全体表示

[ リスト ]

10月17日(水)午後2時40分、40分かけて登った亀老山を僅か10分で下ります。下界に戻る頃にはブレーキの引き過ぎで両手の握力まひ、風を切っての急降下で体温も奪われ寒い寒い(気温25℃程度でも!)。小さな峠を越えると四国へ繋ぐ最後の大橋、来島海峡大橋の橋柱群がゆっくりと迫って来ます。
イメージ 1


歩行者・自転車専用ループでスルスルと高度を上げ橋梁の上へ登ります。
イメージ 2


あっという間に海上50mへ。来島海峡の透明度はご覧通り!
イメージ 3


世界初の3連吊橋の来島海峡大橋群は、総全長約4キロ。北から第一、第二、そして第三大橋で構成されています。標高50mから最高点で80m程度で緩やかに吊り上げられています。
イメージ 4


料金200円を払い、午後3時40分、人生初の自転車での四国上陸!これまたループでスルスル下り糸山の地へ降下。
イメージ 5


波止浜の今治造船所。韓国現代グループが世界の2割の造船を引き受けているとの事。負けるなニッポンの造船業!
イメージ 6


しまなみサイクラーには有名なサイクリストのための宿泊施設『サンライズ糸山』。例によって飛び込みで宿泊を申し込む。人気の施設なのでダメもとだったのですが・・・、取れました(!)。 フロントのお兄さん、お嬢さんとも対応の非常にしっかりした気持ちの良いチェックイン。朝食を付けてJust5000円也。人気施設は得てして個々の対応がおざなりに為り勝ちですが、サンライズ糸山は「さに非ず!」でした。施設も充実しており花丸です(いい事は大いに宣伝しちゃいます!)。お風呂も広くて一日の疲れを癒してくれます。お風呂は重要ですよね、日本人には(♪)。
イメージ 7


自転車の絵が描かれているルーム・プレート。
イメージ 8


部屋は全室来島海峡に面しており窓からは海峡大橋の雄姿が真近で楽しめます。
イメージ 9


テラスに出て観る来島海峡第三大橋。船舶が引きを切らさず通過して行きます。
イメージ 11


部屋に愛車を置くことが出来ます(!)。サイクリスト、ポタリンガーには嬉しい事この上なし!ですね。
イメージ 10


部屋で人心地つけてから、夕暮れの糸山展望台に登ってみます。橋は、歩行での通過が無料。地元の方々が海峡大橋を散歩コースに利用していました。いろいろ言われている本四連絡道ですが地元の皆さんに愛されてますね。
イメージ 12


糸山展望台から望む来島。来島村上水軍の本拠地です。
暮れなずむ瀬戸内を眺めながら「必ず再訪するぞ」と誓います(笑)。
イメージ 13





散歩から戻り、玄関先でパタパタっとHeliosをたたみ部屋へ戻ろうとすると、子供連れのおかあさんに呼び止められました。「すみません。その自転車は・・・パッとたためて凄く便利そうですね。」と興味津々。「あ、これ便利ですよ。コンパクトで軽いから電車でどこへでも簡単に運べます。重さは11.2キロ。」 おかあさん「まあ、そんなに軽いんですか?!」 そうです!家族の台所を一手に引き受けるお母さん方は、10キロのお米袋よりHeliosの重量を推し量れるのでした(あはは)。
「いいですね!インターネットで調べてみます!!」と元気にお礼を言い嬉しそうに去ってゆきました(笑)。




サンライズ糸山に宿泊できたので今治行は止め。今治から輪行、松山市内ポタリングで帰路の案も捨てがたかったのですが、しまなみ海道の素晴らしいポタリング行に、もう一度尾道へUターン復路案を選択した次第。

夜のサッカー日本代表vsエジプト観戦も、前田の3点目のゴールの頃には朦朧として来て、寝てしまいました。

本日のポタリング行はGPSで約53km。亀老山急登では道幅一杯でジグザグ走行しましたので実質はもっと走ってます(笑)。しまなみ海道は噂通り、予想以上の楽しいポタリング街道でした(♪)。
イメージ 14

閉じる コメント(4)

顔アイコン

へ〜、こういうループ式になってるんですね。
風景もきれい。
自転車持込可のサイクリスト用の宿ってあるんですね。
安っ。朝食付きでこの安さは魅力的ですね(笑)

2007/11/9(金) 午前 8:19 [ ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、風まかせさん。
ご覧の通りの行ったとこ出たとこ勝負の道草ポタリング。宿泊地に制限されたくないので、サンライズ糸山も知ってはいましたが予約など入れませんでした。だもんで料金もうろ覚え。「1万位でもこの景色が楽しめるんならいいかな」と。料金聞いた時は「え?」で「お!」でした(笑)。
良い時には褒めておきます。頑張れサンライズ糸山&スタッフ!日々昇進でしまなみを訪れる方々の良い旅行の思い出作りにご協力を!

2007/11/9(金) 午後 3:39 rinko_helios 返信する

顔アイコン

とうとう渡り切ってしまいました。今治城を見て、桜千里を通り松山市内へでるか、このまま海岸線にそって高浜港に抜けるかどちらかなと思っていたら、引き返すのね、残念これからが自分のホームグラウドだったのに、

2009/2/6(金) 午後 3:21 りゅうし 返信する

顔アイコン

竜司さん、こんばんは。 遅レスご容赦です(汗)。下調べ不足、というか『しまなみ』で心が満たされてしまいました。今度はDeep四国へ進攻するつもりです。今治、松山、出来ればカヌーで下った四万十を今度はヘリオスで訪れたいです♪ ご出身はこちらなのですね(!)。

2009/2/9(月) 午前 4:18 rinko_helios 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事