理系白書ブログ

毎日新聞「理系白書」の記者がつくるブログです

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

古川本

イメージ 1

元村です。朝刊デスク業務が終わって一息。

今度の日曜日、星出彰彦飛行士が宇宙へ旅立つ。1度目はスペースシャトル、2度目の今回はロシアのソユーズ宇宙船が彼を運ぶ。
我が同僚のN記者が昨日、射場のカザフスタンへ向け出発した。

1年前には古川聡さんの打ち上げがあった。国際宇宙ステーションに半年滞在する間、毎日新聞の「臨時ISS宇宙支局長」として寄稿などもしてもらった。
その恩返しというわけではないが、このほど、古川さんの生い立ちから宇宙滞在、帰還後の心境まで「ほぼすべて」を網羅した本を出版することができた。

宇宙へ「出張」してきます(毎日新聞社、1680円)

著者は古川さん本人と、宇宙ライターの林公代さん、そして毎日新聞科学環境部、という顔ぶれ。
忙しい古川さんに代わって、林さんが帰還後のリハビリを詳細に取材してくれた。
いわく、重力が当たり前の地球をわずか半年離れただけで、体は完全に「宇宙仕様」になるのだそうだ。
頭が重い・・・気分が悪い・・・座るとおしりが痛い・・・鉛筆が重い・・・などなど。
おもしろいねえ。人間の適応能力にブラボーというところ。
それを、45日間かけて少しずつ「地球仕様」に戻していく過程がつづられる。

私は、古川さんの生い立ちを、ご本人およびご家族、そして親友のみなさんに取材して書き下ろした。
おそらくこの瞬間、私は世界でも有数に古川さんの個人史に詳しい人間かもしれない(笑)
今の穏やかで柔和な古川さんからは想像もつかないほど腕白な少年時代、青春時代があったようだ。取材してて本当におもしろかった。それが読者に伝わったらうれしい。

出版を記念して、18日に八重洲ブックセンターでトークショーをやります。
といっても古川さんは米国で訓練中のため不参加。代わりにJAXAの横山哲朗さんをお招きし、林さんと私と3人で「宇宙で働くということ」をテーマにおしゃべりします。
先着順の登録制なので、宇宙(医学)に関心のあるみなさん、ぜひ登録を。
八重洲ブックセンターの案内はこちら。
http://www.yaesu-book.co.jp/events/index.html#space-job

写真は古川さん本の表紙です。

何ができるかな16

イメージ 1

元村です。またまたご無沙汰している間に7月になっちゃいましたよ。

引っ越しから1カ月。先週、ようやく引っ越し屋さんが段ボールを回収に来てくれて、ベランダがすっきり。
おかげでベランダで過ごす時間が増えた。夕刊番がついていない日は、雨でない限り、折りたたみ椅子と小さなテーブルをベランダに出して朝のコーヒーを飲みながら新聞を読むのが日課。
「そんなことしてる人、近所であなただけでしょう!」
と、最近よくいく近所の居酒屋のご主人がいう。
つまり「そんな優雅な」と彼は言っているのだが、そうかなあ。

確かに、前住んでいた部屋は、南と西に広いベランダがあったけれど、惜しいことに幹線道路に面していたため、窓の外は騒音でくつろげる雰囲気ではなかった。
今度の部屋はベランダの正面が木立になっていて、音にも人目にも悩まされない。風に吹かれながら新聞を読むのは気持ちのいいものだ。

もう一つの理由は、薄暗いところで小さな字を読むのがつらくなってきたことがある。
そうそう、40代になるとやってくる、例のアレですよ(笑)
部屋で読むとなると、電気が欲しくなる。これは日当たり絶佳の前の部屋ではなかったこと。
ともあれ、朝から電気をつけるのが「もったいない」と思う習慣がついてしまった。

そこで電気料金。
引っ越して、50アンペアの契約が30アンペアになった。これだけで、基本料金が744円も違う。
半面、引っ越し先は前より日当たりが悪いから、エアコンの使用量は減るとしても、照明の使用が増えるだろう。
さらに東京電力の利用者は7月から電気料金に、再生エネルギー買い取りに伴う負担が加算されることになった。
これらを加えても前より安くなるだろうか。
今月の請求が楽しみだ。

東電は、全原発が停止中で火力発電用の燃料代がバカにならないことを理由に、9月から一般家庭向けの値上げを計画している。
報道では8%台になるとか。
原発ゼロという「安心」と引き替えに燃料費がかさむというなら、私は許容する。
しかし、相対的に高水準な社員の給料分、燃料買い付けの際の交渉力(値切り力)不足などが折り込まれているとすれば一言言わせてという気分になる。実際、政府に提案した段階では社員の福利厚生費などが含まれていたため、それを除外して値上げ率が圧縮された。
公共色が強いということで、半ば「聖域」化していただけに、こんな風に関心が集まることはいいことだと思う。
それも、あの忌まわしい原発事故がきっかけではあるのだけれど。

