ここから本文です

書庫全体表示


北海道の最高峰といえば大雪山の中心旭岳(2291m)で

例年日本一早い紅葉の姿が、
ここ東京のお茶の間にも紹介されることで知られる。

かつてアイヌの人々にヌタプカウシュペと呼ばれていたが、
今ではその名はふもとのロッジに名づけられている。

我々もそのロッジに宿泊した。
イメージ 1

とてもいごごちの良い宿であったが
今回はわずか1泊だったので
またゆっくり訪れたい

こういうお宝的な宿に泊まると不思議なのは、外国人の多いこと。
日本人にもあまり知られていないのに一体どうやって調べてくるのか
半分は外国人だった。
バカンスの長いヨーロッパ人は公共交通機関のあるところなら
必ず自力でやってくる。
日本人よりもよほど日本の魅力を味わっていく。
やはり遊び慣れている気がする。


ロープウェイまでヌタプカウシュペから歩いて数分

わずか数分で標高1600mの姿見の池へとわれらを運んでくれる
イメージ 2

噴煙の向こうに旭岳が隠れている。

ここからは旭岳は目と鼻の先
昨日トムラウシから天人峡へと歩いていたので今日も足がよく動く

風も強く、ガスも立ち込めたため
山頂まではわずか1時間のスピード登山となった。
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

学生時代、層雲峡から黒岳に登ったとき
まだ山にほとんど登っていなかったので、
ひいひい言って登ってずいぶん遠く感じられたが、
今回はあっという間だった。

イメージ 6

くだりでガスが取れて昨日下った天人峡への登山道が見えた。
(向かいの台地)

時間の流れは逆行できないけれど思い出はいつでも取り出すことはできる
いまを大事に未知なるところへ!

イメージ 7イメージ 8イメージ 9イメージ 10

登山ブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事