ここから本文です

書庫全体表示

安倍晋三首相は14日夜、トランプ米大統領と電話会談し、イラン情勢に関し意見交換した。首相は会談後、公邸前で記者団に、ホルムズ海峡近くで日本企業が運航するタンカーが攻撃された事件について「いかなる者が攻撃したとしても、日本として断固非難する」と述べた。
※首相、タンカー襲撃「断固非難」 日米電話会談後の発言全文
 
来日中の国際エネルギー機関(IEA)のビロル事務局長は14日、中東ホルムズ海峡付近のオマーン湾で日本の海運会社が運航するタンカーなどが攻撃されたことについて、「ホルムズ海峡は世界のエネルギー供給のチョークポイント(海上の要衝)だ。慎重に事態の推移を見守り、必要なら行動を取る準備をしたい」と述べた。
ホルムズ海峡攻撃「必要なら行動準備」 IEA事務局長
 
防衛省はイラン沖のホルムズ海峡付近で日本企業が運航するタンカーが攻撃を受けたことに関し、情報収集などに対応をとどめている。自衛隊を派遣するには任務に応じた要件を満たす必要があるが、現状はいずれにも該当しないと判断しているためだ。
※ホルムズへ自衛隊派遣、要件満たさず 岩屋氏「ニーズない」
 
 今回のイラン訪問。その成果よりも、タンカー攻撃に注目が集まって(集めようとしている?)います。それに便乗して、自衛隊派遣の是非にも言及しています。安保法制の意義を強調するためでしょう。タンカー攻撃の政治利用に余念がありません。その一方で、国内メディアのイラン訪問に対する評価は十分とは言えません。
米紙ウォールストリート・ジャーナルは14日、安倍晋三首相のイラン訪問中に日本のタンカーが攻撃を受けたことに絡み「中東和平における初心者プレーヤーが痛みを伴う教訓を得た」との見出しで報じています。国内では決して聞こえてこない辛らつな評価です。
※米紙「安倍氏は初心者」と報道 タンカー攻撃、痛い教訓得た
 
 また、ワシントンポストは「安倍晋三のイランでの任務は炎上する」との見出しで伝えています。タンカー攻撃に関しては、ベトナム戦争介入の口実となった「トンキン湾事件」に触れた識者の発言も紹介されていました。記事の中で、興味深い写真がありました。

イメージ 1

 写真には
、「イランの情報筋によると、日本の首相は米大統領からイランの最高指導者に直接メッセージを伝えにきた。しかし、そうしたメッセージは届かなかった」とのツイートが添えられていて、多くの人がコメントを寄せています。
(安倍晋三のイランでの任務は炎上する

 いずれにしても、米国の戦争に巻き込まれるという、最悪の結果にだけはならないことを祈ります。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事