ぴこぴこ i FEEL ALRIGHT !

いつの間にやら僕らも若いつもりが歳をとっていた。。そんな セガ 人向け仕様( Punk & SEGA & Looseなブログ)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

当書庫「ぴこぴこPicoぴー」のネタの無さ具合が尋常でなくなってきました。。

ウスウス勘づいている方もいらっしゃると思いますが、僕はそもそもゲーマーではないです。
ぶっちゃけ、ほとんどゲームなんかしてません。
僕がゲームする時ってのは、誰か一緒に遊んでくれる人がいる時だけです。
そのうえ、一人用ゲームとかだったりすると自分がプレイしている時間よりも、
友達とかにやらせている時間の方が長かったりする時もあるぐらいです(^^;;
僕はどちらかというと、ゲーマーではなくコレクターなのです♪

ので、僕の持っているコレクターズアイテムをこの書庫でちょこちょこ紹介していくという
「身を削るお蔵出し大作成」を実施します。

で。その第一弾として「テトリス」を紹介する予定です!!
一応、コレクターの端くれなので、普通のテトリスなんか紹介しません。
普通に生活してたらまず見ることの無いテトリスを紹介します♪


で。

テトリスを紹介する前にですよ。奥さん。
ゲーム史に刻まれている1989年の「テトリス事件」って知ってますか??
次回のテトリス記事を更新する前にこのテトリス事件について書いておこうかと思います♪

『テトリス事件』
ある時、セガはロシアで生まれたテトリスというゲームをアーケードで販売したかったので、
「テトリスを製造販売していいよ♪」というライセンスをGetしました。
その後、アーケードで無事にリリースし、大ヒット♪
気を良くしたセガはテトリスを家庭用ゲームマシンのMega Driveに移植しようと動いたわけです。
当然だね。

同様に任天堂もGame Boyに発売をすべくライセンスをGetしようと動き出します。
任天堂は、セガのアーケード版やファミコンで発売されてた出来の悪いテトリス
Game Boyに移植することを狙ったわけではなく、自社開発でテトリスの販売を狙っていたのです。
(ちなみにファミコン版はBPSが発表。SEGAよりも前にライセンスを取得している)

ここまではOK?ここからちょっと話が複雑になります。

で、その際に、任天堂は「テトリスに関するライセンス」について、
当時のライバル会社セガのライセンス取得先についてあることに気づくわけです。

あることとは??


この時、セガがライセンスを受けた会社というのはテンゲンという会社から受けているのですが、
本来の「テトリスの版権」を持っている会社というのは、ロシアのELORGという所だったのです。
つまり、、、
ELORG→アンドロメダソフト→ミラーソフト→アタリ→テンゲン→セガ
というライセンスを受けた会社が更にライセンスを与えるという数珠繋ぎの流れです。

これ自体は問題ナッシング。

でも、問題がひとつ。

実は、ELORGから直接ライセンスを受けているアンドロメダソフト。
このアンドロメダソフトが受けているライセンスの内容というのが、、
「IBMパソコン互換機用のテトリス」に関するライセンスだったという点。


あ、、あ、、、あ〜れ〜?(ノ∀`)
ももももももしかして、非常にビッグな勘違いをしている会社が???いやそんな馬鹿な '`,、('∀`) '`,、


ライセンスのライセンスのライセンスの…と数珠つなぎになっていった結果、
いつのまにか「IBMパソコン互換機用のライセンス」が拡大解釈され
次々に「IBMパソコン互換機用」以外の様々なプラットホームに向けて販売されていったのだ。


工エエェェ(´д`)ェェエエ工


で。
この時点でセガがアーケードで大ヒットしているテトリスを
Mega Driveに移植・開発中であることは世間にアナウンス済み。
実際に、プログラム開発はとっくに終了していて製品としての生産が始まっていた。
そこで任天堂はある行動をします。


ある行動とは??


まず、任天堂はあえてライセンスの大元であるELORGからライセンスを取得します。
そのライセンスの内容とは、、、「家庭用ゲーム機全般」に対するライセンスです。


うううううう うそ〜〜〜〜ん!!ままままままさか〜!?((;゚Д゚)


そして、受けたライセンスを元に任天堂は、セガにライセンスを与えているテンゲンを
著作権侵害でサンフランシスコ連邦地裁へ告訴。


(嫌なのが)キターーーーーー(T∀T)ーーーーーーー!!


