<日々の散歩> 遠州の自然から バイオ塾

遠州在住の年寄り自然科学者が日々に拾う情報です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 京都府舞鶴市冠島に生息する渡り鳥のオオミズナギドリが、子育て期間の8〜11月を中心に、餌を求めてはるか約700キロ北西の朝鮮半島東岸周辺の日本海中西部まで“出張”していることを、府立大大学院生命環境科学研究科の平井正志教授(細胞工学)らの研究チームが突き止めた。http://sankei.jp.msn.com/science/science/090904/scn0909042220003-n1.htm

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事