ここから本文です
陸上おっかけママ
陸上大好きママの観戦記&歳時記&妄言録.ついでに趣味。

書庫全体表示

  「トロア号」で一晩過ごして分かったこと

 「道の駅くにさき」で一晩過ごして、翌朝トイレに行ったら、たまたま朝の散歩中の地元の方と挨拶。

 そこから同じくキャンピングカーで一晩過ごした方も交え、あれこれ話が弾んだ。
イメージ 1

 来たときは気づきませんでしたが、道の駅の裏手はこんな風光明媚な海岸。
 きっと夏は海水浴客でにぎわうことでしょう。

 ところで真夜中にもトイレを利用した際、ふと思ったことは
「今、南海トラフ地震が来たら、近くに避難できるような山あるかな?」
 とか
 「ここの海抜はどれくらいかしら?」
 などと思いつつ周りを見渡せば、すぐ近くに数階建ての病院を発見。

 見た感じ高さは30mはありそう。
 この辺りに到達する津波の高さは10〜20mぐらいと考えて
 「いざとなったら、あそこに逃げればいいよね」

 こんな事を一人算段していると、後から父ちゃんも同じことを考えていたとわかり、二人してニンマリ。


 さてスズキ・エブリィ・ジョインをベースとした軽キャンパーの「トロア号」
 やっぱり軽だから車内の狭さは致し方なし。
 でも、ともに身長170㎝の夫婦が寝ても「狭い」と感じませんでした。

 シンクの上や、天井両方に設置されている小さめの棚に、あれこれ乗せたり、助手席を倒して、そこにクーラーバックを乗せたりできるので、旅慣れたらもっと荷物も減って、上手に使いこなせそう。

 エンジンを切った後はサブバッテリーでファンや室内灯を使い、翌朝はカセットコンロでお湯を沸かし、沸かしたお湯は2リットルの水筒で保温(これがまた保温力抜群で、熱湯を朝入れておけば、夕方まで熱いお茶が飲める)

 唯一欠点として挙げるなら、普通のエブリィなら後部座席がベンチタイプなので、倒せばフラットになり、軽キャンパーとして申し分ない。

 ところが「トロア号」は後部座席がちょっとばかり上等!
 その為倒しても平らにならない。
イメージ 2

 ちょっと傾斜が付いているのがわかりますか?
 計ってみると真ん中の仕切りから運転席に向かって5㎝の傾斜が付いている。

 たかが5㎝でも、寝ているとまるで滑り台に寝ている感じがして、非常に気持ちが悪い!
 
 帰宅後父ちゃんと対応を考え、高い方に合わせるべく、シンク前のパーツに5㎝の材を付け足そうと決定。

 また、1泊2日程度なら荷物は少なくて済むが、これより長くなれば、当然荷物も増える。
 屋根の荷物室にも入れられるとは言え、手近に置きたい物はそれじゃ不便。
 
 というわけで、シンクと棚に板を渡して荷物置きの棚を作ろう・・・・と考えたら。板材の寸法に丁度いいのがなかなかない。

 棚予定の寸法100㎝x60㎝
 一般的販売されている板材は90㎝か180㎝
 180㎝を切れば80㎝が余る・・・・・・・

 今度DYI店に行って丁度いい部材を探そう。


 そして、地学大好き陸ママの好奇心を刺激しまくった旅の話はまた次回へ

  • 顔アイコン

    そうか〜荷物の置き場所ね〜
    天井に網棚を設置するとかは?
    でも、あれこれ考えるのが楽しそうだね^^

    [ 無人 ]

    2018/11/5(月) 午後 9:00

  • 顔アイコン

    > 無人さん
    そうなんですよ。
    荷物の置き場って大事です。

    その天井のネットも考えたのですが、
    夫婦二人そろって170僂曚匹△襪里如∈造辰討い討盞觜重薫罎近い。
    だから寝るときだけ板を渡して棚を作った方が、邪魔にならないだろうと考えたわけです。

    後、枠やマットレスを敷くと高さが出来て、乗り降りに苦労するのも、今対応を考え中です。

    陸上ママ

    2018/11/5(月) 午後 11:11

  • 顔アイコン

    始動しましたね。

    車内泊の旅は 動き出しが早いから
    夜はのんびり出来るし
    朝は 清々しい気分になりませんでしたか?

    いつか そちらの方にも行きたいので 記事たのしみにしています(๑˃̵ᴗ˂̵)

    buruma

    2018/11/5(月) 午後 11:58

  • 顔アイコン

    > burumaさん
    おはようございます。

    そうそう!寝るのも早いから、起きるのも夜明け前!
    昨年の「還暦の旅」も、毎日やたらと早起きでした。
    おかげであれこれ見て回っても「まだお昼前」

    陸上ママ

    2018/11/6(火) 午前 7:30

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事