理系白書ブログ

毎日新聞「理系白書」の記者がつくるブログです

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

夢は叶う

イメージ 1

イメージ 2

元村です。きょうは立春。東京は初春の暖かさ。

夢は叶う。
こんなベタな言葉は普段あまり口にしないけれど、今日ばかりは言いたい。
きのう、ドリカムのコンサートに行った。
彼らのデビューと私の就職が同時期だったので、社会人としての自分はいつもドリカムと一緒。
たまたま、同僚の知り合いに「チケット2枚あるからコンサート一緒に行ってくれるひとー」と探している人がいると聞き、すぐさま立候補した。
キャンセルのきかない予定を入れた途端用事が入るという因果な商売なので、とっても久しぶりだった。

コンサートはすばらしかった。
私より年上なのに、吉田美和ちゃんのあのかわいらしさ、声量、キレのあるパフォーマンス。
そして彼女自身、歌うことをこよなく愛していることが伝わってきた。
夢は叶う、というポジティブオーラをたっぷり浴びて元気になった。

初対面の「コンサート友達」と、反省会を兼ねて夕食。
彼女が、新宿の沖縄料理屋に連れて行ってくれた。
ここのマスターが椎名誠さんと親しいと聞いてびっくり。
彼女に、私が出した本を椎名さんがほめてくれたことなどを話すと、彼女もびっくりしていた。

さらにびっくりしたのは、泡盛を飲んでいたらご本人が登場。
ほっぺを3度、つねりましたよ私は(笑)
イベントの打ち上げとやらで、20人ぐらいを連れてご来店だったが、マスターが気を利かせてお礼を言う機会を設けてくれた。
「ああ、あの元村さんね、いや、あの本おもしろいねえ。ウシのゲップなんて話、なんで知ってるの?いや、ちょっと話そうよ」
と、我々の席に来てくれ、30分ぐらいいろんな話をした。

泡盛の酔いも手伝い、夢うつつで帰宅した。朝起きた時も半信半疑。昨夜のことは本当かしら、夢かしらと、またほっぺをつねった。
昼は美和ちゃん、夜はシーナさん。なんてぜいたくな一日。
みなさん、こうやって夢は叶う(Dreams come true)のですよ。いや、1年分の運、使い果たしたか。

ちなみに「幸運の女神」の彼女はぐうぜん、同郷だった。
話してて分かったが、生まれた病院と、小学校から高校まで同じだった。
わはは。これも何かの縁よねと、再会を期しハグして別れた。

写真は美和ちゃんのサイン入りテープ。そして寝相のいいお魚ちゃんたち。

増刷始末

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ずいぶんのごぶさたでした。年明け、フェイスブックを始めたこともあり、ついついお留守になりました。

この週末は正月以来の連休。初日は死んだように昼過ぎまで寝ていた。きょうは人並みの時間に起きてジム→バーゲン。
先週の診察でジョギング解禁の許可が出たので、軽く20分ほど走ってみた。快調。
右足の太さは戻ったが、片足立ちが難しい。足の裏全体で体重を支える力が弱まっているんだと。暇さえあればフラミンゴのように自主トレ。

さて、年末に出版された拙著「気になる科学」、1カ月で増刷が決まった。
全部を売り切ったわけではないけれど、書店からの注文が途切れない&増えているのを踏まえて、在庫を切らさないよう増刷を決断してくれたようだ。ありがたや〜

出版からこれまでに、私の本を紹介してくれたのは、
★書評
・日経夕刊(竹内薫さん)
・読売朝刊(須藤靖さん)
・WEDGE
・SPA!

書評ではないけれど、私が10歳のころからファンである椎名誠さんが、週刊文春の連載「風まかせ赤マント」で、ほぼ1ページにわたって紹介してくれた。うれしくて失神しそうだった。
このほかに、東京FM「柳家喬太郎のキンキラ金曜日」に出演。自称「文系人間」の喬太郎さんが、興味津々で科学の話を聞いてくれたのがとってもうれしかった。
科学をお勉強モードでなく楽しめるのがこの本の特徴。科学の「食わず嫌い」、必ず治る。太鼓判。

写真は、めでたく30歳になった後輩のために買って気前よく食べたバースデーケーキ(のつもり)。
増刷が決まった日、用事の合間に独り乾杯した時の一こま。
そして、「幸福の木」が枯れそうになったので買ってきた液体肥料。「植物の宇宙食」というコピー(意味不明)に惹かれて。元気になれよ〜

