ここから本文です

書庫全体表示

こんにちは^^

今週最後のスキーに行こうとしていたけど

体調が今一つ。。。

今日は雨だということで

家でまったり。。


今年の滑りを改めて見つめなおしてみる。

今年特に変わったところはスキー板の動かし方

今までは切り替えでニュートラルを意識して

重心の内側への落下とともに自然と板が体から離れていき

充分離れたところでエッジングとともに荷重するものだったけど

今年は内側へ重心を落としながら

自分から最も遠いところへ外脚を伸ばすようにした。

伸ばす際はエッジングしないように頭をあげないように

板を前に動かすイメージ。

板が自然と離れていっているときは

内側へ入る重心と足元でバランスを合わせて滑っていた。

自転車を傾けて坂を下るのに似ていたかな。

なのでどうしても骨盤がななめになるし重心が上に残る。

エッジに頼りすぎてた気がする。

今は自転車でなくローラースケートですべる感じかな。

ブーツを前より意識して寝かすようになった。



前はどうしても骨盤が回りすぎていたんだけど

骨盤を停めようとしてもどうしても回ってしまう。

重心を内側に落とすことを考えていると骨盤が回る。

「うーん困った」ということでなやみつつ

骨盤を停めるのでなく足を動かして

ターンポジションを作りだすことで

結果的に骨盤を回す必要がなくなって止まってきたという感じ。


外脚重視の今の滑りに変えたことで

特にコブや急斜面ショートターンでは

ターンスピードが前より早くなってきた気がする。

コブを越えた裏側へのコンタクトを意識していたけど

今は前のこぶの終わりのあたり、こぶを超える前に

次のこぶの外脚でエッジングを始める感じ(わかりにくいけど)


今までの滑りの癖がまだまだ抜けないけれど上の動画を見る限り

少しずつ変わってきた気がする。

うーんやっぱりもう一度滑りたくなってきた。

来週はかぐらに出撃するかなぁ



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事