理系白書ブログ

毎日新聞「理系白書」の記者がつくるブログです

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

断捨離作戦

元村です。

いいお天気だが家で忙しくしている。
引っ越しが近づいているのだ。
思い返せば4年前、ロンドンから帰ってきた時は「住所不定」の身だった。
とりあえずウィークリーマンションを借り、仕事の合間にやや慌てて探したのが今住んでいる部屋。

眺めは抜群だし駅から近いし、管理人さんは親切だし目の前にスーパーできちゃうし、というわけで条件的には一生住んでいたいぐらいだが、家賃が身分不相応に高い。
というわけで、生活環境と広さは同じで家賃が安い物件を探し、2回目の更新前に引っ越すことにした。
今度の部屋は、敷金礼金引っ越し代その他を払っても、1年間住めば元が取れる。
2年目からは家賃の差額を、やがて買うかもしれないマイホーム(死語)のために貯金すると決意。

今の部屋から見えるほど近いのに、引っ越しが必要とは(当たり前だ)。
めんどくさいが、荷物を整理するいい機会になる。
自分はあまりモノを買わない人間だと思っていたが、この4年間で着実に荷物が増えている。
えーい、断捨離じゃ。

まずは毎年恒例、衣替えのついでに着ない服を、どさっと「救援衣料センター」へ。
この2年間一度も使っていない鞄類、いただきものの食器やタオルその他はリサイクルショップへ。
これをしおに、VHSのビデオ多数とデッキ、ラジカセも処分。本も2割ほど減らした。

きょうは、捨てられなかった手紙のたぐいを整理した。
誰だっけ?とか、あー懐かしいなあなどとつぶやきながら読み始め、あっという間に時間が経つ。
楽しかったこと、つらかったこと、いまも泣けてくること、いろんな思い出がよみがえってくる。
いけない。自分を叱咤して、必要最低限のものだけ残した。

靴や洋服ももっと捨てられると思うけれど、「引っ越し先であふれたら捨てよう」と思う私はまだまだ修行が足りない。
「片付けられない」を自認する女友達は「断捨離の本は何冊も持っている(けど片付かない)」という。
私に言わせりゃ、本を何冊も買うところから、すでに駄目では(笑)

太陽のリング

イメージ 1

元村です。

みなさん、金環食見ましたか。私は見ました。
振り返れば1990年、ドリカムの「時間旅行」で2012年にこの天文現象があることを知り、あれから20年近くが経って、本当にその日がやってきた。

今朝は5時半に起床。家から真東の方向は見えたけれど、日食めがねを会社に置いていたことと、みんなで感動を分かち合いたくて、いそいそと出社した。
会社の屋上が、取材用に特別に提供されており、そこで観察。
雲がときどきかぶってハラハラしたが、リング状になった瞬間から5分間、たっぷり楽しむことができた。

皇居のお堀端を見てみると(会社のビルはお堀端にある)、反時計回りに走るランナーを除いて、数百人規模の人たちが通勤途中に立ち止まり、めがねをかざして一斉に東を向いている。
不思議な光景。

折しも先日、ベストセラーを映画化した「天地明察」の試写を見たところ。
主人公は江戸時代、初代幕府天文方となった渋川春海。
囲碁の才能を期待されつつ、それでも天文への情熱断ちがたく、独自に和製の暦を作ってしまうというお話である。
映画の中に、中国の暦の間違いを暴くべく、独自に計算して日食の日付を公表し、実際に起きるかをみんなで見守るイベントを仕掛けるシーンがある。

今は100年後の日食だって予測できるのだからすごい。
これも昔の人のこうした努力の積み重ねの上にあるのだろうか。
この映画、岡田准一、宮崎あおいの共演で9月公開。ご関心ある方はぜひ。