ジム再開

イメージ 1

イメージ 2

元村です。あらためまして、今年がみなさんにとってよりよい一年でありますように。

さて、日曜日からジム通いを再開した。
10月14日に骨折してからというもの、右足の保護を第一に暮らしてきたので、ジムどころではなかった。
年末の診察で、主治医のお墨付きが出たので、年明けと共に解禁。
とはいえ、骨はまだひっついていないらしいから、負荷が大きいジョギングは月末までお預け。

昨日はトレッドミルで、やや急な坂道を早足で2キロ。自転車こぎを中程度の負荷で10分。あとはマシンで、全身の小さな筋肉をしこしこと鍛えた。
おかげできょうは全身が筋肉痛。いえいえ、この心地よい痛みも懐かしいのであります。

ジムにはサウナと大きなお風呂もあって、患部を温めたりするのにもいい。
3カ月分の会費を取り戻すために、これからは湯治に通うことにしよう。

というわけで、今年の私の目標。
1 健康を取り戻す。春には低山ハイキングを再開!
2 いつも笑顔で楽しく仕事!
3 「気になる科学」をもっともっとたくさんの人に読んでもらう!

写真はもらったお土産シリーズ。ロシアのスタバでしか売っていない(のかな)、マトリョーシカマグ。
そして、五島名産の海塩。昆布と鰹のエキスがはいって「こんかつ」だそうだ(笑)

新年

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
今年もみなさまにとって穏やかな一年でありますように。

実家は東京より寒くて驚き。
朝は屋根に積もった雪が落ちる音で目が覚めた。

詳しい報告は追ってまた。

政権交代

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

元村です。あと4日で2012年とおさらば。うへぇ。

忙しくしている間に、永田町ではいろんなコトが起きた。
総選挙で自民党圧勝。政権再交代。
安倍晋三氏が戦後2人目の「再チャレンジ」首相に。組閣整う。
日本未来党、早すぎる「成田離婚」で分裂へ。

まあどれも、驚きといえば驚き。「だから言ったじゃないの」という気分でもある。
床屋政談的に羅列すれば、

「馬鹿がつく正直」を貫いて約束を守り、解散に打って出た野田さんは、いい人か悪い人か。
人間そのものを比べたとき、安倍さんと野田さんはどちらが信用できるか。
嘉田さんはなぜ小沢さんと仲良しになれると思ったのか。
落選した小沢ガールズのみなさんはこれからどうするおつもりか。

などなど疑問がたくさん。
さらに
あれだけ「危ない」と批判されたインフレターゲティングを日銀がやると言っているのはどういう理屈に基づくのか。
「原発は新増設しない」、という政策を、民主党の考え方だからといってころりとひっくり返すのは許されるのか。

という疑問も。
私は有権者なので、きちんとウォッチさせていただく。

目下の個人的関心は、25日に上梓した拙著「気になる科学」である。
クリスマスイブの日、新宿紀伊國屋に偵察に行ったら、1階の新刊コーナーにうるわしくも平積みされていた。
噂によると、あそこは超激戦区で、なかなか並べてもらえないのだという。
同店では4階の理工書コーナーにも平積みされており、私が見た時は残り1冊だった。
うれしいねえ。
きょう、丸の内OAZOの丸善をのぞいたら、自然科学フロアの3階に、4カ所で展開。
恐れ入りました。場所ばかり取って売れないのじゃ申し訳ないので、自ら買ってきた。

各地の知り合いからも「大きい本屋さんで平積みされていたよ」と通報が来て、うれしい。
科学書や、ビジネス書が多い新刊の中では、牧歌的な(てか牧場)装丁が意外に目立つ。
アマゾンで予約してくれた人たちの元には、クリスマスに届いたようだ。読んだ感想が次々と。
読む人の性別やバックグラウンドによって、読み方も感想も全然違うのがおもしろい。

写真は近況報告代わりに。
快気祝いにごちそうになった上海ガニ。もちろん名札つけてゆでて食べました。
仙台市のイルミネーション。きれいだけど寒かった!
お歳暮でいただいた、あの「菊乃井」のインスタント湯葉にゅうめん。インスタントなのに本格的。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事