シュリシア共和国

アッキーナのトラックバックは危険らしいので踏まないように。と言うかそろそろ規制して欲しいです。

全体表示

[ リスト ]

おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜第13話(最終話)「また始まる」
 試合も終わり、後は余韻を残しつつってところかな。

シノーカの解説で

イメージ 1

イメージ 2

 夏予選の様子が解説されます。まあ高校野球の県予選って県毎にかなり参加校が違うから難易度も大きく変わります。学校数が多い神奈川県や埼玉県がいつも優勝候補に上げられるのは激戦区を切り抜けて来た学校だからですね。逆に四国の県の学校とかだと数戦するだけで予選突破ですから体力温存が出来るのが強味だったりします。神奈川や埼玉は本気で地獄ですよ。投手一人で乗り切ろうとかその時点でベリースイートって気がします。ちなみに東京は東西に別れているので結構参加校的には少なくて有利だったり。
 そんなわけで初参加でベスト16は埼玉予選なら立派な成績。私の母校の最高がそれくらいですし。

 二週間後には新人戦ってことでチームの目標を決めるそうです。
 栄口の長いよ(笑)。ほとんどが甲子園とか全国を掲げる中で田島と三橋だけが甲子園優勝。まあ本気で全国制覇とかほざいてるのは田島だけみたいですけど。田島が9人居れば全国も夢じゃないけどとりあえず三橋以外の投手が欲しいところ。そこは来年の1年生とかで補充するのかなと妄想してみたり。
 参加する以上は4000校はみんな頂点を目指してる気がしますけどね。負けるつもりで参加する人は居ないだろうし。
 三橋は話を振られるもいつも通り心の中でだけ熱弁奮って口に出してはモゴモゴやるだけ。お前さんは餅と格闘するお年寄りですかっての。
 結局、いきなり過ぎるってことで泉山の提案で翌日へ保留ってことに。

三橋へは

イメージ 3

イメージ 4

 阿部からのラブメール。
 シノーカの提案で阿部の家へお見舞いに行って上げなさいって流れに。結局は田島達が付いて来てくれることに。

Bパート

イメージ 5

イメージ 6

 阿部の弟君がお出迎え。妹にしておけって気が利かないなあ(オイ。
 ちなみに田島のことは存在は知ってるみたいですね。シニアとボーイズはどっちが凄いのか良く解りませんでした。そんな弟君は兄と育て方違うのか捻くれてませんね。まあ兄の方は榛名と言う先輩との相性とかも影響してるのかも知れませんね。あとキャッチャーってポジションも性格に左右しそうです。
 親が兄弟を同じチームに所属させないとかは教育方針の一環って感じですね。やはり同じチームだと比べられたりして捻くれたり、甘えが出たりするのかもね。
 阿部曰く、新人戦はギリギリ治るか治らないかってところ。捻挫は癖になると大変らしいですね。怪我をした田島ならではの思いが有るみたいですね。

 1人帰って夕飯に出前取ることに。阿部はカツ丼、豚角煮、鰻だとか。豚が被ってるぞっと。

田島が

イメージ 7

イメージ 8

 気を利かせたのか二人っきりにされる阿部と三橋。試合終わったら阿部に話すことが有るとか言ってた割には三橋はいつも通りフリーズ。
 はっきりしないので「カツ丼と鰻重だな!」と吠える阿部に吹いた(笑)。

まずは

イメージ 9

イメージ 10

 阿部が素直に頭を下げる所からスタート。出来ない約束してしまったことを謝りたいみたいですね。それと榛名にされた扱いから首振るなって言ったことの間違いも認めました。
 それに対して三橋もキャッチャーに頼られる存在になることを宣言。
 やりとりは短いながらも今まですれ違いばかりだったこのバッテリーが絆を結び治したって感じですかね。
 そしてチームの目標決定の話に。「録音も再生も覚束無いな」って阿部の評は的を射すぎ。三橋も頭は悪くないんだろうけどね。

イメージ 11

イメージ 12

 美味そうだなあ。そう言えば昔は出前してくれる蕎麦屋とかが結構有ったんですけど最近はピザや宅配寿司くらいしか配達してくれなくなりました。
 そう言えば第一期ラストもみんなでカレー食べたりしてたなあ。今回もそれと同じ様に美味そうに喰いやがるなあ。あの時も勢いに押されて後日カレーにしたけど今度もカツ丼食べたくなりましたよ。
 帰宅途中で美星学園の投手さんがやはり似た様なところで負けた報告メール。でもぶっちゃけ群馬と埼玉じゃ学校数が大きく違うじぇ(え。
 そして問題なのは最後に出て来た長髪キャラが妹なのか弟なのかってことです(オイ。
 良い余韻を残しつつ綺麗に終わった感じです。正直第一期と同じ2クールだと思ってたから1クールだと解った時はちょっとショックでした。でも1クールながら手に汗握る戦いを見せていただけので大いに満足です。ただ1つ不満点を言うならばアイちゃん(犬)が出なかったことだなあ。そんなわけで一期での点数忘れたけど90点の優です。減点はやはり先が気になるところですかね。原作ストックが無いのは解ってるけどやはり残念。

この記事に

閉じる コメント(4)

顔アイコン

純粋に面白かったです、やっぱり。
原作が良いのも勿論ですがスタッフが原作の良さを理解しようとしないと絶対に作れないですな、これ。
野球嫌いなオイラが面白いと思った時点で凄い作品でした(ヲ。

2010/6/26(土) 午前 1:32 かんきち@あてんざ使い 返信する

顔アイコン

かんきちさん>原作を理解して、それをそのまま作る事が出来る人って少ないですよね。某レールガンで思い知りました。その点、オリジナルのダブルオーではあんなだった黒田さんですがおお振りでは美味く調理しているのが素晴らしいですよ。私も此所まで楽しませてくれた人々に素直に感謝したいです。

2010/6/26(土) 午前 1:39 りむら 返信する

顔アイコン

2クールやるくらいはストックあるみたいなんですけどねえ。如何せん単行本が出るのが遅いのでそれに合わせてるみたいですねえ。休んでる月もあるだろうから正確なことは分かりませんが、つい2,3日前に出た15巻は2008年5月〜8月号のエピソードですからね(^ー^;A

何にせよよい作品には変わりないので、早いところアニメ化してほしいですよねw

2010/6/26(土) 午後 8:11 ちはや 返信する

顔アイコン

ちはやさん>まあ試合の途中で終わらなかっただけましと思うしか有りませんね。うは、でもこれが一昨年連載の辺りなのか。それはさすがに月刊誌とは言え随分前ですね。もう少し頑張って欲しかったかもなあ。

第三期はさすがに私が生きている間に放送されないかも知れませんがなるべく早くやって欲しいですね。その時は地獄からちはやさんのレビューに期待します(地獄かよ)。

2010/6/27(日) 午前 1:37 りむら 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事