ここから本文です
"Que sais-je?"
四国遍路で馴染みのできた地名が洪水のニュースに出てくる度に心が痛みます。

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

 
柏崎には4年生の大学が2つあります。新潟産業大学と新潟工科大学です。どちらも小さな私立大学です。経済の単科大学である新潟産業大学は以前は短大で、22年前に4年制になったとのことです。現在は大学院修士課程も併設しています。一方、名前からして明らかなように、工学部の単科大学である新潟工科大学は、私の曖昧な記憶では、十数年前に新設された大学だったように思います。2つの大学は柏崎の郊外にあって、互いに道のり約2キロの近い距離にあります。その間には、夢の森公園という自然公園と、フロンティアパークという工業地区があります。ただ、フロンティアパークの方は、まだ土地があるだけで、企業を誘致しているところです。

少し本題から脱線した前置きになってしまいました。

さて、新潟産業大学の学長は、青年海外協力隊出身者で初の大学学長です。彼も地元の出身者で、私の出身校である柏崎高校の遠い先輩でもあります。こういったご縁で、お付き合いさせていただいています。

今回、私が留学先を卒業して、ひとたび実家に戻っていることをメールにて報告すると、ちょうど産大(新潟産業大学)のオープンキャパスがあるから、挨拶を兼ねて大学を覗いてみては、とお誘いを受けました。

今まで、大学を外から眺めたことはありますが、内部を見てみるのは初めてです。入ってみると、立派な講堂や大教室、体育館もあって、外見から想像していたより、結構、大きな施設でした。

オープンキャンパスは年3回開かれていますが、今回はその3回目。参加した高校生は約40人でしたが、学長の話では、初回と第2回はもっとずっと多かったそうです。やはりピークの時期を過ぎているようです。今年はすべての回で、参加者が昨年を上回ったそうです。

さて、オープニングの学長挨拶や係員、教授スタッフの説明を聞くと、この大学の特徴は、地域に根ざし、地域を支える大学、ということにあるようです。この「地域」というのは、学長によると、柏崎に限らず、例えば学生の出身地でもいいそうです。つまり、地域を発展させるための一般的なノウハウを学習し、研究することに重点を置いているということです。もちろん、具体的な題材として取り扱う地域は、柏崎をはじめとした新潟県が中心になるのでしょうが。

専門コースにも、地域振興政策コース(経済経営学科)、まちづくりコース(文化経済学科)といった、「地域」というテーマを中心に据えたコースがあります。

私は、この小さな大学が、このような理念を打ち出していることは正しい道だと思い、強く賛同しています。地方の大学が地域開発に果たす役割は大きいはずです。いずれ将来、私もこの大学に協力しつつ、柏崎の活性化と発展に、私なりの貢献をする機会があればありがたい、と考えています。

その一方で、地域の外にも目を向けています。学生の多くは柏崎を中心とした新潟県内の高校出身者ですが、全国各地からも学生が来ていますし、4人に1人は海外からの留学生だそうです。文化経済学科には、上のまちづくりコースの他に、日本文化コースと国際文化コースがあって、地域に根ざしつつも、国際社会に開かれた大学を目指しています。また、日本文化や日本語を学びたいという留学生も多く受け入れています。

そして、新潟産業大学のもう一つの特徴、これはこの大学の自慢なのですが、高い就職率。昨年の就職率は98.6%ということで、昨年の『読売ウィークリー』(既に廃刊になってしまった雑誌ですが)では、全国の経済学部で第2位にランクされているとのことです。就職サポート体制がしっかりしているのでしょう。

いいことばかり書いてしまいましたが、もちろん、地方の小規模私立大学が抱える共通の問題を、新潟産業大学も抱えています。しかし、この記事では、大学の批判を書く意図はありません。むしろ、私の地元である柏崎を読者の方々に宣伝したい、という狙いがありますので、バイアスがかかっていることを承知の上で、肯定的な側面だけ強調することにしておきます。

10月10日と11日は学園祭とのこと。お近くにお住まいで、もし柏崎の学園地域(と言うには少し恥ずかしいほど小ぢんまりとして静かなところですが)にご興味がありましたら、学園祭の機会にお越しになってみては?

(写真上は新潟産業大学のキャンパス。下は新潟工科大学そばの田園の風景。見ての通り、今はまさに稲刈りの時期です。両大学は、このような越後の牧歌的な地区にあります。遠方の山は頸城三山の一つ、黒姫山)

この記事に

  • 地元の産業と学校教育との連携が面白かったです。それに4人に1人は海外からの留学生ということに驚きました。教育は、人間性を育ててそして社会に役に立つような知識と技能を与えばいいなと思いますが、型通りになってしまうことも多いと感じします。新潟にも訪れたいです。

    すい

    2009/9/22(火) 午後 2:11

    返信する
  • 顔アイコン

    それぞれの大学で特色のある授業や研究が行われると、大学教育一般としても発展していくでしょうね。
    新潟は魅力満点の県です。ぜひ訪れてください。

    rigmarole

    2009/9/23(水) 午前 9:47

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事