理系白書ブログ

毎日新聞「理系白書」の記者がつくるブログです

全体表示

[ リスト ]

夢は叶う

イメージ 1

イメージ 2

元村です。きょうは立春。東京は初春の暖かさ。

夢は叶う。
こんなベタな言葉は普段あまり口にしないけれど、今日ばかりは言いたい。
きのう、ドリカムのコンサートに行った。
彼らのデビューと私の就職が同時期だったので、社会人としての自分はいつもドリカムと一緒。
たまたま、同僚の知り合いに「チケット2枚あるからコンサート一緒に行ってくれるひとー」と探している人がいると聞き、すぐさま立候補した。
キャンセルのきかない予定を入れた途端用事が入るという因果な商売なので、とっても久しぶりだった。

コンサートはすばらしかった。
私より年上なのに、吉田美和ちゃんのあのかわいらしさ、声量、キレのあるパフォーマンス。
そして彼女自身、歌うことをこよなく愛していることが伝わってきた。
夢は叶う、というポジティブオーラをたっぷり浴びて元気になった。

初対面の「コンサート友達」と、反省会を兼ねて夕食。
彼女が、新宿の沖縄料理屋に連れて行ってくれた。
ここのマスターが椎名誠さんと親しいと聞いてびっくり。
彼女に、私が出した本を椎名さんがほめてくれたことなどを話すと、彼女もびっくりしていた。

さらにびっくりしたのは、泡盛を飲んでいたらご本人が登場。
ほっぺを3度、つねりましたよ私は(笑)
イベントの打ち上げとやらで、20人ぐらいを連れてご来店だったが、マスターが気を利かせてお礼を言う機会を設けてくれた。
「ああ、あの元村さんね、いや、あの本おもしろいねえ。ウシのゲップなんて話、なんで知ってるの?いや、ちょっと話そうよ」
と、我々の席に来てくれ、30分ぐらいいろんな話をした。

泡盛の酔いも手伝い、夢うつつで帰宅した。朝起きた時も半信半疑。昨夜のことは本当かしら、夢かしらと、またほっぺをつねった。
昼は美和ちゃん、夜はシーナさん。なんてぜいたくな一日。
みなさん、こうやって夢は叶う(Dreams come true)のですよ。いや、1年分の運、使い果たしたか。

ちなみに「幸運の女神」の彼女はぐうぜん、同郷だった。
話してて分かったが、生まれた病院と、小学校から高校まで同じだった。
わはは。これも何かの縁よねと、再会を期しハグして別れた。

写真は美和ちゃんのサイン入りテープ。そして寝相のいいお魚ちゃんたち。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事