この道往けば

福井県を中心とした。酷道、廃道、旧道、峠、隧道の探索ブログです。
イメージ 1
集落の角を掠める程度かと思ってたら、案外集落のメインストリートとして活躍している県道608号
なんか生き生きとしてます。
中長距離的にはありがたみは少なくとも、近距離では効果を発揮しています。

・・・そういうのは県道の役割ではない気もする・・・。

イメージ 2
はははははは

狭いなこれは。
こういう道が多すぎるぞ。

イメージ 3
案内無しの右左折も増えてきました。
普通は道幅で判断が付くんですが、この辺では逸れも怪しい有様。
カーナビ併用でなんとか・・・。

イメージ 4
曲がった先が狭い

こういう道のあるあるですが、カーブ1つで幅員が変わる。
セレナちゃんにはちょっとドキドキです。

イメージ 5
もう路地にしか見えない

しかしそこに輝くヘキサシール。
ここはそう、県道なのです。

イメージ 6
住宅地は抜けたようです。
ここから道は新たな顔を見せてきます。

イメージ 7
正面に見える丘はもはや回避不能な距離まで近づいてきました。
これも二ノ瀬越から連なる山塊の一部。
その手前にはもう一つ障害物があります。

イメージ 8
貝野川を渡らなければなりません。

しかしこの線形はグッと来る。
日本の村の光景として、非常に惹かれる景色です。
惜しむらくは電柱・・・

イメージ 9
いいわぁ・・・

この景色いいわぁ・・・。
トトロの世界じゃないか。
癒されるわぁ。

イメージ 10
貝野橋(かいのばし)

なかなか味のある橋で対岸へ渡ります。
ここを境に東貝野と西貝野が分かれるようです。

イメージ 11
なるほど・・・、

西と東は違うということか

イメージ 12
軒先系からいきなり里山系の険道に変化した県道608号
どちらとしても一定以上に走りにくいから嫌らしい。
なかなか楽しませてくれる道です。

イメージ 13
この路肩の落ち葉が険道の証

そしてここまで対向車ゼロ。
いやぁ険道の鑑だね。
素晴らしい(違。

イメージ 14
ありのままの里山道を突き進みます。
手入れの行き届いた気持ちのいい杉の植林。
正に里山の光景です。

イメージ 15
ここにヘキサを立てる三重県大好き

これは良い光景だ。
確かに一連の里山区間の中ではマシなほうですが。
三重県わかってるな。

イメージ 16
なんか前が明るいんだけど・・・

後編へ

この記事に

開く コメント(0)

今年2回目の三重遠征はいなべから!

今年のGWはがっつり探索できないのはわかってたんですけどね・・・。
しかし僅かな時間でも探索できてよかったです。
まだまだ三重県道は面白いとわかったんで!

レポスタート!

イメージ 1
なにげにこの道は久しぶり。

三重県道5号北勢多度線(ほくせいたどせん)

この道から分かれるのが今回探索対象となる道。

イメージ 2
ここを右折。
存外に大きな交差点じゃないか。
険道の気配はあまり感じないぞ。
違う意味で不安だな・・・。

イメージ 3
若干の怪しさはありますが、片側1車線の快走路。
おかしいのは勾配です。
なかなかの勢いで登っていきます。

イメージ 4
いなべが山の中なのは分かっていましたが、国道からちょっと右折すればいきなりこの状態というのは少々驚きました。
こんなに町と山が近いんですね。
ちなみにこの左側の森の向こうには北勢中学校があります。
山と町が密接です。

イメージ 5
右側のゴルフ場と左側の貝野川(かいのがわ)に挟まれた小さな森を抜けていきます。
しかしこの森は元をたどれば二ノ瀬越擁する養老山地(ようろうさんち)に繋がります。
この道も田代越(たしろごえ・レポ未)と呼ばれる県境峠道の一角。
道は見た目によりません。

イメージ 6
地図で見るより結構な勾配で上っていきます。
確かに森を抜けるというより、山を登っている感覚。
あえてここに道を通したのには何か理由があるんですかね・・・。

イメージ 7
勾配の割には直線的に登ってきた道が、ついに丁字路にぶつかるようです。
この道にもいよいよ起承転結が現れだすか・・・?

