ここから本文です

書庫全体表示

こんにちは^^

気温と高度の関係は
100m高度が上がると0.6度温度が下がると言われている
逆にいえば低いところでは温度が高い
イメージ 1

アメリカの西海岸には南北にシェラネバダ山脈がそびえている
4000mの山岳でかの有名なロッキー山脈よりも高い。
アラスカとハワイを除いたアメリカ本土最高峰の
ホイットニー山(4418m)もシェラネバダ山脈にある。

南北650キロにわたり連なっているから
太平洋からの湿った空気はまずこの山脈にぶつかり
雨を降らしフェーン現象となって
395号線が通るオーウェンズ谷へと吹き下ろす。
だから夏のこの辺りは異常に温度が高くなったりする。
イメージ 2
シェラネバダ山脈に沿ってオーウェンズ谷の東側には
3000m級の山脈が2〜3あって
そこを越えてようやくあるのがデスバレー国立公園だ

しかもその標高はマイナス80mほどだからものすごい暑い。
いや熱い!
しかも年間降水量が50ミリと乾燥しているから、
まさにその名のとおり死の谷である


マンモスホットスプリングから191号で山を越えていくと土漠台地に出た
ジョシュアツリーの姿が印象的な絶景だ
イメージ 4
多くの人は先を急いで100キロオーバーで過ぎ去るけれど、この絶景を味わうべきだと思う。で我らは停車
イメージ 3
葉なのか幹なのか境目がわからない
不思議なジョシュアツリー

まだ標高が高いから見た目とは裏腹に30度くらいしかないけれど
日射しは強く乾燥もハンパない
イメージ 5
ジョシュアツリーが少なくなってくるとデスバレー国立公園の入口でアメリカの国立公園では最大の面積=長野県の面積ほど
イメージ 6
建物はほとんどないし一面茶色の大地だから比較するものがなくて目の前にある山がすぐ近くに見えるけどなかなか近づかない
イメージ 7
公園に入ってから2時間ほどドライブしただろうか
ようやくデスバレーの底であるバッドウォーターにたどり着く
イメージ 8
一面塩の結晶で眩しい

ここは標高マイナス85.5m
3000mの山から下りてきた空気がいよいよ牙をむいた

車の温度計はなんと華氏122度を指している!
って言ってもピンとこない笑
摂氏だと50度

うー

Σ(゚д゚lll)


熱風だ
イメージ 9

汗はダラダラ

ん?

そうでもない

乾燥しているから

かいたとたんに蒸発するから

サッパリ

でも持っているカバンの金属部分がめちゃくちゃアチカッタ(;´Д`A

塩を舐めたらやっぱり塩
当たり前か

今日の宿はデスバレー内
イメージ 10

エミグラントキャンプ場(無料) 標高300m

トイレあり水道あり

でも暑い笑

マットだけひいて寝ているカップルも笑

早い者勝ち笑

トイレ横の水道は昼間の暑さで夜でもお湯だった。

だから夜中素っ裸になってシャワーを浴びました笑

ちなみにたこさんも浴びていると

車のライトが見えたので慌てて着替えたら

広すぎて5分くらい車が来なかったのでセーフ

世界は広いね








本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事