そもそも任天堂が告訴に至るまで、それ以前に問題にならなかった最大の原因は、
ロシア企業ELORGのラインセンスに対する意識の薄さ。
そのライセンス意識の薄っぺらなELORGが、
ライセンスについて非常に厳しいアメリカの法廷に向けてこう声明を出しましたよ。
「権利は任天堂のみに与えた」


108回氏ね!煩悩の数だけ氏ね!!・゚・(ノД`)・゚・。


この判決を受けて、セガは発売日間近のMega Drive版「テトリス」を発売中止。
生産されていた製品は全て廃棄されることとなった。
もちろん、Game Gear版も発売予定となっていたが中止。


その後、任天堂はGame Boyで「テトリス」を発表。
Game Boy本体とともにこの「テトリス」は面白いように売れたとさ。


というわけで、セガマニアはもれなく全員アンチ任天堂となる契機となりました。

なんか久しぶりにこの事件について振り返ったらムカついてきた。。。(-Α-)))


まぁ。。実は僕は当時、そんなには任天堂に対して敵意はもたなかったんですが。
感じたのは、、任天堂の企業としての戦略の巧みさ(えげつなさ)と、セガの問題に対する姿勢の弱さ。
当時の任天堂ってのは、業界的にすっごく専制君主的な暴君的なヤリクチを度々していたわけで、
その暴君には、立ち向かおうという覇気がなければ絶対勝てない。
そんな覇気の感じられなかったセガは勝負する前から負けているわけですよ。
だから僕は任天堂に対しての怒りというよりも、セガの不甲斐なさに、、、涙。ポロリ。。でした。
テンゲンなんかね。裁判に負けても無許可でNES(北米ファミコン)版テトリスを販売したんだよ。
#それ自体、決して良いことでは無いんだけどね(`・ω・´)


ただ一点、この事件で任天堂に対してムカついていることがあって、それは
当時の任天堂広報曰く「セガがすでに家庭用のテトリスを用意しているのは知らなかった。」

は・・はぁ?この期に及んで気づきませんでしたと???(;´Д`)
世界中で誰も気づかなかったライセンス関係は把握できて、
ゲーム雑誌の発売スケジュールに載っている情報には気づかないと。。
そ〜れ〜は〜凄〜〜〜い話だ〜ね〜〜〜。┐(´ー`)┌

と、まぁ。今は昔。今は任天堂も好きだけどね♪(^-^;

応 援 し て あ げ る よ。 ふ ふ ふ ふ。。

閉じる コメント(27)

かりんさん→意識してみると結構画面とかロシア的な絵なんですよ♪結局、家庭用のテトリスで一番の出来は、GBテトリス版だと思います。ちょっと悔しいけど(>_<

2005/9/1(木) 午前 2:40 [ りぐ ]

顔アイコン

キー!!

2005/9/1(木) 午前 3:46 pig*im*m*iko

顔アイコン

く〜〜!!

2005/9/2(金) 午前 2:08 [ りぐ ]

顔アイコン

>任天堂広報
今●のことかー!

元社長とあの人だけはどうにも好きになれませんね、(^^;;

2008/3/20(木) 午後 3:29 [ 四拾尺 ]

名前は覚えていませんが、、たぶんソイツだ〜!
「いけしゃあしゃあと」とはコイツの為に存在する言葉ですね!

つか、そいやSCEの広報も相当嫌なヤツだった。。
広報が嫌なヤツだとトップシェアハードになれるのかも。。
そういう意味では竹崎さんじゃ役不足だったなぁ。(笑)

2008/3/21(金) 午前 2:12 [ りぐ ]

顔アイコン

「●西 広報 任●堂」で検索したらまさにその発言を取り上げたサイトがヒットしました。

>広報が嫌なヤツだとトップシェアハード
トップシェアを獲ったから嫌な奴になったのかも!
冗談はともかく、今西氏もセガにいたら頼もしく感じたかも?
頼もしくてもやっぱり好きじゃないかも知れませんが。(^^;;

2008/3/21(金) 午前 3:11 [ 四拾尺 ]

そうかもしれませんね〜(^^;;

社長に関して言えば、セガの中山元社長も、任天堂やSCEに負けず劣らずのひとでしたね。。
つか、好き嫌い別にして、中山社長辞任以降のセガは、まったくもって覇気がない。

2008/3/22(土) 午前 1:16 [ りぐ ]

顔アイコン

非常に一方的な視点で間違ってる部分もあります
>>まず、任天堂はあえてライセンスの大元であるELORGからライセンスを取得します。

「あえて」ではなく、ELORGに問い合わせた結果です
だから、既に発売されている「アーケード版」は『あえて』取得せずにセガが権利を取れるようにしました

>>任天堂は、セガにライセンスを与えているテンゲンを著作権侵害でサンフランシスコ連邦地裁へ告訴。
テンゲンが任天堂を告訴。原告と被告が逆
「既に家庭用が発売されている」として訴えましたが、当然勝てるわけがなかったというのが結果

2015/9/19(土) 午後 2:19 [ flame ]

顔アイコン

何度読み返しても任天堂の何処が悪いのかサッパリ分かりません。
あなたの極めて理不尽な逆恨みにしか見えません。
そもそもこのままセガがテンゲン経由のライセンスでMD版テトリスを発売して、万が一著作権で揉めたりした場合は日ソ間の国際問題に発展する可能性すらあったのですが、分かってるんですか?

