凛と蘭と気まぐれ日記

東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

【旧泰久寺駅跡周辺】
泰久寺の駅近くに橋台が残っているらしい。大雑把な地図なので位置がよくわからないが、2万5千分の1地形図を頼りに探す。先ほどの松河原から、少しずつ上り勾配になる路線跡を追いかけ県道を走っていくと、民家が途切れた付近にそれらしき構造物を発見した。
イメージ 1
 
近づいてみると、橋台には橋名版が残されている。
 
施設名称は、泰久寺橋りょう。以下、原文どおりに
設   計 米子建設事務所
施   行 合資会社西山組
設計荷重 KS15
基礎工   コンクリート
基礎値入 天端から5m
着  手  昭和14年2月12日
しゅん功  昭和16年9月9日
 
なんと、昨年秋に訪問した未成線、今福線と同時期に施工されている。こちらは、その後昭和33年に延長開業されているが、今福線は開業されぬままに廃止となった。今福線も戦後すぐに復活していれば同じように開業にこぎつけただろうにと思う。
イメージ 2
 
泰久寺橋りょうの上に上がって南側を望むと、藪の向こうにホームらしきものが見えた。もしかすると、旧泰久寺駅跡かもしれない。
イメージ 6
 
行ってみると、そこは予想通り泰久寺の駅跡だった。駅舎があったであろうその場所は、ビニールハウスと鶏舎に取って代わられているが、ホームと駅名板は健在だった。レールも錆びてはいるが、現役時代のように敷設されたまま残っている。
 
倉吉線廃止後しばらくは、放置されて草ぼうぼうの状態だったようだが、最近は近所の人たちが草刈りをされているようだ。私以外にも訪問される人があるようで、踏み跡がついている。
イメージ 7
 
山守方面に向かってレールは撤去されずに残っているようなので、線路をたどって行ってみることにした。
 
向かって左手に県道が並行していて、今にも向こうから列車が走ってきそうな雰囲気だ。(右手の木が少し邪魔だが)信号設備や境界杭も一部残っている。
イメージ 8
 
この先トンネルがあるはずなので、もう少し奥まで行ってみることに。しばらく行くと、竹やぶになった。
 
ここで少し嫌な予感が。
 
当日はフェーン現象で、鳥取の気温は27℃の夏日。竹やぶのような湿っていて涼しい場所は、夏場は爬虫類の格好の避暑地となる。
 
私にとって天敵である彼らに出会いたくないなと思って進むと、やはりいた。それも線路の真ん中に。
毒を持つ種類ではないが、当然の訪問者にびっくりしたのか、鎌首を持ち上げて威圧的な態度。無用な争いは避けて通る日和見的な私は、すぐさま退散することにした。
イメージ 9
 
【小鴨川橋梁周辺】
再び車に戻り、小鴨川橋梁を目指して車を進める。
 
まず、小鴨川手前の龍の下橋台。森林組合の製材所脇で発見。製材所は廃線後に建てられたもののようで、もう一方の橋台は製材所付近にあったものと思われる。
 
橋台の向こうには、先ほど行く手を阻まれて到達できなかった山守トンネルの坑口がわずかに見えた。坑口は閉鎖されている。
イメージ 10
 
小鴨川を渡って第二小鴨川橋梁を探していると、関金資料館の前に出た。目指す橋梁とは若干位置が異なるがここにも橋台があった。
イメージ 11
 
橋台の上に上がり北側を望むと、緩やかなカーブの向こうに小鴨川、そして先ほどの龍が下橋梁が見えた。
イメージ 12
 
関金資料館に立ち寄ってみる。この資料館は倉吉市と合併前の平成8年、民家を利用した資料館として関金町が開館したもので、教育委員会が管理しているらしい。
イメージ 13
 
資料館内部には、沿線や駅舎の懐かしい写真や駅名プレートなどが展示されている。先ほどまでに訪ねた駅舎などの当時の写真を見ることができ、興味深い内容だった。
イメージ 3
 
