凛と蘭と気まぐれ日記

東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

京阪の神宮丸太町駅に再び戻り、三条京阪で京都市営地下鉄に乗換え蹴上で下車。
蹴上には、選奨土木遺産の蹴上発電所(見学不可)をはじめ、数々の近代化遺産がある。
まず、蹴上駅の地上出口を出て道路を渡ったところにあるのが「蹴上ねじりまんぽ」。明治21年に造られた構造物で、私の大好きな煉瓦拱渠だ。
イメージ 1

南口の坑門には「雄觀奇想(ゆうかんきそう)」とある。「見事な眺めと優れた考えである」という意味らしい。
イメージ 2

ねじりまんぽというのは、北九州の折尾高架橋でも見られたように煉瓦がねじられたように積まれた坑道のことを言う。この上を通るインクラインと直交していないため、斜めからの力に耐えられるように造られたものだ。坑道の幅員が狭いだけに、ねじり模様が美しい。
イメージ 3

北口の坑門。かなり痛んでいるが、「陽気発処(ようきはっするところ)とある。「精神を集中すれば何事も成し得ないことはない。」という意味らしい。
イメージ 4

ねじりまんぽの上のインクライン(傾斜鉄道)は明治23年竣工で、高低差約36m、勾配3.8度で取水池と船溜りを結んでいる。船を台車に乗せて運ぶ軌道だが、通常の鉄道に比べ異常に軌道幅が広い。
イメージ 5

インクラインを登りきった所にあるのが第一疎水(明治22年竣工)と第二疎水(明治45年竣工)の合流部。奥の水路が第一疎水、手前に見える坑口が第二疎水で、奥に見える建物は京都御所用の旧ポンプ室らしい。
イメージ 6

合流部で引き返し、疎水分線に沿って歩く。ここから、南禅寺、永観堂、哲学の道、銀閣寺へと続く疎水沿いの道は、京都の中で最も好きな散歩道だ。
イメージ 7

緑のトンネルの中を歩いて数分、南禅寺水路閣の上に着いた。下から登ってきた人は、上が水路になっていることに気付くと、一様に感嘆の声をあげていた。
イメージ 8

南禅寺水路閣は、延長93m、高さ10mの連続アーチ橋で明治21年に完成(竣工は23年)している。
イメージ 9

建造当時は南禅寺の境内にふさわしくないとして批判もあったようだが、一世紀以上の時を経て琵琶湖疎水の施設のなかでも一際荘厳な景観となっている。
香川、岡山、大阪、京都と近代化遺産を訪ねて歩いた旅もここが終着点。自宅で待つ妻へのお土産に、京都駅で駅弁を買い帰途に着いた。
イメージ 10

閉じる コメント(4)

顔アイコン

一世紀前にタイムスリップ!ですね
ずーっと大事に残してほしいです
ねじりまんぼ!奥の方へ吸い込まれていく感じがします
沖縄には駅弁がないので…食べたいです
ポチ☆
o(^o^)oワオ!

2009/6/4(木) 午前 8:40 hayaneko(=^・^=)

はやねこさん、こんにちは。
蹴上付近は京都の中で一番好きな風景です。特に南禅寺水路閣の荘厳さにはいつも圧倒されています。
沖縄は2度ほど旅行で行きました。良い所ですね。綺麗な海が印象的でした。

2009/6/5(金) 午後 5:55 りんらんぱぱ

こんばんは。
南禅寺は自分も好きです!寺以外の見所が豊富ですよね。
しばらく行ってなかったので久々に見れて良かったです。

2009/6/5(金) 午後 8:05 北の旅人

北の旅人さん、こんにちは。
京都のこの辺りは、風情があって良いですよね。観光客は多いのですが、他の場所と違って一瞬の静寂が感じ取れる場所です。木々が多くマイナスイオンがたっぷりなのもお気に入りの理由です。

2009/6/7(日) 午前 8:27 りんらんぱぱ

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事