ここから本文です

書庫全体表示

こんにちは^^

今日は涼しいね



確かに六月の雪解けの時期ならば、ヨセミテ滝をはじめとする
バレーの滝の数々は絶景であることに疑いはない

しかしながら盛夏の八月
滝はいよいよ細くなり、今にも枯れそうな様相を呈して
観光客を迎え入れる

ヨセミテの中心はバレーではあるけれど
もはや、大自然の醍醐味を味わうにはバレーにいてはもう一つ
イメージ 12
ブライダルヴェール滝
イメージ 13
ヨセミテ滝


八月のオススメはやはり登山だ
年にもよるが七月ではまだハイシエラでは雪が多く
登山道を隠してしまうこともあるが、八月になれば心配いらない

日帰り可能な山から宿泊を伴う本格的なものまで無数にあり
選ぶのに困るほどで
誰でも自分の予定に合わせて好きなものから選べばよい

ハイシエラとはバレーの後ろに控えるシェラネバダ山脈
ヨセミテバレーの面積は、公園のわずか一%で
ハイシエラがヨセミテの真の姿と言ってよい。

ほとんどの観光客はバレーで満足して帰っていくけれど、
それはヨセミテのほんの一面を見たにすぎず、とてももったいない。
出来ることならハイシエラへと足を伸ばすことをオススメする。

今回マウントホフマンという山へ登った。

前から目をつけてた山で、以前7月に登ろうとしたら
雪が多くて諦めたことがある

イメージ 1

トレイルヘッド呼ばれる登山口まではヨセミテロッジから車で1時間ほど
前は入れなかった林道も車で行けてトイレも綺麗になった気がする

イメージ 2

メイレイクまでは平坦なトレイルでウォームアップにはちょうどいい

イメージ 3

「うわーーー」
ここは以前7月にきたときは氷が浮いてたけど
今回はすっかり融けて輝いていたから思わず感嘆の声をあげる
ホフマンの山頂は目の前の山の裏側に隠れている

イメージ 4
浮いてる〜〜笑

ここらでテントを張ってのんびりすれば
素晴らしい休日を過ごせることは間違いない
実際多くの人がテントを張って過ごしていた。
イメージ 5
メイレイクを回り込みいよいよ本格的な上りになる。
イメージ 6
土から花崗岩へ

絶景トレイルだ
イメージ 7

木々の間からハイシエラがチラチラ見えてくるとじきに森林限界で、

視界が一気に開ける

白い花崗岩の山々が連綿と連なり、遠くハーフドームを見下ろす。

イメージ 8


最後の岩ゴロの斜面をよじ登ると山頂(標高3307m)だ

イメージ 9

好天に恵まれて

宿願を果たし満足

頂上であったサクラメント近くから来たというオジサンと仲良くなった。

ヨセミテは4回目らしく、いろいろ行ったけれど

バレーは人が多すぎるといっていた。

そしてこの山頂がベストだ!とか

たしかにアプローチもよく誰でも登れて景色も最高だった。

イメージ 10
山頂ではリスが

イメージ 11
マーモットもたくさんいた

写真を頼りに時間を見てみると
トレイルヘッドー40分ーメイレイク−30分ー
森林限界ー35分ー山頂下―15分ー山頂(のんびりペース・休憩別)
2時間ほどしかかからない。
ところがあまりに気持ち良すぎて山頂で2時間

昼寝までしてしまった笑

気軽に登れるから、日帰りにお勧めです!





  • アバター

    すごいな〜!
    日本では味わえない絶景ですね!
    山頂の動物たちも、かわいい〜♪

    村ポチ☆

    はたぼー

    2015/10/17(土) 午後 0:15

  • 顔アイコン

    > はたぼーさん

    こんばんはー!
    日本の絶景とはまた違ってとにかくでかいですっ!!

    でも日本の温泉もいいですよね

    そのうちアメリカの温泉も記事にするので
    また気軽にご訪問ください!
    村ポチありがとうございます!

    [ 雪りんご ]

    2015/10/20(火) 午後 7:27

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事