【旧山守駅跡】
関金資料館を後にし、最終目的地の山守駅跡に向かう。県道を南進し目的の場所を探すが、目印がないのでよくわからない。地形図を見ても、山守という地名が存在していないのだ。例によって大雑把な案内地図を見ると、関金町堀というところがそれにあたるらしい。
 
河岸段丘上の地形を見ながらこの辺りが怪しいなと目星をつけると、郵便局に「山守」の文字が、そして幼稚園にも。郵便局の裏手に行ってみると、線路跡をサイクリングロードに改良したと思える道に遭遇した。
イメージ 4
 
直線路の先に、広まった場所が。そしてその脇の松には少し見覚えがあった。先ほどの関金資料館の資料で見た松は、まさにこの松だった。
 
駅舎跡と思われる基礎コンクリート、そして「工」のマークの境界杭がわずかに駅跡の証拠だと思われた。
 
昭和60年3月31日山守発22:07⇒倉吉22:40の列車を持って廃止された倉吉線。駅跡にたたずんで、しばし往時に思いを巡らせた。
イメージ 5
先日、旧小鴨駅周辺まで歩いて廃線跡をたどったのですが、そこから南に向かってはバス便が極端に少なくなることから、後日自家用車でめぐることにしました。
 
【旧上小鴨駅跡】
西倉吉から4km続くサイクリングロードの起点。国道313号(美作街道)のすぐそばにあるのだが、案内看板の類が一切ないので、探すのに少し手間取る。
 
国道313号を西倉吉から南進し、地名を頼りに場所を特定し、探し当てた。旧駅跡かどうかわかるものは存在しないが、例によって駐車場、トイレ、遊具施設などが配置されているのでここだと思われる。
 
サイクリングロードは、花と緑のふれあいロードと命名されている。
イメージ 1
 
しばらく、北へ向かって歩いてみる。旧小鴨駅に向かって、真っすぐな道が続いている。桜の木だろうか、並木の緑が青々としてきれいだった。
 
西方には、国立公園大山が、南方には蒜山三座が望める。ただし、この日は雲がかかっていて山の全容は望めなかった。
 
この前、西倉吉から歩いた時に道路脇には標識がなかったように思う。ここには道路標識が設置されている。
イメージ 2
 
もう少し進むと、県道「501」の標識があった。自転車道ではあるが、県道として管理されているようだ。
 
道路の名称は、「倉吉東郷自転車道線」とある。
イメージ 3
 
【旧関金駅跡】
上小鴨から関金駅間の路盤は、近年まで残っていたようだが、道路として改良されたため、今は残っていないようだ。車で旧関金駅跡を探して移動する。
 
先ほどと同様に地名を頼りに場所を特定する。「駅前町」という地名があったので、そこに向かう。たどり着くとそこには駐車場と公園があった。隣は中学校である。
イメージ 4
 
駐車場の近くに「駅前自治公民館」という建物があった。どうやらここが駅跡で正解らしい。
イメージ 5
 
とすると、さしづめこの辺りは、駅前商店街だったのだろうか。旧駅の痕跡を求めてしばらく歩いてみるが、公民館以外にその痕跡は見当たらなかった。
イメージ 6
 
【関金町松河原付近】
さしたる成果はなかったが、次へ向かう。目指すは旧泰久寺駅跡である。
旧関金町周辺の路線跡は道路に改良された箇所が多く、路盤跡がなかなか見つけられない。車で移動しているせいもあるのだが。
 
県道を走行中、左右を気にしながら走っていると、松河原付近で右手に築堤を見つける。よく見ると、レールも残っているようだ。あわてて右手の隘路に入ると、そこはまさに路盤跡であった。
イメージ 7
 
泰久寺方面に向かってレールが真っすぐに伸びていた。ここには踏切があったらしく、信号設備が無残にも横たわっていた。
イメージ 8
 
反対側を振り向くと、関金方面へと向かう路盤跡は道路へと変貌を遂げていた。
イメージ 9

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事