凛と蘭と気まぐれ日記

東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

全体表示

[ リスト ]

明治町からバスに乗り、西倉吉に到着。当然、旧西倉吉駅は目の前にあると思い込んでいた私だが、完全に裏切られた。バス停近くには、関連するものがない。
イメージ 1
地図を取出し確認する。道路の線形を見ると、一筋西側の道路がそれらしく見える。
 
大体の位置に目星をつけ、歩いていくと案外簡単にお目当ての場所に行きついた。旧西倉吉駅跡である。
 
線路自体はダミーで置かれている。建物は例によってトイレとなっている。
 
実は旧打吹駅あたりから、朝のヨーグルトの効能が出てきたようで、少し危険な状態になってきていた。調度いいタイミングだったので、ここで個室を使用させていただいた。トイレットペーパーも常備され、掃除も行き届いていて快適な個室でありました。
イメージ 2
ここから関金方面に向かって進む。
 
このあたりは、道路として改良されていて線路跡の痕跡はない。
イメージ 3
しばらく歩き、西倉吉の消防署を過ぎたあたりで路線跡と思われる道が見える。
 
桜並木の続く、少し盛り上がった路盤は、まさに鉄道廃線跡のそれだった。
イメージ 4
先ほどの西倉吉駅跡から旧上小鴨駅跡までは「花と緑のふれあいロード」として3.9kmにわたり整備されている。
 
折からの黄砂で少し視界は悪いが、桜並木の緑が快適な散歩道だった。
イメージ 5
路盤の両側に点々と続く境界杭のような突起物。近づいてよく見ると、やはり境界杭であった。
 
「工」とあるしるしは、旧国鉄もしくは鉄道省のしるしではないだろうか。
イメージ 6
西倉吉から小鴨小学校あたりまで、約2km近くを歩いてきたが、これから先に進むとバスの便が急に悪くなる。
 
残り12kmとまだ半分も経過していないのだが、バスでの移動は困難なので、これからあとはまた後日に自家用車で来ることにした。
 
美しい桜並木を目に焼き付け、近日中に再訪することを心に誓い、西倉吉に引き返した。
イメージ 7
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

昭和50年代の後半、仕事で3年ほど倉吉にいましたが、その頃はまだ倉吉線が現役でした。倉吉から打吹まで一度だけ列車を利用したことがありましたが、全線乗っておけばと今になって悔しい思いをしております。
倉吉駅から旧線跡をたどって歩くと思わぬ発見があると思います。距離が長いので、バスを利用しながら、区間を区切って歩くのも一つの方法です。

2017/6/29(木) 午前 7:35 りんらんぱぱ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事