ラーメン食べある日記

青森県のラーメンを食べ歩いてます

ラーメン

[ リスト | 詳細 ]

青森県内のラーメンです。平成18年8月〜
記事検索
検索

ラーメン屋

イメージ 1

青森市にあります、その名も「ラーメン屋」さんにおじゃましました。

この店の名前は卑怯ですね・・

なんでって、

「お昼は、どっかラーメン屋にでもいこう」・・ってなったら、
ここに来なきゃならないから(笑)

・・んな訳ないけどw


そんな訳で入店です。 ←どんな訳だよ!w



イメージ 2


いろんなラーメンがあります。青森名物の味噌カレー牛乳系のもありました。

初めて入る店は、ベーシックな醤油ラーメンを注文するのがポリシーのワシなんですが・・

なんかネギラーメンが売りみたい。


よーく考えて・・

白しょうゆ岩海苔ラーメンってのを注文してみました。

ポリシー関係なくw



こちらです


イメージ 3



奇麗で透明なスープ


イメージ 4


シソの香りが、いいですなあ〜


イメージ 5



すっきり優しい味。

塩ラーメンっぽい色だけど、ちゃんと醤油の風味。

醤油好きなワシには、たまらん味です。






メインの具材、岩海苔ですが、

これは食べ方に注意が必要です。

スープに浸す時間が長過ぎると食感が無くなるし、スープが濁ります。
短すぎると、グキグキして・・かた過ぎ。


ちょうどいい時間に浸して、クニッとした食感で食べると
抜群に美味いんですよ〜




そんな岩海苔だいすきっこなワシなんですが・・


ラーメンに入ったワカメの存在だけは、好きになれないんだなあ(苦笑)


  

ラーメン大二郎

今年の夏は、二郎系のラーメンを食べる機会が多かったです。

年齢も年齢なので、コレ系のラーメンはちょっと・・・と思っていたんですが。

肉マシしなければ、なんとかオッケーなことが解りましたw


イメージ 1



青森市にあります「ラーメン大二郎」です。

長尾の大二郎が移転していたんですな。


イメージ 2



無料トッピングは、ニンニク、ヤサイ、セアブラ、カラメ(しょっぱさ)の4種類。


肉マシとかは、食券購入が必要です。



中680円に、野菜マシで・・・

追加購入したトッピングは・・・


イメージ 3



中680円に、野菜マシ、そして・・・・カツオ!



イメージ 4



山盛り野菜の上に、大量のカツオブシ!!


なんか・・
一見するところ、かき氷にも見えない事もない事も無い・・いや無いw



イメージ 5


このチャーシュー、いや「豚」が、二郎的。


イメージ 6


極太麺を、わしわし食べるのは快感です!





腹一杯!

この食べ終わった後の達成感。
二郎系ならではの満足感じゃないかな?


ごちそうさまでした、ラーメン大二郎さん。





でも、ただ一つ注意すべきことがあります。

問題はカツオ・・・

食べてる最中に、鼻息で飛んじゃうんだよね(実話)


ブホッって、むせた時に大惨事にならないよう、細心の注意が必要なのですw

 
   

麺や つかさ

イメージ 1

五所川原市において、最強煮干の店はどこかと尋ねられれば、
それは「麺や つかさ」だと答えるでしょう。

五所川原市において・・ってとこがポイントなんだけど。
ここらへんじゃ、あんまり濃厚煮干系の店って無いからなあw


前の記事はこちら → http://blogs.yahoo.co.jp/ringo_001_99/43653528.html


イメージ 2


以前行ったときには無かった新メニュー、

「濃厚中華にぼにぼ」800円を注文してみますね。


イメージ 3


煮干ガツン! ニボる、ニボるとき、ニボれば、ニボせ! ←意味不明w




イメージ 4


平打の太麺。

つるっとした食感で、まあまあの味。


イメージ 5


チャーシューも抜かり無し



と、
ここまでは、イマドキ珍しくもなくなった煮干豚骨系の店風なんですが、

ここからが、全然ちがうとこ。



麺を食べ終わったら・・

替え玉です!

イメージ 6


豚骨煮干系の店では、初めての試みじゃないかな?

トンコツラーメン的な、極細の麺です。

ネギとキクラゲ、そして、醤油タレがかかっています。


それを イン!

イメージ 7


イメージ 8


ずそそーっていただきます。


細麺、合うなあ!

もちろんカタメンで!


最初から細麺で注文すればよかったと後悔。

でも、平打麺と食べ比べることもできるから、結局、満足。





ごちそうさまでした「麺や つかさ」さん。



中華はニボニボ、笑顔でニコニコ

あ、なんか店のキャッチフレーズみたいw


お口はニパニパ、体はメタメタだけどねw
 

シド亭

イメージ 1

弘前にあります、「シド亭」です。

昔からある、ステーキハウスなんですよ。

久々に入店しました。この前入ったのは、それこそ10年以上前かな?w


イメージ 2



ステーキランチのセットを注文します。


土曜日のお昼時、結構人がいっぱいでした。

イメージ 3



おやじさんが、オープンキッチンでステーキを焼いています。

だいぶ腰が曲がってきたなあ、・・おだいじにね


イメージ 4


カウンターに座り、注文して、
セットメニューのトマトオニオンサラダをつまみながら、

オヤジさんの仕事っぷりを観察します。

なんか何枚もの注文をいっぺんにさばいています。

レアの人も、ミディアムの人も一緒に・・

大丈夫かな?ワシ、レアで注文したんだけど・・・


しばらくして配膳です。

イメージ 5



おお、うまちょう。



さて、問題の焼き方は・・


イメージ 6



すばらしい、レア加減!

少しでも、オヤジさんを疑った自分が恥ずかしい(苦笑)


こまかい下処理がほどこされた肉を、

絶妙の焼き加減で提出する、たくみのワザを見た気がしますw

それも、このリーズナブルなお値段で!



ごちそうさまでした、「シド亭」さん。







ところで、この店の名前、なんで「シド」なのかな?


昔から疑問でした。

やっぱ、セックスピストルズの、シド・ヴィシャスからとってるのかな?


いかれポンチの糞野郎で、ワシは大好きなんだけどw

そういえば、映画にもなったよね

「シド & ナンシー関」

 ハンコ下さいっていう映画w



↑このギャグは、どこが面白いかというと・・(以下省略)w

 
 

豪〜めん 2回目

今年の夏は、二郎系のラーメンを食べる機会が多かったです。

年齢も年齢なので、コレ系のラーメンはちょっと・・・と思っていたんですが。

肉マシしなければ、なんとかオッケーなことが解りましたw



イメージ 1


弘前市の「豪〜めん」です。



イメージ 2


前に行ったとき、
ヤサイマシシステムが解らなかったんだけど、

食券のとこに、ニクマシ、ヤサイマシのボタンがあったんですね。

イメージ 3



ヤサイマシ+50円で注文です


イメージ 4



どひゃーんと登場


イメージ 5



ぐわーんと食麺


イメージ 6


ぐわわっと豚豚



あー満腹!

ごっちゃんでした!w

 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事