理系白書ブログ

毎日新聞「理系白書」の記者がつくるブログです

全体表示

[ リスト ]

人生初体験

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

元村です。たいへん、たいへん、ごぶさたしておりました。

無精した理由は入院。
入院の理由は骨折。
骨折の理由は転倒。
転倒の理由は不注意。
というわけで、10月は骨折、入院、手術という人生初の3連発に翻弄されていた。

学ぶことがたくさんあった。簡潔に述べると、

1)不慮の事故というのは突然やってくる。
転ぶ瞬間まで、自分がこのような運命に巻き込まれるとはつゆ思っていなかった。
転んだ後もねんざだと思い込み、翌朝近くの医院にいってX線で写真を撮ったら、とても分かりやすく骨が折れていた。
それを知ってもなお「午後から会社に行ってもいいですか」とお医者さんに聞いたりした。
往生際が悪いというよりも、降って湧いた新しい事態を飲み込めていなかったのである。

2)家の中は危険がいっぱい。
転んだのは屋外だが、松葉杖で帰宅してみると、なんじゃこりゃというぐらい段差の嵐であった。
そもそも松葉杖に慣れていない上に、玄関、敷居、風呂場、ベランダ、風呂桶など段差が無数にあって途方にくれた。
両方松葉杖だと、お茶を入れた茶碗も運べないのである。もちろん調理もできなければ、買い物にも行けない。二次災害を防ぐため、早々と入院を決心。

3)一人で入院するのは大変。
独り暮らしの人は「入院セット」を、非常要持ち出し袋と同様に準備しておいた方がいいと思う。
不自由な体では、スーツケース出すだけでも大変なのだ。
足りないものの買い出しや荷造りを、同僚が手伝ってくれて助かった。
当日はタクシーを呼んだが、タクシーまで荷物を運べない。管理人さんに運んでもらった。助かった。

4)看護師さんは天使。
朝夕の検温&血圧測定、三度の食事と服薬指導、術後のケアから車いすまで、看護師さんにお世話になった。
手術のあと、麻酔が覚めて右足が焼けるように痛み、寝返りも打てず悶々として深夜、ナースコールを押した。「どうしました〜痛いなら我慢しないでね〜」とテキパキ対応してくれた看護師さん、ほんとに天使に見えた。
抜糸までの10日間、お風呂には入れないのだが、介護の専門職の人が髪を洗ってくれた。これも生き返るような気がした。

5)使わない機能は衰える。
手術翌日から足を動かすリハビリを始めたが、すでに右足首の可動域が狭まっていた。負傷から4,5日固定していたためだ。2週間、右足に体重をかけない生活を送っただけで、見た目にもふくらはぎがやせてきた。あまりの分かりやすさに笑える。

患部には、チタン合金のプレートが、9本のボルトで留められている。
今後は骨を育てつつ、リハビリで機能の衰えを取り戻し、徐々に体重をかけられるようにして、松葉杖から卒業することが目標。
この間、キャンセルした予定多数。みなさまご迷惑おかけしました。埋め合わせは元気になってから。

写真は病院の食事(おいしくて毎食完食)の一例。ベッドから見た秋の空。そして「ウチで飲むなら」とアルコールを解禁されたので、昨夜来てくれた友人との快気祝いの一こま。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事