シュリシア共和国

アッキーナのトラックバックは危険らしいので踏まないように。と言うかそろそろ規制して欲しいです。

全体表示

[ リスト ]

週刊少年サンデー、週刊少年マガジン(2008/02/13)
 昨日読んだ雑誌の更新です。パソコン帰ってきたから嬉しくてすっかり忘れてました(笑)。
 『あいこら』が終わってしまいサンデーは遂に読んでるのが2本に。寂しくなったなあ。今更新しいの読み始めるのもあれなのでこのまま行く予定です。

【週刊少年サンデー】

『ハヤテのごとく!』ハヤテとヒナの勘違いしたままのデート。と言うかデートって気が付くの遅いです。それにしてもどうやったら嫌われてるって勘違い出来るんだろうなあ。そして映画は斬新すぎるのでもうちょっと見たかったです(笑)。ねこ〜。

『絶対可憐チルドレン』チルドレン達のピンチってことでトチ狂った局長が皆本さんを巻き込んで大火災の中を救援に。局長の泣ける話。今は亡き娘って確かにもう居ませんねえ。可愛かった娘はね(笑)。元の担当官に殺されそうになったところへ皆本さんが駆け付けるって展開になるのかな。


【週刊少年マガジン】

『魔法先生ネギま!』』とあることで記憶喪失になったゆえは魔法学園で魔法を学ぶことに。一応初期の着火魔法は使えたので疑われてないのですね。フライ(飛行)の呪文まで覚えて本人にとっては良い経験となりそうですね。それにしても出て来ない面子のことも偶には思い出してあげて下さい。30人がヒロインじゃなかったんですか。一方のネギは闇魔法とやらを練習。どう見ても身に付きそうにないですね。

『スクールランブル』恋に敗れ去った播磨。八雲が居れば充分だし、やり方によっては沢近だって選べそうだったし全然同情の余地は無い感じです。そしてもう1人恋に破れた男、花井。播磨が沢近選んでも八雲の目は無い感じですがこっちも美琴が居れば充分ですね。と言うわけで未練タラタラの2人はこれで決着でも良いくらいですよ。そして引きは烏丸から全てを打ち明けられたのか天満の泣き顔で終わり。まぁ、この作品のノリでは烏丸死亡は無いでしょうね。

『零』靴紐が解けて居るのを指摘出来なかったことであっさりばれました。なんか他の福本作品に比べると安っぽい展開になってきたなあ。やはり少年誌では出来ることが限られていてやり難いんだろうなあ。

『はじめの一歩』宮田は2人を相手にスパーをしたってことで鷹村は3人相手にやってみせるってことで始めますが・・・しょぼいパンチを後ろから食らって失敗。でも3人とも気絶させましたけどね(^ー^;。しかし6階級制覇ってこの人馬鹿だ(笑)。

『さよなら絶望先生』お受験ネタ。確かにいつもオチて無いから良いかも知れませんね(^ー^;。

『ゴッドハンド輝』時期的にバレンタインネタ。衝動的に神戸まで来てしまった綾乃さん。あっさり輝と出会って神戸でのデート。綺麗に纏めてきましたね。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事