イメージ 8
三重県道609号東貝野南中津原丹生川停車場線
(ひがしかいのみなみなかつはらにゅうがわていしゃじょうせん・レポ未)

長いわ!!

停車場線はもともと長くなる傾向がありますが、それを差し引いても長い。
東西南北中という地政学的な方位を表す5文字のうち、東南中の3文字が入ってます。
ちなみにこれは近年新設された新道で、この先に旧道もバッチリ残っています。

イメージ 9
森を抜けた!!

ここが県道名にもある中間地、東貝野(ひがしかいの)地区です。
貝野川が形作る袋状の体積谷にすっぽり収まっているような、独特の地形ですね。

イメージ 10
いつの間にかセンターラインが消えました。
しかし道幅はまだまだ余裕。
左に曲がるよう指定されていますね。

イメージ 11
目に見えて衰えた・・・

なるほここからが勝負ということか。
まぁこれは地図を見ても分かっていたこと。

イメージ 14
後半ヤヴァイ

いよいよそこに突入ってわけですか。
気合を入れていかなきゃね。

イメージ 12
農道の方が広いんじゃねえの?

大丈夫か?
こういうの暗峠でも見たぞ(笑

イメージ 13
ああ、軒先系・・・。

三重県北部の険道で一番多いパターン。
くねくねですね。

イメージ 15
この集落は結構な山の中にある印象でしたが、他にもたどり着く道はあるようで、生気を感じます。
新しいお宅も建っていて、新陳代謝が進んでいますね。

イメージ 16
ぶっちゃけこの先でぶつかる市道がメインだよね。
バス路線も市道ですし。

イメージ 17
左折する市道のほうが明らかに広いんですが、県道は右折。
軒先区間は続きます。

イメージ 18
東貝野集落は思ったより広かった!

中編へ

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

中条橋

橋シリーズの最後はちょっとしたミニレポで・・・

ここは以前から気になっていた橋。
しかし気にはなっていましたが、あまり期待はしていない橋。
個人的には、

1.それ自体を目的に行くべき物件
2.他の用事でその方面に出向いたときに遠回りしてでもよる物件
3.他の用事で向かう途中、そのルート上にあればよる物件

こういう探索優先順位があるんですが、ここはその中で言うと残念ながら3・・・。
まぁ実際2や3の物件は行ってみたらあまりにしょうもなくてレポにもならないこともざらなので、レポするだけでもマシな気もしますが・・・。
大いにハードルを下げたところで・・・、

レポスタート!

イメージ 1
気にはなるでしょ?

いや、例え木橋じゃないと分かっていても、気にはなるのが人の性。
仕方ないよね。

イメージ 2
中条橋(ちゅうじょうはし)

橋のつくりとしては偽木橋ですが、橋の歴史としては確かなもの。
何せこの橋、鯖街道宿場町の橋なんですから。

イメージ 3
鯖街道の宿場町として栄えた町。

熊川宿(くまがわじゅく)

福井県と滋賀県の県境間近にあり、あの寒風トンネル旧道はこの近くです。
国の重要伝統的建設物群保存地区に指定されていて、中条橋がああなったのはこの指定が合ってからだとか。
やっぱり色々あるんだなぁ・・・。

イメージ 4
河内川(こうちがわ)

1級河川である北川水系に属し、北川にこの橋の直後にぶつかります。
ずっと傍に県道を従えていて、実はこの橋もその県道の一部となっています。

福井県道130号河内熊川線(こうちくまがわせん・レポ未)

この県道の起点付近も色々気になるんだよなぁ。
ここはここ目的でも来なければいけないかもしれない場所ですよ。

イメージ 5
まぁ正直、一目瞭然のガーダー橋ですが、隠そうとする意思は見られます。
それがこの木の屋根。
これは確かに良い仕事をしています。

イメージ 6
この屋根のような構造物は実際の木橋でもよく見られます。
鼎小橋(かなえこばし・レポ未)とか裁断橋(さいだんばし・レポ未)とか。
これがあるので、逆にリアルで思わず停まっちゃったんですが。