2018/2/16(金) 午後 10:34 [ アーリー ]

顔アイコン

経緯を見ると任天堂は全然悪くないんですよねぇ。
それよりはセガの脇が甘かったというか。

ただあの時代のセガファンとしては…
僕も発売日に買いに行ったら何処にも売ってなくて、
何店か回った内の一軒で店員が任天堂が止めたらしいよ的な話をしていて
「なぜ任天堂が???」と思った覚えがあります。

ゲーム雑誌で経緯を読んで任天堂を嫌いになったのを思い出しました(笑)
逆恨みっていえば逆恨みですが、パソコンで有名なテトリスが
アーケード版で操作性を向上させて満を持してメガドライブへ、
と言う状況でしたから著作権を抜きにした一般のメガドライバーの
感想は任天堂この野郎だったでしょう。
テトリス自体はパソコンでは別のメーカーから出ていたりして、
なぜ任天堂が独占をというのもあったかも知れないですね。

2018/3/18(日) 午後 4:36 [ faf*aaa*a ]

顔アイコン

セガの脇が甘かった云々というより、
セガは「違法だけど別に大丈夫だろ」的な感覚で発売しようとしてたんじゃないかと思えてきます。
Wiiのパチモンにライセンスを与えたこともそうですが、セガって今も昔も著作権を守れない会社なんですよね。
仮にも日本屈指のゲーム会社なのだから、それに恥じない行動をとって欲しいです。

2018/3/28(水) 午後 6:05 [ 底目 ]

顔アイコン

>僕も発売日に買いに行ったら何処にも売ってなくて、

たまにオークションに出品されてるものとか海賊版のものとかは一部地域では発売されていたのか日本でもフライングで発売されてたのでしょうか?そもそも発売日は発表されていたのでしょうか?どこに書いてあったのか教えてくれませんか?

>Wiiのパチモンにライセンスを与えたこともそうですが

Wiiのパチモンにライセンスを与えたってどういうものですか?良ろしければ教えて下さい

2018/5/12(土) 午後 5:21 [ けい ]

顔アイコン

>けいさん

中国が作ったWiiのパチモン「Vii」にセガがライセンスを与えたことがあったんです。
これらのパチモンは「SEGA Zone」「Sega Mega Drive Reactor」等の名称で海外で販売されていたようです。

2018/6/1(金) 午後 9:35 [ 底目 ]

顔アイコン

当時冷戦状態で鉄のカーテンに閉ざされていたソ連に直接許可を貰いに行こうだなんてとてつもない勇気だと思いますが。
一体、任天堂のこの行動の何が気に食わないのか。

2018/6/17(日) 午後 10:02 [ san*ei3*6*_1*03 ]

顔アイコン

任天堂信者の必死の擁護がウザい。
俺は任天堂のこういうヤクザじみた横暴なやり方が昔から気に食わなくて
未だにアンチ任天堂です。
しかしなぜか日本は任天堂信者が多い。
日本人のディズニー信者の多さに近い気持ち悪さがある。
大体任天堂のゲームの何が面白いんだよ?
マリオなんてただのひげ面の親父じゃねーか可愛くもないし。

2018/9/24(月) 午後 9:55 [ ZXROSS ]

顔アイコン

> ZXROSSさん
あのまんま任天堂がなにもしなかった場合、セガは末期とはいえ共産主義の大国と真正面からやりあう羽目になっていた可能性があると理解できないその頭が羨ましい

2018/10/6(土) 午後 9:15 [ 名無しA ]

顔アイコン

>ZXROSS
自分の思考の気持ち悪さに気付いていなさそうだな

2018/11/30(金) 午前 5:03 [ T.T ]

> ZXROSSさん
反論がないと、その言葉は逆恨みにしか聞こえませんが…
擁護ではなく、これは正論だと思いますが?

2019/3/1(金) 午後 8:12 [ fut***** ]

顔アイコン

やるやらで学ぶゲームの歴史 小ネタ テトリスと囲碁の関係ってAAマンガで興味持ってちょっと調べてみようと思ってこのサイト見つけた
AAマンガとこのサイトじゃ若干書いてること違うんだけどどっちが本当のことなんだろう

2019/4/10(水) 午前 1:06 [ net***** ]

あの時、任天堂クソやんと思った。
ソ連の開発した本人には一切お金が入らなかったのは有名。
任天堂はセガを潰したかっだけ。

2019/4/23(火) 午後 3:43 [ crxddr ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事