休みには中古屋のはしご

基本独断的音楽鑑賞記のつもり。2014年再開設。オフクロがまだまだがんばっているので書ける駄文です。

本の鑑賞

すべて表示

ナショジオ日本版 2017年8月号  2-1

イメージ 1
20171005(了)
ナショナルジオグラフィック日本版 2017年8月号  2-1
<特集>
(1)民間チームが挑む月面探査レース
   日本やインド、イスラエル、米国などの民間チームが参戦する
   月面探査レースは、宇宙開発の新たな時代を開くか?
   ■“月面遺産”の行方
(2)海を渡った日本の動物たち
   国内ではあまり注目されない日本産の動物も、海外ではエキ
   ゾチック。ジョエル・サートレイの写真で彼らの魅力を再発見。
   (特製付録:Photo Ark 箱舟に乗り込む地球の仲間たち)
(3)さかなクンの江戸水族館
   オランダに残された江戸時代の魚の絵。その鮮やかさと正確
   さに、魚類学者のさかなクンがギョギョッと驚いた。
(4)メキシコ 虐殺事件の真相
   麻薬密売組織がメキシコ北部の街を襲撃し、多くの命を奪っ
   た。発端は、米国の取締局が漏らした情報だった。
(5)きれいなトイレが世界を変える
   世界では約10億人が日常的に屋外で用を足している。その
   結果、不衛生な環境で病気が蔓延し、命を落とす人も多い。
   だが、問題はトイレの数が不足しているだけでなく、人々が
   使いたいと思うトイレがないことだという。
(6)ベネズエラ心霊治療にすがる
   医療制度が危機的な状況にあるベネズエラ。病気に苦しむ
   人々が救いを求めて、シャーマンの心霊治療を受ける。
<コラム>
 VISIONS 世界を見る 「50年前の地球儀」
 撮っておきの瞬間
 写真は語る 「インド 働く男たち」
 EXPLORE 探究のトビラ
   昔と今の宇宙服
   雨どいで発見、ちっちゃな隕石
   睡眠リズムをリセット
   “オリンピック”でライオン捕獲
 日本の百年
   米兵も興味津々 終戦直後のねぶた
  
   8月号/2017年7月31日発行/日経ナショナル ジオグラフィック社
*今月の表紙
   日本では駆除の対象にもされるタヌキだが、世界的に見れ
   ば、東アジアの一部にしかいない珍しい動物。見慣れてい
   る動物たちも、視点を変えれば、新たな魅力が見えてくるか
   もしれない。

-------------------------------------------------------

感想・・・
(1)民間チームが挑む月面探査レース;
へえ、2007年から始まっている民間の月面探査レースが、ただ今現在
真っ盛り。今年中に打ち上げが必要らしい。知らなかった。年末には話
題になるのかな。
16チームが手をあげて始まり、今は5チームが生き残って頑張っている。
米国、イスラエル、インド、日本、、そして多国籍チーム。
条件や賞金はこうだ・・・
イメージ 2

イメージ 3

もっとも、賞金より実際のほうがよっぽど金がかかるそうな。それでもあ
る種の宇宙開発ブームなのは、PCの小型化や、コストがどんどん下が
っていることが後押ししているんだって。
米ソの宇宙開発の始めから細かく歴史が解説されている。米ソが国の
威信をかけて闘ったのは1957年〜1976年まで。31年のブランクがあっ
たのち、2007年にはまた月へ向かうことになった。脱落した11チームの
ことは書かれていない。
5チームの開発状況などがいろいろ説明される。目的は案外ばらばら。
インドとイスラエルについては国の威信の面が大きい。
米国のチームを支える企業のCEOに言わせれば、ビジネスに繋げての
利益が代表的なもの。そういえば、ヴァージンのブランソン会長も、宇宙
旅行サービスの会社を計画していたっけ。
日本のは‘おきれい’な理由だが実際は似たようなもの。もっとも日本の
月面車を乗せて飛び立つのはなんとインドのロケット。つまり相乗りなん
だとさ。そういうのはどしどしやっていいらしい。
‘500メートル移動する’のなんて方法は指定されていない。普通は車輪
を使うことを考えるが、うち2チームはどうやら着陸船で「ピョーン」と跳ぶ
んだって。オモロイ。でも後々のためには、どないなんやろう・・・
月面遺産を残そう、などと米国が言い出している。過去の探査の遺物が
いろいろあるので、それは触らないで残そうとか。靴跡なんかもさ。
それは拒否されている。月はどこかの所有にしてはならないという決め
事があるそうで、遺物を遺跡のように扱ってしまうと、その決め事に抵触
するということらしい。
そんな‘決め事’守られるものだろうか。
打ち上げは今年中で、ミッション遂行については年マタギでよい。
打ち上げだけでなく着陸やミッション遂行状況なんて、スゴイ見世物なわ
けで、、、地球中で“鵜の目鷹の目”になるんじゃなかろうか。
ぜんぜん騒がれていない。盛り上がることはあるのかな?
そしてもうはやゴミだらけになってしまっている月が写る・・・とか。
資源のためだけの惑星なんて夢があらへんなぁ。

開発している写真、たくさん載っていましたが、パス。

イメージ 4
 (2007年に発表され、今残っているのは5チーム・・・失格というような基準が
  あったのか、資金的あるいは技術的な問題から、自ら脱落したか、その辺は
  よくわからなかった。)

イメージ 5
 (これがまだ残っている日本チームのとりあえずの月面車。インドのロケットに
  運んでもらうもの。インドのが音をあげなきゃいいけど・・・)

その他の最新記事

すべて表示

20170924(了) クラウス・オガーマン・オーケストラ/夢の窓辺に The CLAUS OGERMAN ORCHESTRA/GATE of DREAMS  ①過ぎゆく秋(パート ...すべて表示すべて表示

歩数、期日前投票

2017/10/16(月) 午後 3:23

10/16(月) * この一週間、一日おきに結構歩きました。火、木、土。 この3日だけで約4万5千歩ほど。ワタシとしては珍しい。間の水、金はろくに 歩いてませんけどね。 火曜日はすでにアップしたように、京都歩き。 木曜日は今月末近くに予定し ...すべて表示すべて表示

20170920(了) モンサルバーチェ:2台ピアノのための音楽 Xavier Monsalvatge(1912-2002);Piano Music・3   ① バルセロナ・ブルース (1956/1961) 5:16 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事