写真は遅い朝食。昨日、自転車ででかけた近くの商店街の肉まん。
電子レンジではなく、鍋で蒸し直した。
黒酢にちょっと醤油を垂らし、辛子をつけていただく。絶品。また買いに行こう。

自転車

イメージ 1

元村です。

引っ越してから買ったものの中に自転車がある。
今の家は4線5駅利用できる場所にあるけれど、どれも微妙に遠い。買い物も、徒歩30秒だった以前に比べれば不便になった。
なので自転車を買った。

思えば自転車を買うのも何年ぶりか。少なくとも東京に来てからは一度も買ったことがない。
調べてみると、最近の自転車はいろいろ進歩していることが分かった。
我が家にやってきたのは、私のお財布の範囲内で最高のスペック。
おかげで行動範囲が広がった。

まずは買い物。自転車だと3分だ。
念願のホームセンターも、地下鉄に乗って、さらに駅から徒歩10分だったのが、自転車だと10分かからない。しかも大荷物でも平気。
一方で、東京は坂の多い街だと改めて気づいた。
歩いていると意識しないが、緩い勾配でも坂が続くと、自転車ではへたばってしまう。
ジムで自転車こいでいるではないか頑張れ!と自分を叱咤激励して(でもギアを軽いものにして)頑張る。
その先に待っているのは下り坂。ふふーん♪

さて、きょうは日曜日。
1週間分の食糧を買い出しに行ったら、グリーンピースが並んでいた。一袋98円。安い。
毎年恒例の(ちょっと遅いけど)ピースご飯を炊こうと2袋買った。
さやの中から出て来たのは、大粒の宝石みたいなお豆さん。
おいしかったのなんの。
というわけで写真でお裾分け。
おっと、ご飯とお味噌汁の前に、おかず4品をビールでいただいているので念のため。

台風一過

イメージ 1

元村です。ずいぶんずいぶんのごぶさたでした。

台風4号は昨夜、東京の西を通過していった。今朝は東北の風雨が心配。
引っ越して初めて経験する台風。南向きの窓にまともに風がぶつかってくる。
アルミサッシなのに、すきま風がピュー!と音を立てるのだ。
夜中11時ごろ、一番風が強かった時は、ガラスが割れたらどうしようと思ったぐらいだ。
ベランダにとりあえず出している、山のような空き段ボールとか、収集日を待っている粗大ゴミも、どうなることかと心配したが、今朝見たらそれほど大変なことにはなっておらず、安心した。

今月は引っ越しに加え、わが部では大飯原発の再稼働、6歳未満の子どもで初の脳死判定・移植などがあり、あっというまに3週間が過ぎてしまった。
私を一瞬絶望的にさせた山のような荷物も、今の部屋で収まるべきところにいちおう収まり、日常生活が戻ってきた。
今なお行方不明のモノが多数あるけど、なくても不便していないということは不要ということかしら。断捨離作戦継続。

といいつつ、必要なモノは必要だ。
引っ越してから、モノを新たにいろいろと買っている。
照明器具(前の家にはついていて、買う必要がなかった)
突っ張り棒(押し入れをクロゼットに改造)
踏み台(収納場所とかベランダの物干しがなぜか高い)
洗面器(勢いで捨ててしまった)

こういうとき、隣にホームセンターまたはマイカーがあったらなあと思うがあいにく持ち合わせない。
その代わり、通販という強い味方がある。
きょう午前中には自転車が届く。この週末、買い物に威力を発揮してくれるだろう。

近くにおいしい居酒屋も見つけた。
駅までの近道も確保した。
というわけで、これからまじめに書き込みします。

写真はベランダからの風景。緑一色!

何ができるかな15

元村です。

あっという間に5月も終わり。明日から6月。
6月1日は「スーパークールビズ」解禁。また霞ヶ関にちょっと無理したアロハや「かりゆし」の人たちがあふれることだろう。
節電で「室温28度」が奨励されているが、28度というのは正直、じとっと汗ばむ温度である。
霞ヶ関の官庁街は結構真剣に28度を守っているので、「スーパー」が解禁されると結構うれしいという人は多いのではないか。

ところで私が来月引っ越す物件は、電気容量が30A(アンペア)の設定である。
今住んでいるところはどうだったっけと思って、毎月もらう「お知らせ」を見たら50Aだった。

東電によると、家庭用の中で一番多いのは30Aだという。
そもそも私のように、日中留守がちな家で50Aの設定が必要だったのか?
基本料金だって、30Aは50Aより毎月550円も安い。あー損した!

思い返せば、4年間住んでブレーカーが落ちたことが2回ぐらいあった。
エアコン、電子レンジ、電気ポットを一緒に使った時である。
だからといって、常に50Aで構える必要はまったくないのであった。

引っ越した後は、電気を食う家電を同時に使わない一工夫が必要ということか。
50Aを30Aに。電気頼みの生活のダウンサイジング。
過剰に我慢するのは続かないと思うけれど、一つの節度を自分に課すきっかけとしたい。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事