ここから本文です

書庫7.グランド案内

記事検索
検索

全1ページ

[1]

利府ユニオンは専用球場を持たないので、練習は利府町内のグランドで行っています。
町内にはいくつか施設はありますが、ホームグランドとして一番利用するのは
沢乙北公園野球グランドです。
 
イメージ 1
 
東北楽天ゴールデンイーグルスの2軍本拠地となっている利府中央公園野球場は、
8月に開催される『利府町長杯』と、11月に開催される『利府ユニオン会長杯マイナー大会』の
メイン会場として使用されています。
大会以外にも時々練習会場として活用していますが、
設備も整っているとてもよい球場です。
イメージ 2
 
利府城址跡の麓にある、館山公園野球場。
グランドは少々狭く、ネットを張るとちょうどリトルサイズグランドです。
 
利府、多賀城に跨る加瀬沼に位置する公園内にある球場です。
加瀬沼公園野球場は、利府ユニオン以外にも近隣のリトルシニアチームや
他のリトルリーグチームも練習などで訪れます。
イメージ 3

雨天時にグランドが使用できない場合や冬季に利用する利府第三小学校。
雨天、降雪時には体育館で室内練習を行っていますが、
グランドは水はけもよく、少々の雨上がりでもグランド(校庭)が使用できるほど。
イメージ 4
 
利府葉山地区にある学校建設予定地に作られた、ソフトボール用のグランド。
利府第三小学校と同様に、雨上がりで他のグランドが使用できないとき
よく使用していたグランドですが、
5月くらいからは利府町内のソフトボールチームが使用するため利用はできません。
最近では、リトルシニアチームが準専用グランドとして活用しています。

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事