメージ 3

ほぅ〜本当にゲレンデなんだね…
明日、ここをスタート直後にいきなり登ることを考えるとちょっとだけ頭が痛くなりましたが、気持ちを切り替えて記念撮影♪

イメージ 4


そして必携品チェックを受けます。
http://yamadanoboru.com/images/list/goodslist70.pdf

イメージ 5


チェックを受けたのは

保険証
身分証明書
携帯電話
熊鈴
ポイズンリムーバー
エマージェンシーシート
ライト2個
防寒着

チェックを受けた人から参加賞とゼッケン受け取り。
参加賞はこんな感じ。

イメージ 6

スカイビューの参加賞はTシャツではなくて毎年色々と変わるみたいです。
完走祈願札が嬉しい。

そして16時。
定刻通りブリーフィングスタート。

イメージ 7

明日のコースや諸注意など。

「前半はトレイルランレースというよりは登山だと思って進んでください。
後半のほうが走れる箇所がありますから。
大きなトラブルなどなく、前に進めば歩いてでも完走はできると思います^ ^」

とのこと。
確かに時間はいっぱいあるはず。
怪我なく安全第一で進むことが大事。

ブリーフィングが終わり、プラプラ歩いてお宿へ。

イメージ 8

とってものどかな雰囲気。

隊長と別れ、今夜のお宿はこちら。

イメージ 9


とーっても親切で凄く良いお宿でした。

イメージ 10


ご飯も美味しかった!
ビールも…飲んじゃいましたよ。
部屋に帰ってからも…
飲んじゃいましたよ…

イメージ 11


そして21時ごろには布団へ。
途中娘とラインのやりとりで一回目が覚めちゃったけど、まぁまぁ眠れたと思います。

4時起床。

イメージ 12

朝ご飯は宿でおにぎり弁当を作ってくれていて。
その量がまた多い!
夫は完食。
私はおにぎり半分とゆで卵と唐揚げ1個と味噌汁。
そして部屋に帰って準備をして、5時に宿の人が会場まで車で送ってくれました。
(宿からスタート地点までは1キロもないのですが、親切に送ってくれました^ ^)

イメージ 13

お天気は良好。
「武尊山からの眺めは期待できますねー!」
と開会式でも言っていて。
高まる期待。


どんぐり公園さんと隊長と記念撮影。

イメージ 14


そして6時。
スカイビュートレイル70K
制限時間24時間の旅。
いよいよスタートです。

続く〜♪

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

あっという間にスカイビューから4日。
久々酷い筋肉痛になりましたが、ようやく回復して来ました。
まずはここ数日の振り返り。

月曜のレース後の帰宅は朝の9時頃。
その後過去最高とも言えるような汚染物処理に苦労したぁ〜
シューズはもちろん、ウェアからザックからドロドロで。
洗濯機3回くらい回しました。
その後昼寝もしたけど、興奮状態にあるためかあまり眠れず。
昼間だしね。
お腹がぐるぐるずーっと鳴っていました。
夜は娘達とレース後恒例の焼肉屋さんへ。

イメージ 1

イメージ 2

美味しかった〜!!

火曜は夫は仕事を休みにしていて。
午前中私はヨガへ。
笑っちゃうくらいコチコチでしたが、やってるうちに解れてきて。
ストレッチポールでもゴリゴリやって、1人悶絶しておりましたw
昼に夫と合流して、行きつけのデカ盛り中華へ。

イメージ 3

収まらない食欲…
そして夕方からレッスン。

水曜もジムに行きヨガとストレッチとお風呂。
本日木曜はほぼ回復と言った感じです。
右足の甲の部分に痛みがあり、昨日あたりは赤みもあって腫れていましたが、今日になって治ってきました。

レース直後の振り返りも少し。
24日の0時を前にゴールし、しばし放心状態。
気持ち悪さもあって、振舞われているうどんも食べることが出来ず。
夫は食べたかったらしいけど、私が
「早く。車の鍵。」
と問答無用だったので、食べられず(笑)
荷物を受け取り、ヨレヨレとお風呂に向かいさっぱり。
(ゴール後すぐ近くにお風呂があり、ランナーの為に終日オープンしてくれています。本当に有難い。)
そして車中で2時間ほど気絶。
目覚めたら気持ち悪さも治っていて、3時頃に隊長のゴールを見届けに再び会場へ。

イメージ 4

深夜のため、アナウンスも控えめ。
賑やかさもなく。
それでも帰ってくるランナーを迎え入れる温かさが漂っていて独特の雰囲気を感じました。
とても冷え込んでいて。
キーンとした空気感。

夫と階段のところに腰掛け
「隊長頑張ってるかなぁ。」
「ほんとキツかったねぇ。」
「ゴールできてよかったねぇ…」
とポソポソと会話。

そんな中続々と帰ってくる選手たち。
120Kの選手も。
みんな疲れ切っているけど、眩いばかりの輝かしい笑顔。
「おかえりなさい!お疲れ様!!」
と、私もいつの間にか立ち上がり大きな声を張り上げてました(^^;;

そして待ちに待ったさる隊長のゴール。

イメージ 5

カッコよかったです。
男さる隊長現る!
って感じでした^ ^

3人で記念撮影。

イメージ 6

さっき食べられなかったうどんを3人で食べてしばし談笑。
おっT仲間ではどんぐり公園さんも出走していましたが(16時間でゴールされてました!凄い!)
4人とも無事にゴール出来て本当に良かった〜
亀さんがボランティアされていましたが、お会い出来なくてな残念だったなぁ…

とにかく、キツく厳しいコースでしたが、数日たった今、なんだか楽しかった記憶が上回ってきたような…

おかしいな…

とにかく今回は胃腸のトラブルが最大の敵だったなぁ。
でも、それさえなければもう少し行けたような…
うん!伸び代あるってことだ!!


つらつらとまとまりのない記事になってしまいました(^^;;
そんなわけでレース前日編へ続くー♪
(まだまだスタート出来なそうw)

この記事に

開く コメント(9)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事