凛と蘭と気まぐれ日記

東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

再び車に乗り込み、下府川沿いに下っていきます。途中、田園風景の向うに、先ほどの音が反響するアーチ橋が見えました。元々は、林の中で隠れていたそうですが、地元の方たちが伐採して見えるようにされたそうです。
イメージ 1
浜田市宇津井町に入ると、道沿いに忽然と橋脚が現れます。丸い2基は、河床に建てられたもので流水の影響を軽減するための形状のようです。
イメージ 2
この橋脚の反対側の山腹には、今福第1トンネルの坑口があります。延長288mのトンネルで、多少曲がっているのか、トンネル内部に入っても向こう側の出口は見えません。
イメージ 3
トンネルの中は真っ暗で、途中には鍾乳石のような塊がいくつもありました。
この先は水や泥がたまっていて歩行が困難なことと、気味悪さも手伝って「怪しいおじさん探検隊」たちはこれ以上の進攻をあきらめ、引き返しました。私も含めて、割と軟弱な面々です。
イメージ 4
日もだいぶん傾いてきて、上府第1トンネルにやってきたときには、あたりは少し薄暗くなってきました。
自転車に乗った小学生たちが、私たちの脇を通り過ぎながら「帰りました〜。」と挨拶をしていきます。半そで、半パンのいでたちを見て、私たちの仲間の一人が「寒くないか〜。」と声をかけると、一瞬の間があったあと「寒いで〜す。」の返事が。
私たちが子供の頃にはあたりまえであった見知らぬ大人への挨拶が、この地方では親から子へ着実に引き継がれていて、すこしホッとする光景でありました。
イメージ 5
さて、調査の最終目的地は、今福線の終点山陰線の「下府駅」です。
旧線の建設工事では、今福から下府までの路盤はほとんど出来上がっていてレールを敷く段取りもされていたようですが、戦時下の鉄不足の影響で計画は中止されレールも供出されたそうです。その時に供用が開始されていれば、この路線の運命も変わっていたかもしれません。
イメージ 6
さて、「怪しいおじさん探検隊」たちの本当の楽しみは、夜の宴会です。
浜田マリン大橋の近くにある割烹旅館「青海荘」に投宿した私たちは、塩の味がする温泉を満喫し、宴会へと突入しました。
イメージ 7
「先ほどまで前の海で泳いでました。」と料理長に紹介されたお造りを前に、おじさんたちは「ううう〜」と言葉にならない感嘆の声をあげながら、ディープな夜に突き進んでいくのでした。
イメージ 8

閉じる コメント(2)

顔アイコン

メッチャ美味しそうですね!
獲れたてホヤホヤは抜群の味でしょうね…

2010/11/27(土) 午前 11:47 よっしー 返信する

よっしーさん。
獲れたての刺身はコリコリで絶品でした。ちなみに真ん中の黒いものは、瀬戸ケ島の岩礁を表現したものだそうで、食べ物ではありませんでした。

2010/11/29(月) 午後 0:21 りんらんぱぱ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事