写真は日食とまったく関係ないですが、週末に訪ねた有馬温泉での一こま。
新緑を堪能しました。

世の中狭い

イメージ 1

元村です。またまたしばらくごぶさたでした。

新緑の季節。緑を味わいに先日、山梨まで出かけた。
目的地はある温泉。泉質、眺望ともに絶佳という評判を数年前に聞いて、一度行きたいと思っていた。
単にドライブ&温泉、ではつまらないので、東京を朝出発し、山に登って、温泉で汗を流そうということになった。

登っている最中は雲に隠れて見えなかった富士山が、頂上にたどり着いたころにはバーン、と勇姿を現した。
いいねえ。やっぱり富士山は日本一の山だねえ。
登るより眺めた方がいいねえ(多分)。

そう言いながら山を下り、温泉へ。
こぢんまりした方と、だだっ広い方の2種類があってどちらかを選ぶことになっていたので、広い方を選ぶ。
温泉に首までつかると「うーん」とうなってしまう。
暮れなずむ富士山と、眼下の甲府盆地の夜景が眺められる。ほんとに極楽。

満喫していたら、隣の女性3人組の会話が耳に入った。
聞き覚えのある声。はっとして隣を見たら、なんと千葉に住んでいる姪であった。
2年に1度ぐらいしか会わないのに、よりによって同じ日、同じ時間に同じ風呂で隣同士とは(笑)

そういえば、愛知に住んでいるうちの兄が、仕事で大阪に行き、うまいと評判のラーメン屋にはいったら、大阪に住んでいる叔父さんがいた、という話を思い出した。

こういうとき、私の古里では相手に向かって「なんしよーん」と言う。
「あらまあどうしたの」的な意味なのだが、何をしているかなんて見れば分かる。
こういう時には「風呂に入ってる」と応えず「あんたこそなんしよーん」と応じるのが礼儀である。

写真は木立の合間に見えた富士山。

料理修行5

イメージ 1

イメージ 2

元村です。ほんとにご無沙汰してました。
あちこちから「ブログどしたー」と突っ込みを受けつつも、心の余裕なく・・・
というより、休みの日にPCに向かう気力が起きず。
詳細はおいおい。

さてタイトルの話題。
連休中にチャーシューに初挑戦。
一連のオーブン料理である。
我が家の前のスーパーはホントに優秀で、かたまり肉も安い。
豚もも肉をしょうゆ、砂糖、にんにく、みりんのタレに漬け込んで焼いただけ。
ショウガはなかったので割愛。
そのかわり八角の香りをきかせて。

焼いてしばらくオーブンに放置して、肉汁を閉じ込めた。
その後、タレをフライパンで煮詰めたところに放り込んで照りを出す。
それにしてもオーブン、けっこう使える。ほったらかしで料理ができちゃうのが偉い。
今まで使わなくてすまんすまん。

写真は焼き上がり。つやつや。
そして某夜のアテ。中のピンクがきれいでしょ。
洋からしを添えていただきます〜

大吉

イメージ 1

元村です。

気がついたらもうすぐゴールデンウィークではないですか。
何も予定立ててない・・・
黄金週間中も紙面は普通にあるし、むしろ「黄金週間進行」でいろんなものが前倒しになっている。
けっこう忙しいのだ。

4月に入って始めたことは、毎朝ヨーグルトを一つ食べること。
ヨーグルトは好きで、毎日食べることが半ば習慣化しているのだが、冬の間は、冷たいものを摂取することを(生ビール以外)からだが喜ばないので、食べるときはもっぱら会社で食べていた。
そういや、特定のブランドのヨーグルトがインフルエンザを予防するとかいって売り切れたりしていたなあと思いながら、気が向いたブランドを買って食べる。

最近続けて食べているヨーグルトの楽しみは、裏ぶたに一言書いてあることだ。
今朝の一言は「大吉!」であった。
占いは、いいものだけ信じて、悪いものは信じない主義。
根拠もなく「運がいいよ」と言われると、なんだかうれしいじゃないですか。
「大吉」っておみくじでもあまり引かないし。

で、写真に撮ってしまいました。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事