イメージ 7
反対側の親柱はひらがなパターンでした。
まぁ味気ないガードレールより趣はありますね。

イメージ 8
河内川はこの先すぐに北川に合流し小浜湾に流出します。
この川の河口付近で西津橋が渡っているわけです。
水の旅は遠いな・・・。

イメージ 9
一応覗いてみましたが・・・

立派なコンクリート桁橋です。

イメージ 10
横から見れば一瞬木橋に見えます。

まぁ一瞬ですが。
ときにはこんな変り種も良しとしましょう。

以上、中条橋編

この記事に

開く コメント(4)

まだ続くよ橋シリーズ(笑)

何でこの時期こんなに橋にはまっていたのか。
まぁ家族連れでの移動のついでなので、あまり時間をとるような場所にはいけなかったというのも大きいんでしょう。
しかし実際、よく気になる橋を見つけたのも事実。
今回も偶然の発見です。

まずは見てくれ!
レポスタート!

イメージ 1
ここは国道303号、坂内地区の東端。
広瀬の吊り橋とは真反対の位置にいます。

イメージ 2
この先で国道303号は国道417号とぶつかり重複区間に突入します。
奥いび湖を形成する横山ダムは、その天端に国道303号を通していた天端国道でしたが、2011年に奥いび湖大橋が完成し通行止めになりました。

・・・惜しいことです・・・。

イメージ 3
ここから先は奥いび湖の喫水域に突入していきます。
坂内川(さかうちがわ)が坂内川と呼ばれる最後の流域。

しかし今回の橋は坂内川の橋ではありません

イメージ 4
わかりやすい旧道!!

これが旧道じゃなかったらむしろ詐欺のレベルです。
そしてその奥にもう見えてますね。
あれが見えたから停まったわけですから。

イメージ 5
短いながらに味のある旧道。
国道脇でこの状況ってのも珍しいですね。
まぁ雪解け直後ってのが大きいですが。

イメージ 6
こんな短い旧道でも山菜採るんだなぁ・・・

彼らの根性は凄いな。
良い悪いは別にして、見習わねば・・・。

イメージ 7
坂内集落の入り口にふさわしい石碑

夜叉ヶ池(やしゃがいけ)というのは福井県との県境近くにある池です。
ただ実はこの池、福井県と岐阜県のどちらに属するかで問題になっている池でして、岐阜県は1875年の検分結果を主張し、福井県は1909年の検分結果を主張しています。
現状は福井県南越前町に属していますが、見てのとおり岐阜県はまだまだそれを認めていないようです。

ちなみに夜叉ヶ池の伝説は諸説ありますので、googleさん辺りに聞いてもらうといいと思いますよ。
有名どころでも3パターンあるので・・・。

イメージ 8
この旧道スペースは看板設置に丁度いいらしく、林立してます。
まぁ集落の入り口ですから、仕方ないのかもしれませんが・・・。

しかしもうそろそろ、看板の股から覗くものに目をむけべば。
良い色になってますね。

イメージ 9
良い橋だ!!

こいつは素晴らしい。
素敵な年のとり方をしています。

イメージ 10
寒谷橋(さむたにばし)

現道の橋も同名なので、旧寒谷橋と称します。
苔むし具合が素敵過ぎる。
良い味出しています。

イメージ 11
寒谷(さむたに)

