里の四季

[ リスト | 詳細 ]

http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/3a/4d/rinnopapa60/folder/94824/img_94824_5998924_3?20050630144241.jpg散歩道沿いの季節感をお届けします。
記事検索
検索
2009年3月31日(火)


登山道の道端ではもうすっかり春が始まっています。

一輪草(イチリンソウ)
イメージ 1

汚れ猫の目(ヨゴレネコノメ)
イメージ 2

花猫の目(ハナネコノメ)
イメージ 3

油瀝青(アブラチャン)
イメージ 4
以上<琵琶滝道>で。

キブシ(木五倍子)
イメージ 5
<4号路>で。

草苺(クサイチゴ)
イメージ 6
<1号路>で。

開く コメント(2)

春蘭

2009年3月22日(日)

昔から食材として使われていたとの情報を得て、庭の春蘭を食してみました。

茎の根元から切って軽く水洗い。
イメージ 1

インターネット情報によれば湯掻いて酢の物にしたり、お浸し天ぷらなどで食べるようです。
また、塩漬けにして、桜茶と同じように目出度い席で飲んだりもするようです。

我が家では、お浸しのほか、4-5分湯掻いたものを酢味噌和えポン酢で食べてみました。
イメージ 2

湯掻いたものをそのまま食べるてみると、微かな甘みシャキシャキ感を感じさせてくれます。
春を迎える料理として、我が家の定番にしようと思います。

開く コメント(8)

花開く

2009年3月20日

昨日今日の暖かさで、花々が一斉に開きました。

庭の鈴蘭水仙
イメージ 1

庭のラベンダー
イメージ 2

庭の雪柳
イメージ 3

庭のすみれ
イメージ 4


公園の白木蓮
イメージ 5

   (2009年3月20日 撮影)

開く コメント(4)

春の兆し

2009年3月13日(金)


庭の雪柳
イメージ 6
少し赤みがかった花です。
イメージ 1

庭の春蘭
イメージ 2
毎年、株が増えてきています。
イメージ 3


(2009年3月10日 撮影)

開く コメント(8)

2009年2月27日(金)

2月25日旧い家並が数多く残るという、本多忠勝の居城大多喜城の城下町を訪ねました。

旅行記凜のママのHP(←クリック)をご覧下さい。(3/7)



渡邊家住宅  
(国指定重要文化財)
イメージ 1
江戸時代後期(嘉永2年、1849年)に建築された町屋。

釜屋
イメージ 2
土蔵造りの商家で、質屋・金物屋。

伊勢幸酒店(明治5年移築)
イメージ 12
大手門の材料を使用したと伝えられ、屋根瓦に城主の紋所があるそうです。
イメージ 3
伊勢幸の店先に飾られたお雛様。

豊乃鶴酒造(明治7年)
(国の登録有形文化財)
イメージ 4
。銘酒「大多喜城」の醸造元。店先に菰樽が積んであります。

大屋旅館
(国の登録有形文化財)
イメージ 5
江戸時代からの旅籠。

夷隅神社
イメージ 11
大屋旅館の横の石の鳥居の奥に、歴代大多喜城主の崇敬社の一つで町の指定文化財である夷隅神社が祀られています。江戸時代末期の建物と考えられているそうです。

三河屋呉服店
イメージ 6

高師邸(活版所)
イメージ 7

奈美喜手房(毛糸)
イメージ 8

久保田園(お茶)
イメージ 10

宍倉邸(食料品店)
イメージ 9

小雨の降る中、旧い街並みの趣を味わいながらの散策を楽しみました。

(2009年2月25日 撮影)

開く コメント(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事