<日々の散歩> 遠州の自然から バイオ塾

遠州在住の年寄り自然科学者が日々に拾う情報です。
カブトムシの角(ツノ)にオスとメスとの違いが現れる時期の特定に成功

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2019.04.12
 基礎生物学研究所

基礎生物学研究所の森田慎一研究員と新美輝幸教授らの共同研究チームは、カブトムシのメスをオスにする遺伝子を同定することで、角の性差(オスとメスの違い)が現れる時期の特定に成功しました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


NHK 解説委員室.,2019年02月27日 (水)
石川 一洋  解説委員

流氷の上に大鷲やオジロワシ、世界自然遺産・知床の羅臼沖の海です。そしてこの自然は国後島、択捉島など北方四島の自然は深く結びついています。今日本とロシアは北方領土問題を含む平和条約交渉を続けています。知床と四島の自然保護をどのように結びつけるのか考えてみます。石川一洋解説委員です。



























開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2019.02.14
 国立科学博物館   流通経済大学

独立行政法人国立科学博物館(館長:林良博)が、平成21年度から平成25年度までの5年間にわたり実施した「皇居の生物相調査第Ⅱ期」で採集されたハダニ科の中に、新種が含まれていた事が分かりました。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

古くから知られる西日本の流水性サンショウウオから 2 新種の発見 〜ブチサンショウウオには実は 3 種が含まれていた〜


日本の研究.,プレスリリース 掲載日:2019.01.30
 京都大学   琉球大学

遺伝子解析、形態解析の結果、西日本を代表するサンショウウオであるブチサンショウウオ Hynobius naevius の中に実は 3 種のサンショウウオが含まれていることが明らかとなり、中国地方の集団をチュウゴクブチサンショウウオ Hynobius sematonotos、九州北東部の集団をチクシブチサンショウウオ Hynobius oyamai として新種記載(命名)しました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室長 五箇公一
 07時00分無断転載禁止
 100匹超のカメムシがウジャウジャ…。日本からの輸出品に潜り込んだカメムシたちの「密航」が南半球の国を驚かせた。外来生物の侵入ばかりが伝えられるが、日本から海外に渡った迷惑な生き物も多い。海外で猛威を振るう日本の生き物たちは、どのようにして危険な「侵略者」になったのか。国立環境研究所生態リスク評価・対策研究室の 五 ご 箇 か 公 こう 一 いち 室長に解説してもらった。 読売新聞online.,2018年10月08日

イメージ 1



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事