理系白書ブログ

毎日新聞「理系白書」の記者がつくるブログです

全体表示

[ リスト ]

災害

ヤスです。

ご無沙汰です。今年の漢字は「災」でしょうか。「難」もか。

水害のニュースに触れると、過去の記憶がよみがえる。小学生のとき、台風の大雨で故郷の長良川の堤防が決壊した。我が家のそばを流れる長良川の支流も氾濫し、自宅は寸前で災禍を免れた。まだ、「ぼっとん便所」だったので、くみとり口に水が入って、トイレがあやうくあふれそうだった。海のようになっていた自宅前の田んぼには、ヘビが泳いでいて、ありとあらゆる物が流れていた。小さな子どもはプールだ、と喜んで遊んでいたが。同級生が舟に乗って救助されているのを、テレビで見た。

学校は2週間ほど休みになった。授業が再開して学校にいくと、水の跡が校舎の2階まで来ていて、ぼくの自転車にも草だの何だのがまきついていた。

被災者が家を立て直すと、近所では「国から金をもらっていい思いをした」とかいううわさが出始めた。堤防の高さが、金持ちも多い地域とそうでない地域と差があったという声も出た。長良川の堤防決壊は、安八訴訟となって、政府の防災対策が問われた。災害は地域を破壊する。

先月は10年以上暮らしていた宮城県に行ったが、見慣れた風景が失われて大変なショックを受けた。

いかに被害を抑えるべきか。技術の進歩でずいぶん抑え込むことができるようになったが、その歩みは止めてはいけない。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事