全体表示

[ リスト ]

告白☆

こんばんは♪
 
今日は雨だったり、曇ったり、晴れたり、コロコロ変わる日ですね!!
 
 
仕事が急にキャンセルになって、レディースデーだったので映画観てきました。
 
 
 
告白
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
解説: 2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐(ふくしゅう)を描くミステリー。『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督がメガホンを取り、事件にかかわった関係者たちの告白によって真相が明らかになっていく緊張感あふれるドラマを作り上げた。『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』の松たか子がヒロインの狂気を体現するほか、『キラー・ヴァージンロード』の木村佳乃、『重力ピエロ』の岡田将生らが共演する。シネマトゥデイ(外部リンク)
告白
写真拡大
あらすじ: とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく。。。
 
 
 
 
 
 
面白い描き方で、見ごたえあったわ。
 
小説を映画にすると、ハズレも多いけど、これは当たりね!!
 
 
 

閉じる コメント(11)

はやーい。もう観たのね
原作が文庫本になったから読もうと思ってるんだ

2010/6/9(水) 午後 7:14 まゆほ 返信する

同じような中高生の子供を持つ親として重く警告されれるような作品でした。

しかし殺される女の子が、Motherの怜南ちゃんなのが・・凝視出来ませんでした。
TB39でした。

2010/6/9(水) 午後 7:16 [ MA2DA裏BLOG ] 返信する

お仕事キャンセルで映画か〜いいですね〜。
中島監督の「告白」でした。原作も映画も重く救いようのないストーリーでした。
トラバありがとうございます!トラバお返しさせて下さいね^^

2010/6/9(水) 午後 7:51 くるみ 返信する

顔アイコン

あらら・・お仕事が^^;
小説を映画にしても、あたりでしたか〜!!
ぽち

2010/6/9(水) 午後 8:38 kyoko 返信する

気になってる作品なんですよね〜。
小説の方読んでみようかなぁ。。。

2010/6/9(水) 午後 9:03 しゃお 返信する

顔アイコン

これはとても良いできの映画でしたね。
告白の組み立て方がベストだと思いました。

2010/6/9(水) 午後 10:21 アンダルシア 返信する

これテレビで宣伝やってて気になってました。。

これはテレビでやったら絶対見ます!!

2010/6/10(木) 午前 8:16 ぷんちゃん 返信する

顔アイコン

うん、中島哲也が見事に原作のよさを引き出していました。

2010/6/10(木) 午後 7:19 mossan 返信する

顔アイコン

担任からいきなりそう言われると大変な事になりそうですね^^
人間模様が面白そうですね^-^

2010/6/11(金) 午前 3:20 [ ぴろっス ] 返信する

微妙な感情を中島監督が上手い演出で映像として表現していたという印象が強かったです。
松さん演じる森口悠子、ハマリ過ぎていて怖かったですね。
原作を読んでいなかったので、あのようなカタチでの復讐をしてくるとは、想像も付かなかったです。そんなサプライズ的要素も含まれている点も評価できると思います。
人間という生物の弱さを真正面から描いていた作品だったと思いました。

2010/6/12(土) 午後 10:57 ken 返信する

こんな学校が日本に本当に存在したらと思うと、ゾッとしますよね!

2010/6/16(水) 午後 10:36 juju 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事