理系白書ブログ

毎日新聞「理系白書」の記者がつくるブログです

全体表示

[ リスト ]

祝・出版

イメージ 1

イメージ 2

元村です。東京は寒い週末。お日様でてこーい。

さて、私の2冊目の本がこのたび、出版の運びとなりました。
「気になる科学 調べて、悩んで、考える」(毎日新聞社)

書店には20日ごろから並ぶようですが、アマゾンでは予約注文絶賛受付中!
http://www.amazon.co.jp/%E6%B0%97%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E7%A7%91%E5%AD%A6-%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%80%81%E6%82%A9%E3%82%93%E3%81%A7%E3%80%81%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B-%E5%85%83%E6%9D%91%E6%9C%89%E5%B8%8C%E5%AD%90/dp/4620321214/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1355547121&sr=8-1

2007年、新聞連載のコラム「発信箱」をまとめた「理系思考 分からないから面白い」を出版した時には、私はイギリスに留学中だった。
08年に帰国してデスクとなり、あちこちに書いた雑文や連載に加筆したのが、今回の新刊。
どんな本、と一言で言えない(笑)
テーマは、素粒子、微生物、宇宙、粘菌など、自分が気になるもの。
それについてぼんやり考えたエッセイが100編あまり。
2011年以降は震災と原発事故の話題が多い。このブログにつづった取材日記も、収容した。

本を出す、ということは並大抵のことではない。
普段の仕事をしながらだと、余暇をこの作業につぎ込むことになる。
締め切りギリギリまで仕事をしないたちなので、なかなか筆が進まない。
でも「今年中に出す!」という約束(編集者との)は守れた。よかった。

私は素材を提供するだけ。
編集者がその人のセンスで並べ替えたり、章立てをしたり、索引をつけたり、装丁を考えたりする。
今回の本で私がお願いしたのは、「自分は科学には縁がない、と思っている人に読んでもらえるような本にしてほしい」ということだった。
おかげで、それに近いモノができた。
みなさまもぜひ!

写真はできたてのほやほやの現物。ウシ柄はカバーを脱がせたところ。なぜウシ、かは読んでのお楽しみ。
それと、編集者が出版祝いにくれたお花。なんと箱に入っている。開けてびっくり、飾っておしゃれな、うれしいプレゼント。
ちなみに、表紙と同じ配色です(笑)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事