この道往けば

福井県を中心とした。酷道、廃道、旧道、峠、隧道の探索ブログです。

全体表示

[ リスト ]

日本三大酷道

道路趣味者の間で取りざたされる、「三大酷道」というジャンル。
はっきりとこの3つ!というものがあるわけでなく、それぞれがそれぞれの「三大酷道」を持っているというものです。

しかしその中でも必ずと言っていいほどランクインしている酷道が二本あります。

国道418号(キングオブ酷道)
国道425号(死にGo!(笑)

もう一つをそれぞれどこがやばかったかで推挙しているのが、道路趣味者の間での常識となりつつあります。
では僕はもう一つどこを日本三大酷道に推挙するか。

このレポでも数々の国道を取り上げてきました・・・。
しかし、僕は今回初登場となるここを推薦したい!

国道308号

道路趣味者の間では知らぬ者のいない、唯一無二の峠を持つ酷道!
その驚異をご覧あれ!

イメージ 1
さてここは当ブログでは初進出となる大阪府東大阪市。
流石の交通量です。
この時点で既に国道308号上を走っているのですが、実際は国道170号の現道との重複区間なのでその姿は見せていません。
ちなみに重複前の区間は阪神高速13号の下を走るのでやはり地図上では見つけにくい。
大阪府はあまりこの道を走らせたくないようです。

イメージ 2
さてここで国道308号は左折し重複から離脱し、一路奈良県を目指します。
そう、この先に聳える生駒山地を越える峠こそ、僕がこの道を日本三大酷道に推薦する最大の理由。

暗峠(くらがりとうげ)

なんとも惹かれる名ではありませんか。
峠というのはどこか異世界的な雰囲気、陰鬱な雰囲気を醸し出すもの。
そんなワンダーランドを連想させてくれる、なんとも不気味な名前です。

イメージ 10
目前にはこれから越えていく生駒山地の山塊が聳えています。
こう見ると大阪ってホント、山裾のぎりぎりまで都会なんだということがよくわかりますね。

ちなみに僕の行くべき道は右斜め奥、微妙にわかりにくい。

イメージ 11
軒先へなへな区間が続きます。
しかし僕はあの国道365号の迷走区間をクリアしてるのですよ。
これくらいは屁でもありません。
しかし勾配は少しずつ上がってきています。

イメージ 12
近鉄奈良線の高架をくぐるとこんな案内が。
そうここは都市部の国道ではまま見られる、一方通行のある国道なのです。

こればっかりは仕方ないので、看板に従って素直に迂回。
この写真を撮っている最中、大阪のおばちゃんたちに変質者を見る目で見つめられましたが、別にどこかの家の窓を狙ってるだけではありません。
看板をとっているだけです。
変人ではありますが変質者ではありませんので、通報はご遠慮いただきたい。

イメージ 13
さぁあの止まれの先で迂回路は終了。
いったい308号はどんな姿になっているのか!

イメージ 14
どん!(大阪側)

イメージ 15
どん!(奈良側)

狭い!狭過ぎるぞ!!
この狭さは国道365号にも匹敵します。
軒先レベルでも上位に食い込んでくるぞ!

イメージ 16
ここで家を建てると、このような努力が必要となります。
狭さだけでなく勾配もかなりのもの、25度近い斜度を登らなくてはなりません。

この時点で勾配トップの前ヶ畑峠(30度)にはリーチですよ。

イメージ 3
さていよいよ、生駒山地の森に突入する308号。
ちなみにこの時点で勾配は変わらず、常に20%前後の勾配をキープしてます。
この時点で僕のティーダくんは「D」と「1速」を使い分けないと安定して走れない状態になっています。

イメージ 4
こんな勾配でも国道、当然対向車は来ます。
そんな時は交通マナーに従って、登りの方がバックして安全に離合できるところまで下がらねばなりません。

これが怖い。
バックであり得ないスピードが出ます!
つうか離合できる区間ほとんどないんだよ!!

イメージ 5
おちるーーーーーーー!!

冗談じゃなくてマジでそんな感覚です。
この付近の最大斜度はなんと驚異の37%!
文句無しで国道界最大斜度です!

想像しにくいかもしれませんが、最大37%勾配っていうのははっきりいって壁です。
ゲレンデの上級コースでも35%を越えれば一目置かれます。
瞬間的とはいえ上級コースのゲレンデを普通車が登るようなもんですよ。

バカだ!この道バカだ!!(褒め言葉)

イメージ 6
ある程度登りきると勾配はいったん落ち着きます。
高原のような状態ですが、規模はそれほど広くはないですね。

しかしここにきての幅員狭小
まだ狭くなれるのか、お前は。

・・・前ヶ畑に続いて百井も越えたな・・・。

イメージ 7
国道はどっちでしょう??

まぁここまでの流れから見て、
当然ですよね!?

まさか外したなんて人いませんよね?

そしてこの狭窄区間を越えれば・・・、

イメージ 8
暗峠、着。

標高455m、麓の海抜が約80mなので、ここまでの道のりがいかに無茶苦茶だったかがよくわかります。
そしてこの石畳こそ、この暗峠の特徴。

かつてこの道は暗越奈良街道と呼ばれた街道筋でした。
その歴史は奈良時代まで遡り、伊勢参宮街道の一つとしても認知されています。

その歴史と峠付近の景観から「日本の道百選」にも選出される美しい峠道です。
古くは「鞍借峠」(くらがりとうげ)とも「鞍ヶ嶺峠」(くらがみねとうげ)とも呼ばれ、歴史の主役を担っていました。
今はその役割は第二阪奈高速道路に譲っています。

さて、長くなってきたので、ここで一旦レポを閉じさせていただきます。
次回は奈良県側をご紹介。

峠というのは登ってきたら下らねばなりません。

イメージ 9
道がない!!??

閉じる コメント(2)

顔アイコン

初めまして、福井県民で同じく廃道や廃隧道などに興味を持つ者です(笑

暗峠いいですね、自分も一度訪れてみたいです。この国道とは思えない急勾配が何といっても見ごたえがあります。

自分の散策時の参考にさせていただきます!応援しています。

2012/10/23(火) 午前 2:15 [ ぽっぷ ] 返信する

顔アイコン

スイシン宮さん、はじめまして。
ブログ拝見いたしました。鉄道レポ興味深く読ませていただきました。

暗峠、榁木峠、めっちゃ面白かったです。散策時の参考になればと思います!

次回は福井の隧道を紹介しますので、また是非ご覧ください!

2012/10/25(木) 午後 6:22 [ rin7574 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事