ここから本文です

書庫全体表示

こんにちは(・Д・)ノ

今さらだけど
12月19日初滑りして来ました(=゚ω゚)ノ
それにしても今年のスキー場はヤバイね
蔵王だったけど雪は上のゲレンデだけ
しかもチョボチョボでした
少しずつ降ってはいるけどまだまだ足りないね
イメージ 1

セコイヤキングスキャニオンにはヨセミテのような派手な観光地はない
だからヨセミテみたいに世界中から観光客が集まるわけではなくどちらかというとカリフォルニアっ子に愛されている公園

その代わりというか、たくさんのトレイルがある。ここに来るアメリカ人たちはそれが目的で来ている人が多いのか、ヨセミテではハイシエラで多く見られたアウトドアウェアに身を包んでいる人々が多いきがする。トレッカーのための国立公園とも言われているのもうなづけた。
公園の東端にはアメリカ本土最高峰のホイットニー山も聳えている

我々もセコイヤスタイルに従うことにして、トレイルを歩くことにする
イメージ 2
トレイルヘッドの駐車場に車を停めて
道標に従い歩き出す
今日登るのはアルタピーク 片道約11キロ
標高は3402mと今回の旅では最も高い山だ

この山の山頂からはホイットニー山が見えるらしいから楽しみだ

数日前にマンザナールから見たのとは反対側のこちらからホイットニーはなかなか見えないから貴重なピークなのだ
イメージ 3
大きな松ぼっくりが転がるトレイル

峠まで来ると見晴らしが広がる
イメージ 4
平日のせいかほとんど人がいないトレイルは快適な散歩道
イメージ 9
迷うようなところもなくいよいよ最後の急登を息絶え絶え

腹が減ったから力がでない
イメージ 5
大きな一本木の下で
先ほど売店で買ったナッツを頬張りエネルギーチャージ
イメージ 6
一段と景色が良くなって最後の岩を登るといよいよ頂上だ
イメージ 7
連綿と続く花崗岩
白く輝き眩しい
イメージ 10
やった〜\(^o^)/
誰もいない山頂で快哉を叫んだ

ふと足下を見下ろすと
岩の隙間に金属製の弁当箱みたいなものがあって開けてみると中から登頂ノートが出てきた
折角だから今日の喜びをしたためた
トオイイコクノサンチョウニキョウノボッタダイシゼンヨアリガトウ
マタアウヒマデウンタラカンタラ…

イメージ 8

セコイヤキングスキャニオンへはロサンゼルス空港からが近い
山小屋も整備されているから、次機会があったらシェラネバダの山中で夜を過ごしてみるのも悪くないね。

今回の夏の旅はこれにて終了





本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事