この河川名であり谷の名前。
坂内川の支流の一つに架かる橋です。

イメージ 12
シンプルでありながら非常に味のある欄干

凝った意匠もいいですが、こういうちょっとしたおしゃれもいいですよね。
やはり欄干は橋の格式を上げてくれますよね。

イメージ 13
あれとはちが・・・

いや、言うまい・・・。

イメージ 14
夏は橋の上まで生い茂ってるんだろうなぁ・・・
この季節で正解だったようです。

イメージ 15
こうして見ると橋とは思えないな。
まぁ廃橋ではよくあることです。
これに惑わされてはいけないわけですね。

イメージ 16
旧道は交差点の僅かな区間のみ残っています。
旧国道8号にもあったなこんな旧道
あそこも酷い有様でしたが。

イメージ 17
昭和28年3月竣工

戦後ではありますが高度経済成長はまだ遠く、吉田茂総理のバカヤロー解散のあった年です。
戦後復興が一段落してすぐに架けられた橋。
戦前橋とは違う趣があります。

イメージ 18
親柱は大分地面に埋まっているように見えます。
これは旧深谷橋などでもありましたが、これは後の舗装によって路面が嵩上げされたからと思われます。
堆積物はそこまでじゃありませんしね。

イメージ 19
橋の下は残念ながら補修済みです。
戦前橋でも補修受けてない橋もあるんですけどね、なにか致命的な欠陥でもあったのか・・・。

イメージ 20
横から見上げると非常に華奢な印象を受けます。
欄干から抜け出た枝がなかなかワイルドですが、どこか嫋やかな女性的な印象を感じます。
うむ、やはりいい橋だ。

イメージ 21
近くには全く読めませんでしたが(笑)、重要そうな石碑もありました。
全く読めなかったパターンはたまにありますが、飾り字と風化でほとんど分かりませんでした。
どなたか詳細ご存知なら教えて下さい!

イメージ 22
これが全体の位置関係。
やはり熱いこのエリア、まだまだ掘ればなんか出てきそうです。
また来よう!

以上、旧寒谷橋編

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1
さぁ、では渡ろうか。

吊り橋はテンションにも問題なし。
鋼鉄製らしい安定感があります。
あ、テンションて張力って意味ですよ。
テンション上がるって通じるの、日本だけですからね。

イメージ 2
こうして見ると現役にしか見えない。

まぁ人道用の鉄橋は木造などと違って廃止されても、すぐにどうこうと言うものではありません。
ワイヤーのテンションが緩んだり、床版が錆びて穴があくまで、ごく普通に渡ることはできるでしょう。
廃橋でよく見られる「骨だけ」という状態が、木と鉄の耐久力の違いを如実に表しています。
前編で下から覗いても強度は問題なさそうでしたしね。

イメージ 3
川幅は広がり、いかにも典型的な中流域の姿を見せる坂内川(さかうちがわ)。
この先の奥いび湖で揖斐川(いびがわ)と合流する木曽川水系の河川です。

イメージ 4
上流側はくねってます。
上流部は八草川(はっそうがわ)と呼ばれる谷を作ります。
名前からやばそうだな・・・。

イメージ 5
だいぶゴールが近づいてきました。
向こうが気になります。

イメージ 6
どこだここ??

イメージ 7
道はある

いかにも古い線形。
これはもしかしてあれか?

イメージ 8
旧道だな!!

となるとこの橋の目的がうっすらながら見えてきました。
かつてのメインストリートはこっちだったということは・・・。

イメージ 9
国道から対岸の農地へ行くための吊り橋だった

そう考えるのが筋ではないでしょうか?
つうかそれとしか考えられない気がする・・・。

イメージ 10
この赤い道が旧道。
こうみると対岸への道が見えてきます。
やはりこの線が濃厚そうですね。

イメージ 11
国道からは吊り橋はこのような感じで見えています。
やはりこれなら自然です。
国道から分岐する吊り橋として、常識的な雰囲気といえますね。

イメージ 12
さて、戻るとしますか。
吊り橋の安定感はまったく問題なし。
しかし現状の使用状況は皆無と言っていいでしょう。

イメージ 13
盛り土に突っ込むような形になっていますが、だからこそかつてはここに畑(もしくは宅地)があったと考えれば逸れもしっくり来ます。
昔の地形を想像するのもこの趣味の醍醐味。
あくまで仮説ですけどね。

イメージ 14
藪と古タイヤにまみれた吊り橋。
現役なのか廃なのか。
何の用途があったのか。
是非、あなたも想像を膨らませてみて下さい。

以上、坂内広瀬の謎の吊り橋編

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事