凛と蘭と気まぐれ日記

東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

毎年この時期になると、研究会と称して「怪しい探検隊」もどきの活動を行っています。昨年までは、3年計画で奥出雲地域研究会に所属しておりましたが、今年はまた別のテーマに参加することに。
 
今年のテーマは、「今福線」です。
 
「今福線」というのは山陽と山陰を結ぶ鉄道で、広島の人には「広浜鉄道」と言うほうが分かりやすいかもしれません。広島市と島根県の浜田市を結ぶ鉄道で、戦前と戦後2回に渡り工事が施工されましたが、未成線のままその役目を終えています。ちなみに、現存するJR可部線は今福線の一部で、可部〜三段峡間は惜しくも廃線となってしまいました。
 
朝9時半、浜田市の石見海浜公園に集合した「怪しいおじさん探検隊」、2台の車に分乗して旧旭町丸原地区に向かいます。ここには、戦後、新線として建設されたトンネルや橋梁が残されています。
 
まず、御神本トンネルへ。イメージ 1
 
トンネル入口には、銘板が残されていました。昭和52年竣工のようです。
イメージ 2
 
トンネルの中は意外にきれい、コンクリートも古さを感じさせません。
イメージ 5
 
トンネルを抜けた先は橋梁でした。路盤に砕石は敷かれていませんが、完成間近だったことが分かります。
イメージ 6
 
続いて、丸原トンネルへ。
長くて暗いトンネルの天井には、コウモリの群れが生息していました。
とても一人では入れない不気味さです。
イメージ 7
 
最初の場所に戻り、御神本橋梁を下から眺めます。ここまで造っておいて、一度も鉄道を走らせなかったのは、関係者にとっては断腸の思いだったのだろうなと、しばし考えました。
イメージ 8
 
さて、気を取り直して、旧金城町今福地区へ。この地区の地名が今福線の由来です。
この地区のみどころは、浜田市佐野町に向けて、旧線と新線が交差していることにあります。
 
まず、新線の今福橋梁へ。田んぼの中にポツンと橋梁が残されているのはある意味異様な光景でした。
向うに見えるトンネルは、下長屋ずい道。この間の路盤は今も道路として使われています。
イメージ 9
 
橋梁とトンネルの間の直線道路。元々線路だったので、真直ぐな道です。
イメージ 10
 
途中には新線と旧線の交差する場所が、左側に下りていくのが旧線です。
イメージ 3
 
旧線をずっと下っていくと、舗装道路から地道に変わりました。この先は立入禁止区間で、通行不能のようです。
紅葉がちょうどいい時期を向かえていました。
イメージ 4

閉じる コメント(7)

よっしーさん、こんにちは。
季節の変わり目なので、風邪ひきの方が多いようです。お気をつけください。

2010/11/23(火) 午後 4:42 りんらんぱぱ

顔アイコン

こんばんは。初めて投稿します。
田んぼの中にポツンと橋梁が残されている写真は、夢の残骸のようで、心の風景のように印象に残りました。関係者の断腸の想いを察するコメントにも感銘しました。

2010/11/30(火) 午後 7:58 [ mamamatue ]

mamamatueさん、こんにちは。
戦前に作られた旧線では、レールが搬入され敷設の一歩手前だったようですが、鉄材供出のためある日突然無くなっていたようです。その時敷設されていれば、また違う歴史となったように思います。

2010/12/1(水) 午後 4:57 りんらんぱぱ

顔アイコン

1996年〜1997年頃に今福線を探索した者です。
当時を思い出しながら懐かしく拝見させて頂きました。

> 広島の人には「広浜鉄道」と言うほうが分かりやすい

昔、広浜鉄道株式会社という民間企業が現在のJR可部線(横川〜可部間)を経営していたからかも知れません。ちなみに、広浜鉄道(株)は広島電気(現在の中国電力)の子会社でした。

> JR可部線は今福線の一部

これは違います。今福線は三段峡〜浜田(下府)間のみです。
JR可部線の可部〜三段峡間は「本郷線」という建設線名で敷設されました。「今福線」も建設線名です。
ちなみに、太平洋戦争終戦時点での土工出来高歩合は、本郷線の安芸飯室〜加計間が100%(可部〜安芸飯室間は開業済み)、今福線の今福〜下府間が100%だったそうです。(『日本国有鉄道100年史』より)トンネルや路盤などは完成していたということですね。

2010/12/4(土) 午後 11:33 [ 牡丹鍋 ]

牡丹鍋さん、こんにちは。
貴重なご意見ありがとうございました。現在私たちのグループでは、「今福線を地域活性化に活かせないか」というテーマで活動を行っています。「大きなお世話」的な活動ですが、最終報告は浜田市に提言を行うという意気込みで、進めています

2010/12/5(日) 午前 10:10 りんらんぱぱ

顔アイコン

「大きなお世話」じゃないと思いますよ。(笑)廃墟として放置されていた長崎の軍艦島だって立派な観光資源になっていますし…。こういった活動は地元の人の熱意や愛情(郷土に対する)が大事だと思います。

廃線跡などではトロッコを走らせている所が結構ありますし、未成線跡だと、山口県の「岩日北線」跡の「とことこトレイン」が成功例の一つですね。今福線は遺構がブツ切りになっていて、岩日北線のように遊覧車を走らせるのは難しいので、別のアイデアが必要になると思いますが…。

いずれにしても、「遺構があるので来て下さい。」というのでは客は来てくれないと思います。例えば、浜田駅から今福線の遺構を巡る周遊バスを走らせるとか(ガイド付き)、格安バスツアーの行程に今福線の主要遺構の見学を盛り込んでもらうとか、地元が今福線にちなんだイベント(お祭り)を定期的に開催するとか、興味を持った人達が気軽に訪れることが出来る環境を整えておく必要があると思います。自治体への提言だけでなく、旅行会社への働き掛けも必要かも知れません。

2010/12/7(火) 午前 11:58 [ 牡丹鍋 ]

牡丹鍋さん、こんにちは。
続いての貴重なアドバイス、ありがとうございます。現在、今月末の締め切りに向けて研究レポート作成中です。参考にさせていただきます。

2010/12/11(土) 午前 9:47 りんらんぱぱ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事